映画『新聞記者』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「新聞記者」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

東都新聞・社会部の記者である吉岡エリカの元に、医療系大学新設計画に関する極秘の情報が匿名で届く。一方、内閣情報調査室・官僚である杉原は、現政権に不都合なニュースをコントロールするよう上から指示される。

新聞記者の作品情報

新聞記者

タイトル
新聞記者
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年6月28日(金)
上映時間
113分
ジャンル
サスペンス
ヒューマンドラマ
監督
藤井道人
脚本
詩森ろば
高石明彦
藤井道人
製作
河村光庸
高石明彦
製作総指揮
河村光庸
岡本東郎
キャスト
シム・ウンギョン
松坂桃李
本田翼
岡山天音
郭智博
長田成哉
宮野陽名
高橋努
製作国
日本
配給
スターサンズ、イオンエンターテイメント

新聞記者の作品概要

『オー!ファーザー』(13)で本格的な長編映画監督デビューを果たした藤井道人がメガホンを取った作品。中日新聞社東京本社・社会部記者の望月衣塑子が原作のノンフィクション小説を元に制作されており、映画オリジナルストーリーが描かれている。主演を務めたのは、韓国の人気女優シム・ウンギョン×日本の人気俳優・松坂桃李。新聞記者とエリート官僚が「国の闇」に迫る本格社会派サスペンス映画。アコースティックバンド「OAU」の『Where have you gone』が主題歌に起用された。

新聞記者の予告動画

新聞記者の登場人物(キャスト)

吉岡エリカ(シム・ウンギョン)
東都新聞・社会部の記者。父は日本人、母は韓国人。アメリカで育つ。父はジャーナリストだった。
杉原拓海(松坂桃李)
内閣情報調査室・官僚。現政権に不都合なニュースをコントロールしており、そのことに葛藤を抱えている。結婚しており、妻は出産間近。

新聞記者のあらすじ(ネタバレなし)

東都新聞・社会部の記者である吉岡エリカは、総理大臣官邸の記者会見で質問を繰り返したことで周囲から厄介者扱いされ、浮いた存在となっていた。そんな彼女の元に、医療系大学新設計画に関する極秘の情報が匿名で届く。吉岡は独自に調査を行った。その結果、内閣府の神崎という人物に辿り着く。

内閣情報調査室の官僚である杉原は、国を守るための仕事だと言われ現政権に不都合なニュースをコントロールしていた。そのことに疑問を持ちながらも、上に逆らうことはできなかった。

ある日、杉原は元上司の神崎に再会する。神崎は仕事に対して悩みを抱えている様子で、「俺のようにはなるな」と杉原に苦言を呈した。後日、神崎はビルから飛び降りて亡くなった。なぜ神崎は死ななければならなかったのか。杉原は神崎を思い、調査を開始した。そんな時、吉岡と出会う。2人の運命が交差したとき、衝撃の真実が明らかになろうとしていた。

新聞記者の感想・評価

映画オリジナルストーリー

中日新聞社東京本社・社会部記者の望月衣塑子が原作のノンフィクション小説を元に制作された作品。映画オリジナルストーリーになっており、新聞記者の吉岡エリカと内閣情報調査室の官僚である杉原拓海が出会い、国が抱える闇に迫る社会派サスペンスとなっている。この映画で語られている内容は現実なのか、それともフィクションなのか。見ている人が翻弄される物語が待っている。

監督を務めたのは、入江悠監督や鈴木章浩監督の下で助監督として経験を積んできた藤井道人。藤井は話が来た際、政治に無関心で自信がなかったことから2度オファーを断っている。しかし、監督を引き受けることになり、リアリティを追及するために新聞記者や官僚に取材を行って撮影に挑んだ。藤井監督の努力が詰まった作品となっている。

韓国の人気女優・シム・ウンギョン×日本の実力派俳優・松坂桃李

ある思いを秘め、新聞記者として「国家の闇」に迫る主人公・吉岡エリカを演じたのは、韓国の映画業界で活躍する人気女優のシム・ウンギョン。日本でもリメイク作品が制作された『怪しい彼女』(14)やカリスマ占い師と王女の恋を描いた『ときめきプリンセス婚活記』(18)など、幅広いジャンルの作品に出演している。

本作品のもう1人の主人公である 内閣情報調査室の官僚・杉原拓海を演じたのは、人気だけでなく実力も兼ね備えている俳優の松坂桃李。理想に燃えながらも「国の闇」を知り、葛藤を抱えることになる杉原という難しい役に挑戦している。緊迫感溢れる物語に飲まれていない、韓国と日本のトップクラスの俳優達の演技に注目して欲しい。

