ラブストーリー映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 74

ラブストーリー映画一覧

「僕の初恋をキミに捧ぐ」あらすじとネタバレ感想

僕の初恋をキミに捧ぐの概要:心臓に不治の病いを抱える高校生のタクマ。彼は幼いころから入退院を続け、担当医からも20歳まで生き続けるかわからないと言われている。タクマの幼なじみであり、担当医の娘であるマユは小学校・中学校とタクマと同じ学校に通い、2人は自然とずっと一緒にいた。しかし、高校への進学にあたり、タクマはマユと遠く離れ別れることを選択する。自分の病いのために笑顔の傍でいつも泣いているマユを気遣ってのことであった。そんなタクマの選択にマユがとった行動とは・・・。

「若草の頃」あらすじとネタバレ感想

若草の頃の概要:「若草の頃」(原題: Meet Me in St. Louis, 「セントルイスで会いましょう」)は、1944年のアメリカ映画。監督は本作がデビュー作となったヴィンセント・ミネリ。主演は本作公開の翌年に監督ヴィンセント・ミネリと結婚し、ライザ・ミネリの実母であるジュディ・ガーランド。

「巴里のアメリカ人」あらすじとネタバレ感想

巴里のアメリカ人の概要:「巴里のアメリカ人」(原題: An American in Paris)は、1951年のアメリカ映画。監督は「若草の頃 」がデビュー作となったヴィンセント・ミネリ。主演は「踊る大紐育」、本作の翌年に大ヒットする「雨に唄えば」のジーン・ケリー。ヒロイン役に本作が映画デビューとなったレスリー・キャロン。

「マイ・フェア・レディ」あらすじとネタバレ感想

マイ・フェア・レディの概要:「マイ・フェア・レディ」(原題:My Fair Lady)は、1964年のアメリカ映画。同名ミュージカルの映画化。同年のアカデミー作品賞を受賞した。監督は「ガス燈」「スタア誕生」のジョージ・キューカー。主演は「ローマの休日」、「ティファニーで朝食を」など、数多くの名作で主演を演じたオードリー・ヘプバーン。オードリーの相手役であるヒギンズ博士役「クレオパトラ」でジュリアス・シーザーを演じたレックス・ハリソン。

「雨に唄えば」あらすじとネタバレ感想

雨に唄えばの概要:「雨に唄えば」(原題:Singin' in the Rain)は、1952年のアメリカ映画。監督は主役を兼任するジーン・ケリーと、数々のミュージカル映画のメガホンを取ったスタンリー・ドーネンのダブル監督。共演はこの映画の出演で一躍有名になったデビー・レイノルズ。

「バタフライ・エフェクト」のネタバレあらすじ結末と感想

バタフライ・エフェクトの概要:過去に戻る能力を持った主人公は、自殺した初恋の人を救うため、何度も過去に戻って女性が幸せになれる人生を模索する。カオス理論の中のバタフライ効果にヒントを得て、些細な過去の変化が未来にどう影響するかを描いたSFサスペンスであり、主人公の一途な愛を描いたラブストーリーでもある。緻密に計算された脚本が秀悦な見応えのある作品。

「ダークマン」のネタバレあらすじ結末と感想

ダークマンの概要:ペイトンは恋人のジュリーにプロポーズをするが、いい返事をもらえなかった。ジュリーは弁護士の仕事が波に乗っており、忙しかったのだ。そんな時、ジュリーはクライアントのストラックが、不正を行っているのを知ってしまう。

1 71 72 73 74 75 76 77 78