「ソニア ナチスの女スパイ」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

第二次世界大戦中、ノルウェーはナチス・ドイツの占領下にあった。女優として活躍しているソニアの元に、ナチスの国家弁務官ヨーゼフが訪ねてくる。その一方、スウェーデンの諜報部員が接触してきて、あることを依頼される。

ソニア ナチスの女スパイの作品情報

ソニア ナチスの女スパイ

タイトル
ソニア ナチスの女スパイ
原題
Spionen
製作年
2019年
日本公開日
2020年9月11日(金)
上映時間
110分
ジャンル
ヒューマンドラマ
歴史
監督
イェンス・ヨンソン
脚本
ハーラル・ローセンローブ=エーグ
ヤン・トリグベ・レイネランド
製作
不明
製作総指揮
不明
キャスト
イングリッド・ボルゾ・ベルダル
ロルフ・ラスゴード
アレクサンダー・シェアー
ダミアン・シャペル
製作国
ノルウェー
配給
東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

ソニア ナチスの女スパイの作品概要

第二次世界大戦中のノルウェーが物語の舞台になっており、二重スパイとして活動することになった実在の女優、ソニア・ヴィーゲットの姿を描いた物語。国際的に活躍する名女優イングリッド・ボルゾ・ベルダルが主演を務め、ロルフ・ラスゴード、アレクサンダー・シェアー、ダミアン・シャペルら実力派俳優が脇を固めた。テレビの演出家としても活躍するイェンス・ヨンソンがメガホンを取り、ハーラル・ローセンローブ=エーグ&ヤン・トリグベ・レイネランドが脚本を執筆した。

ソニア ナチスの女スパイの予告動画

ソニア ナチスの女スパイの登場人物(キャスト)

ソニア・ヴィーゲット(イングリッド・ボルゾ・ベルダル)
ノルウェーのノトデン出身。大人気女優。とある理由から、二重スパイとして活動することになる。
ヨーゼフ・テアボーフェン(アレクサンダー・シェアー)
ナチス・ドイツの国家弁務官。冷酷な人物。ソニアに対して、スパイになるよう指示する。

ソニア ナチスの女スパイのあらすじ(ネタバレなし)

第二次世界大戦中、ノルウェーはナチス・ドイツの占領下にあった。ソニア・ヴィーゲットは女優として活躍しており、絶大な人気を誇っていた。ある日、ソニアの元に、ナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェンが訪ねてくる。ヨーゼフは老若男女を問わず愛されている彼女を、プロパガンダに利用しようとしていた。

一方で、ソニアはスウェーデンの諜報部から、スパイとしてナチスに潜入するよう指示される。投獄された父を救うためには、受け入れるしかなかった。ソニアはヨーゼフと親しい間柄になり、情報を得ていく。

ヨーゼフはソニアのことを深く信頼するようになり、北欧諸国の情報を集めるよう指示した。二重スパイとして活動することになったソニアの運命は!?

ソニア ナチスの女スパイの感想・評価

実在の女優ソニア・ヴィーゲット

ソニア・ヴィーゲットは1913年にノルウェー・ノトデンで誕生した。そして、1934年に女優としてデビューを果たす。彼女は多くのファンから愛され、ノルウェーだけでなくスウェーデンやデンマークと活躍の場を広げていった。美貌だけでなく特徴的な声も愛される要素の一つで、女優を引退するまでに30以上の映画に出演している。

2005年、ソニアの死後から25年の月日が流れた年に、関連文書が公開された。そして、ソニアが女優として活躍する傍ら、スパイ活動を行っていたことが明らかにされた。華やかな世界で活躍していた彼女に一体何があったのか、ソニアはなぜスパイ活動を行ったのか、女優ソニア・ヴィーゲットの波乱に満ちた真実の物語が描かれている。

時代に翻弄された女優

物語の舞台は、第二次世界大戦中のノルウェー。その当時、ノルウェーはナチス・ドイツの占領下にあった。ある日、主人公のソニア・ヴィーゲットの元に、ヨーゼフ・テアボーフェンが訪ねてくる。ヨーゼフは行政問題に対処する国家弁務官を務めていた。国民から人気のあるソニアをプロパガンダ(政治的な宣伝)に利用しようとしているのだ。

その一方で、スウェーデンの諜報部員がソニアに接触を図る。危険なナチス・ドイツの動向を知るため、ソニアにスパイとして活動するよう指示するためだった。ソニアは一旦その申し出を断るが、逮捕された父を救うためには受け入れるしか道がなかった。ソニアはスパイとしてヨーゼフに近づき、親しい間柄になる。すると、今度はヨーゼフから、スパイとして北欧諸国の情報を集めるよう指示される。ソニアは女優として活躍する傍ら、二重スパイとして活動することを余儀なくされる。

実力派俳優達の共演!

