映画『劇場版パタリロ!』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「劇場版パタリロ!」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

マリネラ王国次期国王であるパタリロ・ド・マリネール8世は、イギリスのロンドンを訪れた。マリネラ王国は激しい権力争いが繰り広げられておりパタリロは命を狙われるが、MI6のエージェント・ジャック・バンコランに助けられる。

劇場版パタリロ!の作品情報

劇場版パタリロ!

タイトル
劇場版パタリロ!
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年6月28日(金)
上映時間
103分
ジャンル
コメディ
監督
小林顕作
脚本
池田テツヒロ
製作
不明
製作総指揮
不明
キャスト
加藤諒
青木玄徳
佐奈宏紀
細貝圭
金井成大
石田隼
吉本恒生
三津谷亮
製作国
日本
配給
HIGH BROW CINEMA

劇場版パタリロ!の作品概要

1978年から連載が開始され、シリーズ累計発行部数2500万部を超える魔夜峰央原作のギャグ漫画を元に制作された作品。2016年と2018年に舞台化されており、今回満を持して実写映画化された。加藤諒、佐奈宏紀、青木玄徳など舞台版と同じキャストが再集結しており、舞台版の演出を担当した小林顕作が監督・音楽を担当している。VFX技術が使われ、奇想天外な『パタリロ!』の世界が忠実に再現されている。

劇場版パタリロ!の予告動画

劇場版パタリロ!の登場人物(キャスト)

パタリロ・ド・マリネール8世(加藤諒)
マリネラ王国の皇太子。天才的な頭脳と超人的な身体能力を持っている。奇行を繰り返す暴君。
ジャック・バンコラン(青木玄徳)
イギリス情報局秘密情報部(MI6)に所属する凄腕のエージェント。美少年キラー。厳格な性格。パタリロに度々振り回されている。
マライヒ(佐奈宏紀)
BBC放送の記者で、パタリロの密着取材を行う。謎の美少年。ジャック・バンコランに一目惚れする。

劇場版パタリロ!のあらすじ(ネタバレなし)

マリネラ王国次期国王であるパタリロ・ド・マリネール8世は、イギリスのロンドンを訪れた。そこで出会ったのは、パタリロを警護することになったイギリス情報局秘密情報部(MI6)に所属する凄腕のエージェント・ジャック・バンコランと、謎の美少年記者・マライヒだった。マリネラ王国はダイヤモンドの一大産出国であった。現在は国王派と大臣派の激しい権力争いが繰り広げられており、パタリロは命を狙われる可能性があった。

パタリロはある絵画を盗むため、マライヒを連れて美術館を訪れた。盗むのは、国王があるイギリス人女性に贈ったとされる絵画だった。しかし、全ては王室の権威を失墜させるための嘘だった。パタリロとマライヒは敵の襲撃に遭うが、バンコランに助けられる。バンコランとマライヒは惹かれ合っており、恋が生まれそうな予感がした。

劇場版パタリロ!の感想・評価

魔夜峰央原作のギャグ漫画を元に制作

魔夜峰央原作のギャグ漫画を元に制作された作品。原作の漫画は1978年から連載が開始された作品で、1巻~100巻が発売されている。シリーズ累計発行部数は2500万部を超え、2016年と2018年には舞台化も行われている。連載当初から40年以上経った今でも愛され続けている作品である。

連載当初は少女雑誌『花とゆめ』で掲載されていたが、現在は白泉社の総合エンタメアプリ&ウェブコミック配信サイト『マンガPark』で連載されている。昭和53年から始まった作品のため、現在の作品の流行とは違うところにジェネレーションギャップを感じるかもしれない。だが、そこがまた最新のギャグ漫画とは一味違う、『パタリロ!』のおもしろい部分であると言える。

パタリロを演じた、俳優の加藤諒

原作の漫画で主人公のパタリロの体型がズングリムックリであったことから、実写化するのは不可能だと言われていた。しかし、個性派俳優の加藤諒は見た目だけでなく、過激でユーモア溢れる内面も見事に演じ、パタリロ・ド・マリネール8世という人物を表現している。加藤が出演した舞台版の『パタリロ!』の評価も高く、「生きたパタリロ」と呼ばれている。

また、原作に忠実なのは加藤諒だけではない。MI6に所属する凄腕のエージェントのジャック・バンコランを演じた青木玄徳、謎の美少年マライヒを演じた佐奈宏紀、パタリロの側近であるタマネギ部隊を演じた細貝圭・金井成大・石田隼・吉本恒生なども見事に原作の雰囲気を損なわず役柄を忠実に再現している。

