「望み」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

石川一登は妻と二人の子供と平穏な日々を送っていた。だが、ある出来事をきっかけに、息子の規士が無断外泊をするようになる。そんな時、規士の同級生が遺体となって発見される。しかも、規士と連絡が繋がらず、行方が分からなくなる。

望みの作品情報

望み

タイトル
望み
原題
なし
製作年
2020年
日本公開日
2020年10月9日(金)
上映時間
108分
ジャンル
サスペンス
監督
堤幸彦
脚本
奥寺佐渡子
製作
堀内大示
楮本昌裕
松木圭市
鈴木一夫
飯田雅裕
五十嵐淳之
二宮直彦
天馬少京
千綿英久
内山雅博
製作総指揮
不明
キャスト
堤真一
石田ゆり子
岡田健史
清原果耶
三浦貴大
早織
西尾まり
平原テツ
製作国
日本
配給
KADOKAWA

望みの作品概要

累計発行部数20万部を超える、雫井脩介原作の社会派サスペンス小説を元に制作された作品。行方不明になった息子が殺人犯か被害者か分からず、様々な思いを巡らせる家族の姿が描かれている。堤真一が主演を務め、テレビドラマ『中学聖日記』で華々しい俳優デビューを飾った岡田健史が行方不明になった息子を演じた。『トリック』シリーズを手掛けたことで有名な堤幸彦が監督を務め、奥寺佐渡子が脚本を執筆している。

望みの予告動画

望みの登場人物(キャスト)

石川一登(堤真一)
一級建築士。自分で設計した家に暮らしている。息子・規士の無実を信じ、苦悩する。
石川貴代美(石田ゆり子)
一登の妻で、規士と雅の母。フリーの校正者。息子・規士の安否を心配しており、生きて帰ってくることを何よりも望んでいる。
石川規士(岡田健史)
高校一年生。怪我を負い、サッカー部を退部する。事件に関与している可能性があるとして、殺人犯の疑いをかけられている。殺人事件の発生と同時期、行方が分からなくなる。
石川雅(清原果耶)
中学三年生。一流学校の合格を目指して毎日塾に通うほど、勉強に励んでいる。

望みのあらすじ(ネタバレなし)

石川一登は一級建築士で、自分が設計した家に妻の貴代美、息子の規士、娘の雅と暮らしていた。四人は平穏な日々を送っていたが、ある出来事をきっかけに少しずつ狂い始める。

規士はプロサッカー選手を目指していたが、怪我を理由にサッカー部を退部することになる。その日を境に、無断外泊が増えていった。一登と貴代美は規士のことを心配しながらも、事態を改善することができなかった。

ある日、規士の行方が分からず、連絡も繋がらなくなってしまう。そんな時、規士の同級生が殺害される事件が起きる。警察は規士が事件に関与していることを疑い、捜査を始めた。一登達はマスコミに追われ、周囲の住民から嫌がらせをされるようになる。

もう一人被害者がいるかもしれないという新たな情報が出てきた。規士は殺人犯なのか?それとも被害者なのか?

望みの感想・評価

大ヒットを記録した社会派サスペンス小説を実写映画化

累計発行部数20万部を超える、雫井脩介原作の社会派サスペンス小説を元に制作されている。原作の小説は「2016年週刊文春ミステリーベスト10 国内部門第9位」に選ばれるなど、話題を集めた作品。行方不明の息子が殺人犯か被害者か分からず、様々な思いを巡らせる家族の姿が描かれている。

メガホンを取ったのは、『トリック』シリーズのテレビドラマ版の演出と映画版の監督を務めたことで有名な堤幸彦。脚本を担当したのは、奥寺佐渡子。映画『八日目の蝉』(11)で「第35回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞」を受賞している。そして、実写映画だけでなく、映画『サマーウォーズ』(09)を始めとしたアニメーション映画の脚本も手掛けている人物である。

名俳優・堤真一主演作

主演を務めたのは堤真一。一級建築士の石川一登役を務めた。堤真一はテレビ、映画、舞台と様々な場所で活躍している名俳優である。一登の妻の貴代美役を務めたのは、女優の石田ゆり子。老若男女問わず支持を集めており、化粧品やコーヒー飲料などのCMにも出演している。

物語のキーマンと言える石川規士役は、若手俳優の岡田健史。テレビドラマ『中学聖日記』(18)で主人公の教師に思いを寄せる黒岩晶役に大抜擢され、俳優デビューを果たした人物である。

その他、一登の娘の雅役は若手女優の清原果耶、警部補の寺沼俊嗣役は俳優の加藤雅也、「週刊ジャパン」記者の内藤重彦役は俳優の松田翔太、貴代美の母の織田扶美子役は女優の市毛良枝など、豪華なキャストが脇を固めている。

