ラブストーリー映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 72

ラブストーリー映画一覧

「恋におちたシェイクスピア」あらすじとネタバレ感想

恋におちたシェイクスピアの概要:「恋におちたシェイクスピア」(原題:Shakespeare in Love)は、1998年のアメリカ映画。監督は「Queen Victoria 至上の恋」のジョン・マッデン。主演は 「スライディング・ドア」のグウィネス・パルトロー。「エリザベス」のジョセフ・ファインズ。本作はアカデミー賞の作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、音楽賞、美術賞、衣装デザイン賞の7部門を受賞。

「フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白」あらすじとネタバレ感想

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白の概要:「フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白」(原題:Forever Young)は、1992年のアメリカ映画。監督はスティーブ・マイナー。主演は「リーサル・ウェポン」シリーズのメル・ギブソン。共演は「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のジェイミー・リー・カーティス。

「恋愛ルーキーズ」あらすじとネタバレ感想

恋愛ルーキーズの概要:「恋愛ルーキーズ」(原題:School for Scoundrels)は、2006年のアメリカ映画。監督はリメイク版「スタスキー&ハッチ」のトッド・フィリップス。主演は「ナポレオン・ダイナマイト」のジョン・ヘダー。共演は「ディボース・ショウ」などのビリー・ボブ・ソーントン。

「チョコレートドーナツ」あらすじとネタバレ感想

チョコレートドーナツの概要:全米の映画祭が絶賛!!日本での公開後も、ミニシアターでありながら口コミでヒット。ゲイカップルとダウン症と言うシビアな題材ながら、魂を揺さぶる感動作。『トーチソング・トリロジー』と並ぶゲイ映画史上の傑作。

「イングリッシュ・ペイシェント」あらすじとネタバレ感想

イングリッシュ・ペイシェントの概要:「イングリッシュ・ペイシェント」(原題:The English Patient)は、1996年のアメリカ映画。監督は「最高の恋人」のアンソニー・ミンゲラ。主演は「シンドラーのリスト」のレイフ・ファインズ。共演に「フォー・ウェディング」のクリスティン・スコット・トーマス。「ポンヌフの恋人」のジュリエット・ビノシュ。「プラトーン」のウィレム・デフォーなど。1996年の第69回アカデミー賞で8部門に輝いた。

「風と共に去りぬ」あらすじとネタバレ感想

風と共に去りぬの概要:「風と共に去りぬ」(原題:Gone with the Wind)は、1939年のアメリカ映画。アメリカの小説家マーガレット・ミッチェルの同タイトルの原作を映画化した作品。監督は「宝島」「オズの魔法使」のヴィクター・フレミング。主演のスカーレット・オハラ役に、本作でオスカーに輝いたヴィヴィアン・リー。レット・バトラー役にクラーク・ゲーブル。1939年の第12回アカデミー賞で13部門にノミネートされ、8つのオスカーに輝いている。222分

「踊る大紐育(ニューヨーク)」あらすじとネタバレ感想

踊る大紐育の概要:「踊る大紐育」(原題:On The Town)は、1949年のアメリカ映画。監督は主演も演じるのジーン・ケリーと、元ダンサーのスタンリー・ドーネンのコンビ。主演の三人の水夫として、ゲイビー役にジーン・ケリー。チップ役にフランク・シナトラ。オジー役にジュールス・マンシュイン。共演の女性として、モデルのアイヴィ役にヴエラ=エレン。博物館の教授役にアン・ミラー。タクシーの女運転手ブランヒルド役にベティ・ギャレット。

「ムーラン・ルージュ(2001)」あらすじとネタバレ感想

ムーラン・ルージュ(2001)の概要:「ムーラン・ルージュ」(原題:Moulin Rouge!)は、2001年のオーストラリア・アメリカ映画。監督はレオナルド・ディカプリオ主演「ロミオ+ジュリエット」のバズ・ラーマン。主演は「スター・ウォーズ エピソード1」のユアン・マクレガーと、「誘う女」のニコール・キッドマンのダブル主演。

「トップ・ハット」あらすじとネタバレ感想

トップ・ハットの概要:「トップ・ハット」(原題: Top Hat)は、1935年のアメリカ映画。監督は「コンチネンタル」で名声を上げた マーク・サンドリッチ。主演は同じく「コンチネンタル」で一世を風靡した、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの名コンビ。

「バンド・ワゴン」あらすじとネタバレ感想

バンド・ワゴンの概要:「バンド・ワゴン」(原題:The Band Wagon)は1953年のアメリカ映画。監督は「巴里のアメリカ人」でオスカーに輝いたヴィンセント・ミネリ。主演は「トップ・ハット」、「イースター・パレード」のフレッド・アステア。共演は「雨に唄えば」に出演したシド・チャリシー。

「僕の初恋をキミに捧ぐ」あらすじとネタバレ感想

僕の初恋をキミに捧ぐの概要:心臓に不治の病いを抱える高校生のタクマ。彼は幼いころから入退院を続け、担当医からも20歳まで生き続けるかわからないと言われている。タクマの幼なじみであり、担当医の娘であるマユは小学校・中学校とタクマと同じ学校に通い、2人は自然とずっと一緒にいた。しかし、高校への進学にあたり、タクマはマユと遠く離れ別れることを選択する。自分の病いのために笑顔の傍でいつも泣いているマユを気遣ってのことであった。そんなタクマの選択にマユがとった行動とは・・・。

1 69 70 71 72 73 74 75 77