「楽園」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

Y字路で少女失踪事件が起きた。少女が見つからないまま12年の月日が流れた。少女の親友で事件直前まで一緒にいた湯川紡は、心に傷を負ったままだった。ある日、事件の容疑者として疑われている青年・中村豪士に出会う。

楽園の作品情報

楽園

タイトル
楽園
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年10月18日(金)
上映時間
129分
ジャンル
サスペンス
ヒューマンドラマ
監督
瀬々敬久
脚本
瀬々敬久
製作
堀内大示
宮崎伸夫
松井智
楮本昌裕
杉田成道
二宮直彦
橋口一成
千綿英久
製作総指揮
井上伸一郎
キャスト
綾野剛
杉咲花
村上虹郎
片岡礼子
黒沢あすか
石橋静河
根岸季衣
柄本明
製作国
日本
配給
KADOKAWA

楽園の作品概要

吉田修一原作の短編小説集『犯罪小説集』を元に制作された作品。『64 ロクヨン 前編』『64 ロクヨン 後編』を手がけたことで有名な瀬々敬久が監督・脚本を務めた。2度起きた少女失踪事件と、容疑者として疑われた青年、心に傷を負った少女、村八分にされて心に狂気を宿す男性、3人の人間模様が描かれている。綾野剛、杉咲花、佐藤浩市、柄本明など豪華なキャストが顔を揃えた。オランダの作曲家・ユップ・ベヴィンが劇伴を担当している。

楽園の予告動画

楽園の登場人物(キャスト)

中村豪士(綾野剛)
町営住宅で暮らしている。少女失踪事件の犯人だと疑われ、辛い日々を送る。友人はいない。
湯川紡(杉咲花)
失踪した少女の親友だった。失踪直前まで一緒にいた。少女を救えなかったことで、心に深い傷を負う。
田中善次郎(佐藤浩市)
養蜂家。Y字路に続く集落で暮らしている。妻は他界しており、愛犬のレオとひっそりと暮らしていた。あることをきっかけに村人との関係が拗れ、孤立してしまう。

楽園のあらすじ(ネタバレなし)

とある町のY字路で少女失踪事件が起こった。少女が見つからないまま、12年の月日が流れた。町営住宅で暮らす青年・中村豪士は容疑者だと疑われ、近隣住民から冷たい視線に晒され続けていた。

湯川紡は事件直前まで失踪した少女と一緒にいた。少女を守ることができなかった自責の念から、心に深い傷を負っていた。湯川はひょんなことから中村に出会い、彼の優しさに触れる。湯川は中村が犯人だとは思えなかった。湯川に思いを寄せる幼馴染の野上広呂は、中村を信頼する湯川に苛立ちを抱える。そんなある日、再びY字路で少女失踪事件が起きる。

田中善次郎はY字路に続く集落で愛犬のレオと静かに暮らしていた。しかし、村おこしの計画が拗れ、村人との関係が上手くいかなくなってしまう。そのことがきっかけとなり、田中の心に狂気が生まれる。

楽園の感想・評価

2件の少女失踪事件と、複雑な人間模様

吉田修一原作の短編小説集『犯罪小説集』を元に制作されている。監督・脚本を担当したのは、瀬々敬久。『64 ロクヨン 前編』『64 ロクヨン 後編』や『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)など、サスペンスからラブストーリー作品まで幅広いジャンルの作品を手がけている人物である。

本作は「第76回ヴェネツィア国際映画祭公式イベント・Focus on Japan」に正式出品されている。未解決の少女失踪事件と12年後に同じ場所で起きた少女失踪事件を根底に、容疑者として疑われている青年、失踪した少女の親友だった女の子、ある理由から村八分になった男性の複雑な人間模様が描かれている。少女はなぜ失踪を遂げたのか、村八分にされ追い詰められた男性はどんな行動を起こすのか、容疑者として疑われている青年の行く末は?ラストまで目が離せない展開が待っている。

重厚な物語に負けない演技力の高い俳優が集結

主人公の中村豪士を演じたのは、俳優の綾野剛。『新宿スワン』シリーズや『日本で一番悪い奴ら』(16)など、話題作に数多く出演している。中村豪士は少女失踪事件の容疑者として、孤独に生きる青年である。ミステリアスな雰囲気を漂わせている綾野剛の嵌り役と言える。

物語の重要人物である湯川紡を演じたのは、子役の頃から活躍している杉咲花。本作では、親友の少女が失踪してから12年の月日が流れても心が癒えずに苦しんでいる湯川という難しい役に挑戦している。

