映画『走れ!T校バスケット部』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「走れ!T校バスケット部」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

田所陽一はバスケットボールの強豪校・白瑞高校でスター選手として活躍していた。だが、苛めに遭い、多田野高校に転校する。田所は心に深い傷を負い、二度とバスケットボールをしないことを心に誓っていた。

走れ!T校バスケット部の作品情報

走れ!T校バスケット部

タイトル
走れ!T校バスケット部
原題
なし
製作年
2018年
日本公開日
2018年11月3日(土)
上映時間
115分
ジャンル
青春
スポーツ
監督
古澤健
脚本
徳尾浩司
製作
島川博篤
柳迫成彦
遠田孝一
神通勉
中林千賀子
製作総指揮
不明
キャスト
志尊淳
佐野勇斗
早見あかり
戸塚純貴
佐藤寛太
西銘駿
阿見201
鈴木勝大
製作国
日本
配給
東映

走れ!T校バスケット部の作品概要

この映画は松崎洋原作の小説『走れ!T校バスケット部シリーズ』を元に作られている。特撮テレビドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』の主人公を演じて一躍有名になった志尊淳が、主人公の田所陽一を演じている。田所はバスケットボール部で、スター選手として活躍していた人物である。そのため、志尊は3ヶ月にも及ぶバスケットボールの猛練習を経て、撮影に挑んでいる。志尊の他にも佐野勇斗や戸塚純貴など、今人気の若手俳優達が多数出演している。

走れ!T校バスケット部の予告動画

走れ!T校バスケット部の登場人物(キャスト)

田所陽一(志尊淳)
強豪校・白瑞高校のバスケットボール部で、スター選手として活躍していた。しかし、苛めに遭っていた親友を助けたのを機に次の苛めの標的にされ、自主退学に追い込まれる。多田野高校に転校してくる。
矢島俊介(佐野勇斗)
多田野高校のバスケットボール部のキャプテン。やる気溢れる人物。3ポイントシュートの名手。
佐藤浩子(早見あかり)
多田野高校のバスケットボール部のマネージャー。転校した田所陽一のクラスメイト。
川崎裕太(戸塚純貴)
多田野高校のバスケットボール部所属。通称ガリ。寿司屋の息子。ムードメーカー。
佐藤寛太牧園浩司
多田野高校のバスケットボール部所属。通称ゾノ。女の子にモテることしか頭にない。

走れ!T校バスケット部のあらすじ(ネタバレなし)

田所陽一はバスケットボールの強豪校・白瑞高校でスター選手として活躍していた。そんな彼が、多田野高校に転校してくる。田所は苛められていた親友を助けたことで次の苛めの標的にされ、白瑞高校を自主退学していた。そのことが原因で、彼は二度とバスケットボールをしないことを心に誓っていた。

田所はクラスメイトに頼まれ、バスケットボール部に入部することになる。バスケットボール部の仲間達は、心優しかった。彼らは苛めの件を知り、試合で勝ってやり返そうと田所を鼓舞した。しかし、多田野高校のバスケットボール部は、連戦連敗の弱小チームだった。やる気満々のキャプテンやとにかくモテることを重要視している牧園浩司など、個性的なメンバーが集まっていた。

田所は仲間達に支えられ、バスケットボールへの熱意を取り戻していく。多田野高校のバスケットボール部は白瑞高校に勝つため、田所を中心に練習を重ねた。

走れ!T校バスケット部の感想・評価

人気若手俳優が出演

主人公の田所陽一を演じたのは、特撮テレビドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』の主人公を演じて一躍有名になった志尊淳である。また、多田野高校のバスケットボール部キャプテン役で、佐野勇斗が出演している。佐野は2018年の映画だけで、本作品以外に5つの作品に出演しており、現在引っ張りだこの俳優である。

ヒロインを演じたのは、アイドルグループ・ももいろクローバーのサブリーダーを務めていたことでも有名な早見あかりである。早見は映画『百瀬、こっちを向いて。』(13)で主演を務め、女優としての地位を確立した。

さらに、フジテレビ系列の連続テレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』で俳優デビューを果たした戸塚純貴や、人気少女漫画を元に作られた映画『イタズラなKissシリーズ』で入江直樹役を演じた佐藤寛太など、今人気の若手俳優達が多数出演している。

松崎洋原作の小説を映画化

この映画は松崎洋原作の小説『走れ!T校バスケット部シリーズ』を元に作られている。松崎はこの作品で小説家としてデビューした。小説はシリーズ累計120万部を超える大ヒット作となった。小説は10巻まで発売されているが、松崎は最後まで書き終えることなく病気のため死去している。物語の最後は、松崎洋の息子の松崎準が生前父から聞いていた構想を元に書き上げている。2010年には近藤こうじが作画を担当し、漫画化も行われている。

