映画『アリー スター誕生』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「アリー スター誕生」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

2018年、アカデミー賞に一番近い作品として発表された、ミュージカル・恋愛・ドラマ映画。1937年公開の同名映画3度目のリメイク版として、ブラッドリー・クーパー監督・主演、世界の歌姫レディー・ガガのヒロインで、ワーナー・ブラザースが堂々の公開。

アリー スター誕生の作品情報

アリー スター誕生

タイトル
アリー スター誕生
原題
A Star Is Born
製作年
2018年
日本公開日
2018年12月21日(金)
上映時間
136分
ジャンル
ミュージカル
ヒューマンドラマ
ラブストーリー
監督
ブラッドリー・クーパー
脚本
エリック・ロス
ブラッドリー・クーパー
製作
ビル・ガーバー
ジョン・ピータース
ブラッドリー・クーパー
トッド・フィリップス
リネット・ハウエル・テイラー
製作総指揮
ラビ・メータ
ベイジル・イバニク
ニーハ・カイケンダール
スー・クロール
マイケル・ラピーノ
ヘザー・バリー
キャスト
ブラッドリー・クーパー
レディー・ガガ
アンドリュー・ダイス・クレイ
デイブ・チャペル
サム・エリオット
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画

アリー スター誕生の作品概要

この冬、人生を変える“うた”に、貴方は出会う。『アメリカン・スナイパー』などで有名なブラッドリー・クーパーが監督・主演を手掛ける、1937年に初公開された『スタア誕生』のリメイク版が、ヒロイン・レディー・ガガを迎えて奇跡の共演を果たす。2018年、アカデミー賞最有力候補作品として高い期待を寄せられている『アリー スター誕生』は、全米初登場2位を獲得し、ついに同年12月、日本でも劇場公開する。

アリー スター誕生の予告動画

アリー スター誕生の登場人物(キャスト)

ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)
世界的シンガーの名を欲しいままにしている。カントリー歌手として活躍しているものの、ドラッグ中毒でありアル中でもある。
アリー(レディー・ガガ)
ジャクソンが立ち寄ったバーで、ウェイトレスとして働いている。歌が好きで、バーではパフォーマーとして歌うこともある。
ボビー・メイン(サム・エリオット)
ジャクソンの兄で、歌手として活躍する傍らドラッグや酒に溺れる弟を甲斐甲斐しく世話している。

アリー スター誕生のあらすじ(ネタバレなし)

カントリー歌手として、世界的にその名が知られているシンガーソングライターのジャクソン・メイン。彼は、名が売れると次第にドラッグや酒に溺れるようになり、兄ボビーに献身的に支えられながら歌手活動を続けていた。

そんなある日、ジャクソンはカリフォルニア州で行われたコンサートの後に、ドラッグ・バーを訪れる。バーで酒を楽しんでいると、店のパフォーマンスが始まり1人の女性が歌を歌う。ジャクソンは、酒を飲むのも忘れてその歌声に聞き惚れ、心を揺さぶられる。これが、ジャクソンとアリーの運命的な出会いだった。

アリーはドラッグ・バーで働いているウェイトレスであったが、ジャクソンはアリーの歌の才能を見抜き、彼女をコンサートに起用することに決めるも、アリーは世界的歌手からのオファーを一度は断ってしまう。しかし、ジャクソンの重なる歌に対する熱意に、次第にアリーも心を動かされ、根負けする形でジャクソンと行動を共にするのだった。

アリー スター誕生の感想・評価

映画初主演・世界的歌姫レディー・ガガの歌声

レディー・ガガと言えば、2008年にデビューした際のアルバム『ザ・フェイス』が、世界的大ヒットを記録した、現在ではその名を知らない人はいないであろう歌姫である。若干22歳でデビューしたガガは、その後も数々の音楽チャートで1位を獲得するほどの歌声とパフォーマンスを見せる。

派手なメイクに奇抜な衣装は、行く先々出演する先々で話題となり、現在シングル8400万枚・アルバム2500万枚以上を売り上げるビッグ歌手となる。ティーンからも絶大な人気を誇る彼女は、SNSを通じて社会的問題や社会貢献活動についても熱心に発信しており、特にいじめ・レイプ・LGBTなど性暴力の撲滅に意欲を見せている。

そんな彼女は、『アリー スター誕生』で初映画出演にして、初映画主演として抜擢される。1937年に発表されて以来、愛され続けてきた『スタア誕生』に、新たなスターが誕生する瞬間は、彼女と同じ時代を生きている現代人へのご褒美とも言える。

長くに渡る製作までの道のり

実は、この映画は1937年に発表されて以来、1954年にジュディ・ガーランド主演と、1976年にバーブラ・ストライサンド主演でリメイクされている。そして、今回が3度目のリメイクになるのだが、2011年当初、ビヨンセを主演として映画交渉がされていた。

しかし、ビヨンセの妊娠とともに話は中断し、更に男優側で交渉していたクリント・イーストウッドの交渉が決裂すると、レオナルド・ディカプリオやウィル・スミス、クリスチャン・ベール、トム・ハンクス、ジョニー・デップと名だたる名俳優の元を渡り歩く。