公式ホームページのサーバーがダウン

6月28日に全国143のスクリーンで公開され、7月8日の時点で観客動員数17万人、興行収入2億円を超える大ヒット作となった。公式ホームページのサーバーが一時期ダウンするなど、社会派サスペンスという難しいテーマを描いたでありながら大きな注目を集めている。

俳優の北村和夫を父に持つ北村有起哉、映画だけでなくミュージックビデオや舞台など幅広いジャンルで活躍している郭智博、主演経験も豊富な本田翼など、実力がある俳優達が脇を固めている。

アコースティックバンド「OAU」の『Where have you gone』が主題歌に起用されており、ミュージックビデオには映画のストーリーに合わせた風景が使われている。綺麗な旋律と優しい歌声がとてもマッチした楽曲になっており、映画の物悲しい部分が美しく表現されている。

新聞記者の公開前に見ておきたい映画

映画『新聞記者』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『新聞記者』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

怪しい彼女

シム・ウンギョンの代表作。シム・ウンギョンはヒロインのオ・ドゥリを演じ、韓国のグローブ賞と呼ばれる「第50回百想芸術大賞・映画部門」で「女性最優秀演技賞」を受賞した。中国、日本などでリメイクされており、日本版のヒロインを女優の多部未華子が演じた。日本版は『あやしい彼女』の題名で2016年に公開された。

オ・ドゥリは毒舌で、凶暴で、おせっかいで、どうにも怪しかった。実は、彼女の正体は70歳のおばあさんだった。ひょんなことから20代に若返った彼女は神様がくれたチャンスだと思い、おしゃれをして楽しい時間を過ごした。そんなある日、カフェのステージで歌を歌っていると、TV局プロデューサーのハン・スンウの目に留まり番組への出演を打診される。

詳細 怪しい彼女

不能犯

松坂桃李の代表作。宮月新原作、神崎裕也作画による青年漫画を元に制作された作品。「思い込み」や「マインドコントロール」を使ってターゲットを死に至らしめる、立証不可能な犯罪にスポットを当てた作品。松坂が演じたのは主人公の宇相吹正。ヒロインの多田友子を女優の沢尻エリカが演じた。

「電話ボックスの男」という存在が噂になっていた。電話ボックスにメッセージを残すと、殺したい人を殺してくれるのだ。都会では、変死事件が次々と繰り返し起こっていた。死因は原因不明で捜査は難航する。そんな中、黒スーツを着た宇相吹正という名の男が、現場で度々目撃される。実は、宇相吹は見つめるだけで相手を死に追いやることができた。宇相吹の目的とは一体何なのか!?

詳細 不能犯

オー!ファーザー

藤井道人監督の代表作であり、本格的な長編映画監督デビュー作品。伊坂幸太郎原作の小説を元に制作された。4人の父と生活をしている高校生の由紀夫を主人公にしたサスペンスコメディ映画。4人の父を演じたのは、俳優の佐野史郎、河原雅彦、村上淳、お笑い芸人の宮川大輔。

由紀夫は4人の父親と一緒に暮らしていた。元ホストの葵、大学教授の悟、体育教師の勲、ギャンブラーの鷹。ある日、由紀夫は「鞄のすり替え」が行われた瞬間を目撃する。鞄には一体何が入っていたのか、小さな好奇心が大きな「謎」を生むことになる。心中事件、裏カジノ、知事選挙、鞄のすり替え。一見バラバラに見える出来事が、由紀夫の脳内で1つに繋がった。4人の父は由紀夫がピンチに陥っていることに気づき、息子を助けるために動き出した。

詳細 オー!ファーザー

新聞記者の評判・口コミ・レビュー

新聞記者のまとめ

主演を務めた松坂桃李は、スーパー戦隊シリーズの『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビューをした後、『秘密 THE TOP SECRET』(16)や『連続テレビ小説 梅ちゃん先生』など数々の話題作に出演している人気俳優である。また、松坂と共に主演を務めたシム・ウンギョンも、色んな顔を持つ演技派女優として人気を博している。そんな俳優として第一線を活躍している2人が挑んだのは、賛否両論を巻き起こす社会派サスペンス映画『新聞記者』。この映画はフィクションなのか、それとも現実なのか、ぜひその目で見て考えて欲しい。

この記事をシェアする