沈黙 シリーズのネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ

沈黙 シリーズ一覧

沈黙 シリーズの映画ネタバレあらすじ一覧です。沈黙 シリーズのストーリーをネタバレを含めて結末までわかりやすく簡単に解説しています。

「沈黙のアフガン」のネタバレあらすじ結末と感想

沈黙のアフガンの概要:アメリカ軍とタリバンの戦争が続く中、ヴィック率いるアメリカ軍は議員を救い出すことに成功した。ジェイクはリッチの負傷を放っておけず、その場に残ってしまう。一度基地に帰ってきたヴィックは中佐の指示に従わず、ジェイクとリッチを助けに向かう。

「沈黙の激戦」のネタバレあらすじ結末と感想

沈黙の激戦の概要:麻薬取締局のベックに依頼されたジョンは、ソノラ麻薬カルテルのリベラとイスラム過激派のアヤンとの頂上会議を止めるため、チームを結成する。元恋人であるザラと情報通のシャープが加わり、激しい銃撃戦や敵の裏をついて行動する頭脳戦が繰り広げられる。

「エンド・オブ・ア・ガン 沈黙の銃弾」のネタバレあらすじ結末と感想

エンド・オブ・ア・ガン 沈黙の銃弾の概要:偶然カップルの喧嘩に遭遇したデッカーは、女に手をあげている男を撃ち殺してしまった。麻薬取締局を専門としていた元警官のデッカーは、撃ち殺した男が麻薬の製造をしているヴァーガスの手下であることが発覚し、激しい銃撃戦や頭脳戦を繰り広げていく。

「沈黙の粛清」のネタバレあらすじ結末と感想

沈黙の粛清の概要:スティーヴン・セガール演じる元特殊部隊の司令官サイクスは、自らの正義のためにギャングや犯罪者たちに裁きの鉄槌を下す。サイクスの蛮行を止めるため、サイクスの元部下ポーターと、サイクスに報復を企むギャングのボスロマノとの、三つ巴の戦いが始まろうとしていた。

「沈黙の鉄拳」あらすじとネタバレ感想

沈黙の鉄拳の概要:2009年制作のアメリカ映画。監督はスティーヴン・セガールとのコンビも多いキオニ・ワクスマン。主演・制作はスティーヴン・セガール。共演はマーライナ・マー、ジェシー・ハッチ、ジェシー・ハッチ、バイロン・ローソンなど。

「沈黙の要塞」あらすじとネタバレ感想

沈黙の要塞の概要:1994年公開のアメリカ映画(原題:On Deadly Ground)。監督・主演共にスティーブン・セガールが務めた。1992年公開の「沈黙の戦艦」とは何の繋がりもないが日本では沈黙シリーズ第2弾と呼ばれた。

「沈黙の追撃」あらすじ&ネタバレ感想

マインド・コントロールの存在を知らずに、囚われた味方を助けにいくよう命じられたコーディーとその仲間。しかし、味方だと思っていた捕虜に次々と襲われるうちにマインド・コントロールの存在を知り、その首謀者を捉えることに目的を変更していく。スティーブン・セガール主演の沈黙シリーズの1つ。