2012年にブラッドリー・クーパーとの交渉に入り、クーパーが女優役でエスペランサ・スポルティングの名を挙げるも、最終的にはレディー・ガガの出演に落ち着いた。

映画公開時、『ヴェノム』と同じ週の封切りとなったが、公開初週末に4200万ドルを叩き出し、週末興行収入ランキングに初登場2位にランクインと、好調なスタートを切った。

アカデミー賞最有力候補の圧巻の物語

この映画出演が、歌手レディー・ガガの女優への第一歩となるのだが、多くの映画祭や映画評論家たちから90%以上の高評価を得る。「傑作から傑作を生み出したリメイク作品」とも言われ、クーパー、ガガとも演技は申し分なく歌も見事であり、ラブストーリーとしても見応えがあると評価されている。

日本でも、映画ジャーナリストや映画ライターだけでなく評論家やアーティストなど多くのコメントが公式サイトに掲載されている。中でも、多くの人が言及しているのは女優初挑戦にして圧倒的な演技力を見せたガガの存在。『アリー スター誕生』は、女優・レディー・ガガを象徴したような作品であるとのコメントもあり、全てが傑作であることを物語っている。

ガガの演じるアリーを見初めたときのクーパーの名演技もさることながら、これまでの力強い歌手としてのガガしか知らなかった観客には、新たなレディー・ガガの一面を見せつけてくれるだろう。

アリー スター誕生の公開前に見ておきたい映画

映画『アリー スター誕生』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『アリー スター誕生』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

スター誕生(1976)

元々、1937年と1954年の『スタア誕生』は、音楽ではなく映画スターを目指して田舎からハリウッドへやって来た女性と、大スターの男優との恋物語であった。1954年の『スタア誕生』では、同じ映画スターを目指した女性と、スター男優との恋物語だが、ミュージカル調にリメイクされている。

1976年版の『スター誕生』になると、目標が映画俳優ではなく音楽のスターに変えられ、登場人物の名前も一部変わり、再リメイクとして誕生した。

主人公の歌手を目指す女性エスターをバーブラ・ストライサンドが演じ、彼女が作曲した主題歌「スター誕生/愛のテーマ(Evergreen)」は大ヒットを記録する。更に、映画は第49回アカデミー賞で歌曲賞を、ゴールデングローブ賞では作品賞・主演女優賞・主演男優賞・主題歌賞・作曲賞を受賞する。第20回グラミー賞でも、最優秀楽曲賞を受賞するほどの話題作である。

詳細 スター誕生(1976)

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

ブラッドリー・クーパーは、テレビシリーズの『セックス・アンド・ザ・シティ』でデビューを果たし、その後もテレビシリーズで活躍を重ねていたが、ブレイクのきっかけは『ハングオーバーシリーズ』の主演である。

2日後に結婚を控えているダグのために、3人の友人がベンツを借りラスベガスでバチェラーパーティーを開催する。だが、派手に遊び回った翌朝、友人3人が目覚めるとダグの姿はなく、トラが浴室におり、見知らぬ赤ちゃんが泣いており、せっかく借りたスイートルームは騒然としていた。

ブラッドリー・クーパーは、ダグの友人役フィルを演じ、他の友人2人と共に警察に追われ、ギャング団に追われ、ギャンブルで金を稼ながらダグを探す。主役がおらず、途方に暮れながら慌ただしくダグを探しているクーパーの姿は、普段の彼の穏やかな笑みからは想像がつかない程のバカさ加減である。

『ハングオーバーシリーズ』は、コメディ映画にもよく出演しているクーパーらしい作品であるが、『アリー スター誕生』では、がらりと変わる印象のクーパーと比較して見て欲しい。

詳細 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

世界にひとつのプレイブック

2013年公開の、その年のアカデミー賞最有力候補作品とされていたブラッドリー・クーパー製作総指揮によるコメディ・ドラマ。この映画でブラッドリー・クーパーは、第85回アカデミー賞主演男優賞にノミネートする。更に、映画作品自体は主演男優賞を含む8部門でノミネート、主演女優のジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞する。

その他にも多くの映画祭で数々の賞を受賞し、ブラッドリー・クーパーの映画作品としては『ハングオーバー』を超える大ヒット作品となる。また、この作品以降、ブラッドリー・クーパーはアカデミー賞ノミネート常連俳優となる。

航行の歴史教師として働いていたパット(ブラッドリー・クーパー)は、躁うつ病を患い8か月の闘病を強いられる。妻と自身の同僚による不倫現場を目撃してしまったパットは、その場で同僚に暴力を振るってしまったために、入院を余儀なくされていた。退院後も、騒動を起こすパットは、自身が正常であると信じ切っている。

そんなパットは、生依存症であり療養中の女性ティファニーと出会うことで、お互いの療法について意気投合し、次第に心を許していく。目に見えない苦しみを抱えている男女の、人生を取り戻すために奮闘する姿が、心に染み渡る作品である。

詳細 世界にひとつのプレイブック

アリー スター誕生の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

アリー スター誕生のまとめ

新たにリメイクされた『アリー スター誕生』では、ガガも作曲に加わり、多くの新曲が登場する。今年一番のクリスマスプレゼントとコメントされる中、世界的歌姫レディー・ガガの新たな活躍の場に立ち会えたことが、既に奇跡のように感じられる。これもひとえに、ブラッドリー・クーパーの類稀な監督としての手腕や演技力、そして歌唱力により成り得た作品であると言っても過言ではない。

この記事をシェアする