ラブストーリー映画一覧

「横道世之介」のネタバレあらすじ結末と感想

横道世之介の概要:どこにでもいそうな普通の大学生・横道世之介は、とても素直なお人好し。世之介と知り合った人たちは、彼のことを思い出すとなぜか笑顔になってしまう。吉田修一の同名小説を、人間描写のうまい沖田修一監督が映画化した。ほのぼのとしたハートフル・コメディの秀作で、多くの映画賞を受賞した。

「僕の妻のすべて」あらすじとネタバレ感想

僕の妻のすべての概要:主人公のジョンインは毒舌・わがまま・感情的という、まるで「世界の中心は私よ!」とでも言えるようなクレイジーウーマン。そんな彼女と夫婦であるドゥヒョンは彼女と暮らしていくことに耐えきれなくなっていた。なんとか離婚する方向に持っていこうとするが、彼女がサインをしてくれるとは到底思えない。そんな矢先に出会ったちょっと怪しげな中年男性ソンギ。「伝説のカノサバ」と呼ばれる彼が離婚を必ずや成功させてくれるという。はたしてこの3人の人生のゆくへは!?

「タイヨウのうた」あらすじとネタバレ感想

タイヨウのうたの概要:陽の光を浴びることのできないカオルは、部屋の中から見えるバス停でよく見かける男子学生の藤代コウジに恋心を抱いていた。ある日、いつものように夜の路上ライブに出かけたカオルはコウジを偶然にも見かけ、彼との接触を試みる。コウジとの出会いによって、カオルの人生は大きく花開いていく・・・。

「お買いもの中毒な私!」あらすじとネタバレ感想

お買いもの中毒な私!の概要:あれも欲しい!これも欲しい!レベッカはショッピングが大好き!クレジットカードという魔法のカードを使って自分の欲しいものなんでも買ってしまい、請求金額がとんでもないことに!そんな彼女は突然会社からの解雇に見舞われ大ピンチ!しかし、ひょんなことから経済雑誌の編集部に勤めることになり・・・。人生って何があるかわからない!天真爛漫でなんとも魅力的な女性のすったもんだな人生を描いたコメディー映画!

「私の奴隷になりなさい」あらすじとネタバレ感想

私の奴隷になりなさいの概要:周囲を魅了させる色気を持つ主人公のカナ。彼女を抱こうと近づく青年の僕。カナに近づけば近づくほど はなぜ彼女がこれほどまの色気を身につけたのかを知ることになる。彼女の色気の謎と、未知なる世界を直視した僕が取った行動とは・・・。

「セックス・アンド・ザ・シティ」のネタバレあらすじ結末と感想

セックス・アンド・ザ・シティの概要:キャリーは実業家のビッグと恋人同士になり、一緒に暮らす家を探すことになった。そして、2人で話し合った結果、結婚することを決める。初めは2人だけでシンプルに結婚式を挙げるはずが、周りの思惑もあり、盛大な結婚式を挙げることになる。

「夕笛」あらすじとネタバレ感想

夕笛の概要:「夕笛」は、1967年の日本映画。監督は「伊豆の踊子」、「青い山脈」など青春映画を多く手がけた、西河克己。主演は青春純愛もので当時売り出し中だった、歌手の舟木一夫と、清純派女優の松原智恵子。共演に島田正吾、風見章子、小高雄二など。昭和42年度の芸術祭参加作品。

「ブロンド・ライフ」あらすじとネタバレ感想

ブロンド・ライフの概要:「ブロンド・ライフ」(原題:Life or Something Like It)は、2002年のアメリカ映画。監督は「陽のあたる教室」のスティーヴン・ヘレク。主演は「17歳のカルテ」、「トゥームレイダー」のアンジェリーナ・ジョリー。共演に「15ミニッツ」「プライベート・ライアン」のエドワード・バーンズ。

「恋におちたシェイクスピア」あらすじとネタバレ感想

恋におちたシェイクスピアの概要:「恋におちたシェイクスピア」(原題:Shakespeare in Love)は、1998年のアメリカ映画。監督は「Queen Victoria 至上の恋」のジョン・マッデン。主演は 「スライディング・ドア」のグウィネス・パルトロー。「エリザベス」のジョセフ・ファインズ。本作はアカデミー賞の作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、音楽賞、美術賞、衣装デザイン賞の7部門を受賞。

1 70 71 72 73 74 75 76 79