戦争映画 | MIHOシネマ - Part 9

戦争映画一覧

「ヒトラー 最期の12日間」あらすじとネタバレ感想

ヒトラー 最期の12日間の概要:「ヒトラー ~最期の12日間~」(原題:Der Untergang)は、2004年のドイツ、オーストリア、イタリア合作映画。監督はドイツのテレビ番組を多数手がけたオリヴァー・ヒルシュビーゲル。主演のアドルフ・ヒトラー役に「アメリカの友人」、「ベルリン・天使の詩」などのブルーノ・ガンツ。共演はアレクサンドラ・マリア・ララ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン、ウルリッヒ・マテス、コリンナ・ハルフォーフなど。

「火垂るの墓」のネタバレあらすじ結末

火垂るの墓の概要:野坂昭如の同名短編小説を、高畑勲監督が長編アニメーションとして映像化した。終戦間近の兵庫県を舞台に、戦争孤児となった少年と幼い妹が懸命に生きようとする姿を描く。節子の可愛い声とリアルな関西弁が頭から離れなくなる、あまりに悲しい名作。

「永遠の0」のネタバレあらすじ結末

永遠の0の概要:百田尚樹の同名小説を2013年に山崎貴が映画化。お国のために死ぬのが名誉とされた第二次世界大戦時、生きて帰ることにこだわり続けた祖父が、なぜ特攻で命を落としたのか。孫の佐伯健太郎はその謎を解くため、生前の祖父を知る人々を訪ね歩く。

1 6 7 8 9 10