監督を務めたのは、水波風南原作の少女漫画を元に作られた映画『今日、恋をはじめます』(12)の監督としても有名な古澤健である。古澤は本作品や上記以外にも、漫画や小説を原作にした作品の映画化に多く携わっている。

素晴らしいスタッフが集結!主題歌は「GReeeeN」

本作品の主題歌を担当したのは、歯科医とアーティストを両立していることでも有名な「GReeeeN」である。GReeeeNは小説やプロットを確認し、物語にピッタリと合う楽曲を書き下ろしている。その曲の題名は『贈る言葉』である。主人公を演じた志尊淳は、PVにも出演している。

徳尾浩司が脚本を担当している。徳尾は大ヒット作となったテレビ朝日系列の連続テレビドラマ『おっさんずラブ』の脚本を務めていた。また、脚本家としてだけではなく舞台の演出家としても活躍しており、多彩な才能を発揮している。

劇中音楽を担当したのは、林祐介である。林が今まで手掛けた作品は、内村光良監督映画『金メダル男』(16)や夏帆主演映画『うた魂♪』(08)などがある。

走れ!T校バスケット部の公開前に見ておきたい映画

映画『走れ!T校バスケット部』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『走れ!T校バスケット部』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

先輩と彼女

志尊淳が主演を務めた作品。ヒロインはフジテレビ系列の連続テレビドラマ『海月姫』で主演を務めた、芳根京子が演じている。この映画は南波あつこ原作の少女漫画『先輩と彼女』を元に作られている。南波は物語が原作のシーンを忠実に再現しているか確認するため、撮影にも関わっている。主題歌を担当したのは、女性からの支持が高いシンガーソングライターのaikoである。

高校1年生の都築りかは、甘い恋を夢見ていた。そんなある日、カッコいい先輩・美野原圭吾に出会い、一瞬で恋に落ちる。都築は美野原と仲良くなれるように頑張るが、彼には好きな人がいた。その人はOBの沖田葵だった。都築は好きなことを止めることもできず、切ない片思いをすることになる。果たして、都築の恋はどうなるのだろうか。

詳細 先輩と彼女

今日、恋をはじめます

古澤健監督の代表作。武井咲×松坂桃李が主演を務めており、両者とも「第36回日本アカデミー賞・新人俳優賞」を受賞している。水波風南原作の少女漫画『今日、恋をはじめます』を元に作られた作品である。漫画は小学館発行の女性向け漫画雑誌『Sho-Comi』にて連載されていた。SCANDALやPerfumeなど、12人のアーティストの楽曲がテーマソングとして使用されている。

高校に進学した日比野つばきは、恋愛経験ゼロでおしゃれにも無頓着の女の子だった。そんな彼女が、超モテ男の椿京汰に目をつけられ「俺の女」宣言をされる。しかも、ファーストキスまで奪われてしまう。日比野は椿のことを嫌うが、彼に振り回されている内に好意を抱くようになる。始めは日比野のことを馬鹿にしていた椿も、彼女のことが本気で気になり出す。

詳細 今日、恋をはじめます

幕が上がる

青春映画。アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーが出演しており、主演を務めている。平田オリザ原作の小説『幕が上がる』を元に作られている。「第39回日本アカデミー賞・話題賞」や「TSUTAYA映画ファン賞」など、数々の賞が贈られている。監督を務めたのは、『踊る大捜査線シリーズ』を手掛けたことで有名な本広克行である。

かつて「学生演劇の女王」と呼ばれた吉岡美佐子が、新しく高校に赴任してきた。吉岡は弱小演劇部の指導を行うことになる。生徒達は荒っぽい吉岡の指導に必死に耐え、全国大会を目指して練習を重ねた。ミスをして悔やむこともあったが、仲間がいることに勇気をもらい、演劇部は力を合わせていった。

詳細 幕が上がる

走れ!T校バスケット部の評判・口コミ・レビュー

走れ!T校バスケット部のまとめ

『走れ!T校バスケット部』は実話を元に作られた作品で、苛めに遭って心に深い傷を負った主人公が、仲間の助けを借りながらもう一度立ち上がる姿が描かれている。主人公達と同じ年代の高校生だけではなく、大人が見ても勇気が貰える作品だと思う。GReeeeNが歌っている主題歌の『贈る言葉』は、明るいだけではなく力強さも感じられる楽曲になっている。PVには志尊淳の他に武田鉄矢も出演しており、見応えのある物に仕上がっているため、映画と合わせて見て欲しい。

この記事をシェアする