実力派俳優の佐藤浩市は、村八分にされたことをきっかけに心に狂気を抱える男性・田中善次郎を演じている。田中がどんな事件を起こすことになるのか、中村達とどのように関わるのか注目して欲しい。さらに、失踪した少女の祖父役で柄本明、湯川に思いを寄せる幼馴染役で村上虹郎が出演している。重厚な物語に負けない演技力の高い俳優が集結している。

オランダ人作曲家、ユップ・ベヴィン

主題歌には、上白石萌音が歌う『一縷』が起用されている。上白石は映画やテレビドラマに出演している他、美声を生かしてミュージカル女優としても活躍している。最近では、劇場アニメ『君の名は。』(16)の主題歌『なんでもないや』をカバーしたことで大きな話題を集めた。

『一縷』の作詞・作曲・プロデュースを担当したのは、ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル&ギターを務める野田洋次郎。劇場アニメ『君の名は。』の劇中歌『前前前世』が大ブレイクし、一躍有名になった。『一縷』は野田が映画の脚本を読んで書き上げており、映画の世界観が感じられるしっとりとした楽曲となっている。

オランダの作曲家・ユップ・ベヴィンが劇伴を担当している。彼が奏でるピアノの音色は「癒しのピアノ」と言われおり、ヨーロッパを中心に世界中で活躍している。ユップ・ベヴィンがどんな音楽を手がけたのか、ぜひストーリーを楽しみながら注目して欲しい。

楽園の公開前に見ておきたい映画

映画『楽園』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『楽園』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

日本で一番悪い奴ら

綾野剛の代表作。「稲葉事件」で逮捕された元北海道警察の稲葉圭昭が執筆した『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』を元に制作されている。「稲葉事件」とは、覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で稲葉圭昭が逮捕された事件である。綾野剛は規格外の捜査を行う、主人公の諸星要一を演じた。

諸星要一は大学時代柔道部に入っていた。そこで監督の推薦を受け、北海道警察に採用されることになる。諸星は強い正義感を持っていたが、仕事に馴染むことができずあまり上手くいっていなかった。そんな時、先輩刑事の村井から、刑事は点数を稼ぐことが大事だと教えられる。村井は裏社会と繋がることを勧めた。諸星は村井の助言を受け、裏社会のあらゆる人に名刺を配ってパイプを作った。

詳細 日本で一番悪い奴ら

繕い裁つ人

杉咲花の出演作。池辺葵原作の漫画を元に制作された作品。兵庫県川西市にある旧平賀邸が撮影で使われている。頑固な仕立屋の女主人と客達の交流の様子が描かれている。仕立屋の女主人・南市江を演じたのは、TBS系列で放送された連続ドラマ『ケイゾク』で話題を集めた女優の中谷美紀。杉咲花は客の1人、ゆきを演じた。

南市江は祖母の跡を継ぎ、仕立屋「南洋裁店」を切り盛りしていた。百貨店に勤める藤井は南の服を気に入り、ブランド化をしようと話を持ちかけた。だが、着る人の顔が見られない物は作れないと断られてしまう。南の主な仕事は、祖母が作った服の仕立て直しとサイズ直しだった。新作を作るのは、友人の店に置く少しの分だけだった。藤井は諦めきれず、南の店に通った。

詳細 繕い裁つ人

64 ロクヨン 前編

瀬々敬久監督の代表作。横山秀夫原作の推理小説を元に制作された。本作にも出演している佐藤浩市が主演を務め、綾野剛が共演している。2部作構成で、『64 ロクヨン 後編』(16)も公開されている。昭和64年に起きた未解決誘拐殺人事件に挑む警察と、警察の広報室と対立する県警記者クラブの様子が描かれている。

僅か7日間で幕を閉じた昭和64年。その間に起きた少女誘拐殺人事件、通称64は未解決のままだった。それから14年後、時効まで残された時間はあと1年だった。元刑事で現在は県警・広報課に勤める三上は、64事件を解決するため調査を開始した。しかし、警察ぐるみの隠ぺいや報道機関との対立など、様々な問題が三上の前に立ちはだかる。果たして、三上は事件を解決することができるのだろうか。

詳細 64 ロクヨン 前編

楽園の評判・口コミ・レビュー

楽園のまとめ

短編小説集『犯罪小説集』を手がけた吉田修一は、『悪人』(07)や『怒り』(14)などの原作者としても知られている。衝撃的な展開と複雑な人間模様から、いずれも実写映画化されるほど高い人気を誇っている。『悪人』では犯罪者と逃避行する女性の様子が描かれており、『怒り』では未解決殺人事件を元に正体不明の3人の男と彼らと出会った人々の様子が描かれている。本作『楽園』では、また一味違った人間模様が描かれている。『楽園』の意味とは何なのか?中村豪士・湯川紡・田中善次郎の3人の運命はどのような結末を迎えるのか、驚きの展開が待っている。

この記事をシェアする