驚きと笑いの連続

監督・音楽を担当したのは、舞台版『パタリロ!』の演出を手がけた小林顕作である。『パタリロ!』の世界観をしっかり掴んでいる人物が監督として作品に携わっているため、原作ファンにも出来上がりを期待してもらいたい。また、作品内の振りつけを担当したのは、ラッキィ池田に師事をした足立夏海とクラシックバレエやヒップホップを経験している平原慎太郎である。プロに指導された役者達のダンスシーンにも注目して欲しい。

VFX技術が使われており、『パタリロ!』の独創的な世界観が再現されている。さらに、壮大なパロディやギャグも物語の随所に盛り込まれており、驚きと笑いがこれでもかというほど詰め込まれている。パタリロが巨大化したり目から光線が出たり、ツッコミが追いつかないほど楽しい作品に仕上がっている。

劇場版パタリロ!の公開前に見ておきたい映画

映画『劇場版パタリロ!』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『劇場版パタリロ!』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

翔んで埼玉

魔夜峰央原作の漫画を実写化した作品で、加藤諒も下川信男役で出演している。『のだめカンタービレシリーズ』や『テルマエ・ロマエシリーズ』を手がけたことで有名な、武内英樹が監督を務めている。埼玉県を自虐的に絵が描いたことで話題を集め、GACKTが高校生の麻実麗役で出演したことが大きな反響を呼んだ。ブラザートム、益若つばさ、竹中直人など個性的な役者達が脇を固めている。

日本には最も虐げられた県があった。それは埼玉県である。昔、埼玉県人は通行手形が無いと東京に入ることができず、強制送還されることもあった。東京の超名門校・白鵬堂学院でも、埼玉県人は冷遇されていた。そんなある日、アメリカからの帰国子女・麻実麗が転校してくる。麻実麗の正体は、埼玉解放戦線の主要メンバーの1人だった。

詳細 翔んで埼玉

ギャングース

加藤諒の代表作。原作・原案を鈴木大介が務め、作画を肥谷圭介が務めた青年漫画を元に制作された作品。鈴木は貧困問題や犯罪少年達の取材を行う、ルポライターとして活躍している人物である。犯罪少年3人の再起をかけたクライムストーリーとなっている。加藤諒は主要人物の1人であるカズキ(神童一樹)を演じた。

サイケ、カズキ、タケオは学歴も職もなく、親から虐待されて生まれたときから悲惨な生活を送っていた。そんな彼らは少年院で出会った。サイケ達は犯罪者から収益を強奪する「タタキ」稼業に手を染める。ある日、偶然見つけた六龍天と呼ばれる最凶の犯罪者のアガリを強奪するが、身元がバレて追われる立場になってしまう。サイケ達はどうなってしまうのだろうか?

詳細 ギャングース

探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。

青木玄徳の代表作。舞台『弱虫ペダル』や映画『刀剣乱舞』(19)に出演している廣瀬智紀が主演を務めている。廣瀬は作品内でウィップアクション(鞭を使ったアクション)に挑戦している。青木は廣瀬の相棒である藍彰二を演じた。映画プロデューサーとして活躍している長田安正が企画原案を手がけており、櫻井信太郎が監督を務めた。レトロな雰囲気が感じられる作品になっている。

紅伊玲二は祖父の紅伊探偵事務所を引き継ぎ所長となった。ある日、事務所に少年が飛び込んできて、父親を探して欲しいと依頼される。紅伊は仕事を引き受けることを決め、相棒の藍彰二と調査を行った。だが、少年の父親探しは思わぬ展開を見せる。何と、ヤクザ組織が少年の父の失踪に関係していたのだ。

詳細 探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。

劇場版パタリロ!の評判・口コミ・レビュー

劇場版パタリロ!のまとめ

2016年と2018年には『パタリロ!』の舞台化が行われ、2019年2月には『翔んで埼玉』が公開されるなど、最近魔夜峰央原作の作品が話題になっており人気を集めている。魔夜峰央ならではのブラックユーモアを交えたギャグと独特の世界観が、多くの人の心を掴んでいるのである。VFX技術によって作られた『パタリロ!』の世界観は素晴らしく、原作ファンも満足できる作品になっているはずである。魔夜峰央自身も作品内に登場するため、ぜひ注目しながら見て欲しい。

この記事をシェアする