家族の「望み」が描かれた物語

物語の中心となるのは、平穏な暮らしを送る石川家の人々。父・石川一登、母・石川貴代美、長男・石川規士、長女・石川雅の四人家族である。しかし、規士が怪我を負いサッカー部を辞めてしまったことで、少しずつ平穏な日々が狂い始める。

規士は無断外泊を行うようになるのだが、ある日連絡が繋がらなくなってしまう。心配する一登達の元に届いたのは、規士の同級生が遺体となって発見されたというニュースだった。しかも、規士が事件に関与している可能性があった。

マスコミを始め、周囲は規士を殺人犯と決めつけ、石川家に嫌がらせをするようになる。そんな時、もう一人被害者がいる可能性があるという情報が流れる。果たして、規士は殺人犯なのか?それとも被害者なのか?

一登は規士の無実を望み、貴代美は殺人犯でも構わないから規士が生きていることを望んだ。そして、雅は兄が殺人犯ではないことを望んだ。事件に対して、家族それぞれの「望み」が描かれた作品となっている。事件が解決した後、石川家の人々の胸に過るのはどんな思いなのか、ぜひラストまで見届けて欲しい。

望みの公開前に見ておきたい映画

映画『望み』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『望み』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

トリック 劇場版 ラストステージ

堤幸彦が監督を務めた作品。テレビ朝日開局55周年を記念して制作された。劇場版第4弾目で、テレビドラマ版を含めたシリーズ完結編となる物語。赤道スンガイ共和国を舞台に巻き起こる謎と事件を、シリーズお馴染みの登場人物・上田次郎と山田奈緒子が解決する物語。「少年隊」のメンバーである東山紀之、俳優の北村一輝、女優の水原希子ら、豪華なキャストがゲストとして作品に参加している。

その異国の地には、生死を操る呪術師が暮らしていると言われていた。天才物理学者の上田次郎は村上商事の加賀美慎一に、レアアース採掘のために協力して欲しいと頼まれる。レアアースが採掘できる場所は聖なる土地で、呪術師と原住民が立ち入りを反対しているのだ。上田は自称天才マジシャンの山田奈緒子と共に、その土地に向かった。

詳細 トリック 劇場版 ラストステージ

決算!忠臣蔵

堤真一はお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史と共に主演を務め、武士の大石内蔵助を演じた。山本博文原作の『「忠臣蔵」の決算書』を元に制作されている。映画『チーム・バチスタの栄光』(08)のメガホンを取ったことでも有名な中村義洋が、監督&脚本を担当した。

赤穂藩藩主の浅野内匠頭は、賄賂好きの吉良上野介に腹を立て斬りつけた。その結果、切腹を言い渡され、藩はお取り潰しになった。残された家臣達は仇討ちをするために立ち上がるが、予算が全然足りなかった。松明、弓矢、武具など、討ち入りの費用は約9500万円かかるのだ。赤穂藩・筆頭家老の大石内蔵助は幼馴染で勘定方の矢頭長助の助けを借り、お金のやり繰りに奮闘した。果たして、仇討ちは無事に行われるのだろうか?

詳細 決算!忠臣蔵

マチネの終わりに

石田ゆり子はヒロインの小峰洋子を演じた。平野啓一郎原作の長編小説を元に制作されている。西谷弘が監督を務め、脚本家の井上由美子とタッグを組んだ作品。井上由美子はテレビドラマ『14才の母』(06)を始め、数多くの話題作の脚本を手掛けてきた人物である。急速に惹かれ合った男性ギタリストと婚約者がいる女性のラブストーリー。

蒔野聡史は世界的に活躍するクラシックギタリストだった。しかし、スランプに陥ってしまい、苦悩していた。そんな時、フランスでジャーナリストとして活躍する小峰洋子と出会う。急速に惹かれ合う二人だったが、洋子には婚約者がいた。蒔野は洋子への思いを止めることができず、洋子もまた婚約者以上に蒔野に対して思いが溢れてくるのを感じた。二人の思いの行方とは?

詳細 マチネの終わりに

望みの評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

望みのまとめ

平穏な家族に起こった予想外の事態と、事件に翻弄される人々の様子が描かれている。行方不明になった息子は果たして殺人犯なのか?それとも被害者なのか?事件に対して抱く人々の細やかな心理描写に、胸を打たれる作品となっている。重厚な物語が描かれている本作の主題歌を担当したのは、シンガーソングライターの森山直太朗。主題歌に起用された『落日』は、映画のために書き下ろされた楽曲である。森山直太朗の優しい歌声が染み渡る曲になっている。作品と合わせて注目して欲しい。

この記事をシェアする