主人公のソニア・ヴィーゲット役を務めたのは、イングリッド・ボルゾ・ベルダル。美しさだけでなく高い演技力も兼ね備えた人物で、ノルウェーを代表する名女優である。ギリシア神話の英雄の活躍を描いた映画『ヘラクレス』(14)や同じ夫に捨てられた二人の女性の奇妙な共同生活を描いた映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』(17)など、幅広いジャンルの作品に出演している。

国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェン役を務めたのは、アレクサンダー・シェアー。東ドイツ出身で、俳優として活躍する傍らミュージシャンとしても活動している人物である。映画だけでなく、テレビドラマにも多数出演している。

その他、映画『幸せなひとりぼっち』(15)の演技が高く評価されたロルフ・ラスゴード、ナタリー・ポートマン×リリー=ローズ・デップ共演の話題作・映画『プラネタリウム』(17)に出演したダミアン・シャペルなど、実力派俳優が脇を固めている。

ソニア ナチスの女スパイの公開前に見ておきたい映画

映画『ソニア ナチスの女スパイ』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『ソニア ナチスの女スパイ』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ニューヨーク 最高の訳あり物件

イングリッド・ボルゾ・ベルダルがカッチャ・リーマンと共に主演を務めた作品で、同じ夫に捨てられた元妻二人の騒動が描かれている。大人の女性を中心に支持を集めたコメディ作品。「2019年ドイツ映画賞・功労賞」を受賞したマルガレーテ・フォン・トロッタが監督を務めた。

ジェイドはニューヨーク・マンハッタンの高級アパートに暮らし、モデル兼デザイナーとして忙しい日々を送っていた。ある日、夫に突然別れを告げられてしまう。ショックを受けるジェイドの前に現れたのは、夫の前妻のマリアだった。マリアは家の権利の半分を持っていることを主張し、部屋に居座った。始め、ジェイドとマリアはいがみ合っていたが、一緒に暮らすうちに絆が芽生え始める。

詳細 ニューヨーク 最高の訳あり物件

幸せなひとりぼっち

ロルフ・ラスゴードが主演を務めた作品で、孤独な男性オーヴェを演じた。「ゴールデンビートル賞・主演男優賞」と「観客賞」を受賞している他、「第89回アカデミー賞・外国語映画賞」と「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」にノミネートされている。フレドリック・バックマン原作の小説を元に制作された。

59歳のオーヴェは、長年勤務している会社から解雇を言い渡される。妻には先立たれ、子供もおらず、孤独だった。オーヴェが自殺をしようとしたとき、外から騒がしい声が聞こえてきた。引っ越してきた隣人が事故を起こしたのだ。オーヴェは騒々しい隣人にウンザリするが、いつの間にか彼らの存在に救われていく。実は、オーヴェには秘められた悲しい過去があった。

詳細 幸せなひとりぼっち

名もなき生涯

ジャンル:歴史×ヒューマンドラマ×戦争。愛する家族のためにナチスに立ち向かった実在の人物、フランツ・イェーガーシュテッターの生涯を描いた作品。「カンヌ国際映画祭・監督賞」を始め、様々な賞を受賞しているテレンス・マリックが監督&脚本を担当した。ドイツ出身の名俳優アウグスト・ディールが主演を務めた。

1939年オーストリア。農夫のフランツ・イェーガーシュテッターは、小さな村で妻子と平凡で幸せな日々を送っていた。しかし、第二次世界大戦が起こり、オーストリアはナチス・ドイツに併合されてしまう。戦争は激しさを増し、男達は徴兵されることになった。フランツはキリスト教の教えを守っていたため、人を殺すことはできなかった。兵役とヒトラーへの忠誠宣言を拒否したフランツは、拘置所へと移送される。

詳細 名もなき生涯

ソニア ナチスの女スパイの評判・口コミ・レビュー

ソニア ナチスの女スパイのまとめ

二重スパイとして活動することになった実在の女優ソニア・ヴィーゲットの物語。女優として成功している彼女が、なぜスパイとして活動することになったのか。波乱に満ちた人生が描かれている。脚本を執筆したのは、ハーラル・ローセンローブ=エーグとヤン・トリグベ・レイネランド。映画『ヒトラーに屈しなかった国王』(16)でタッグを組んでおり、ノルウェー版のアカデミー賞と言われている「アマンダ賞・脚本賞」を受賞している二人である。

この記事をシェアする