ミュージカル映画 | MIHOシネマ - Part 3

ミュージカル映画一覧

「ポカホンタス」のネタバレあらすじ結末と感想

ポカホンタスの概要:1607年、新大陸。先住民ネイティブアメリカンが住まう土地にイギリス人が渡来。先住民のポカホンタスは、新しい文明を受け入れようとするも、部族と白人とで土地を巡り争いが勃発してしまう。彼女は船乗りでもあるジョンと共に、戦いを避けるべく奔走する。

「天使にラブ・ソングを」あらすじネタバレ結末と感想

天使にラブ・ソングをの概要:デロリスはギャングの愛人。デロリスが殺人現場を目撃したために匿われたのは修道院だった。修道院で巻き起こすコメディで日本のゴスペルブームに火を点けた。1992年のアメリカ映画で6ヵ月を記録する大ヒットとなった。

「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」あらすじとネタバレ感想

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームの概要:シャー・ルク・カーン主演の恋と輪廻転生をテーマにしたラブストーリー。共演は、ディーピカー・パードゥコーン、アルジュン・ラームパール。ファラー・カーン監督の2007年のインド映画。169分に歌&ダンスが満載。

「ノートルダムの鐘」あらすじとネタバレ感想

ノートルダムの鐘の概要:ヴィクトル・ユーゴーの名作「ノートルダム・ド・パリ」を長編アニメ化。パリの街を舞台に鐘つき男カジモドとジプシー娘の交流を描く。監督はゲイリー・トゥルスディルとカーク・ワイズ。出演は、デミ・ムーア。

「舞妓はレディ」あらすじとネタバレ感想

舞妓はレディの概要:あの『Shall We Dance(1996年)』から実に18年ぶりに周防ワールド全開のエンターテイメント解禁。この間に『それでもぼくはやってない』や『終の信託』など、社会派路線に走った監督が、次に選んだ作品は舞妓の世界が舞台の『舞妓はレディ』。歌あり、踊りあり、笑いあり、感動ありのまさに監督自身の原点回帰的作品だ。

「シェルブールの雨傘」あらすじとネタバレ感想

シェルブールの雨傘の概要:「シェルブールの雨傘」(原題:Les Parapluies de Cherbourg)は、1964年のフランス・西ドイツ合作映画。監督は「ローラ」、「天使の入り江」のジャック・ドゥミ。主演は「パリジェンヌ」、「悪徳の栄え」の当時新人だったフランス映画の名女優カトリーヌ・ドヌーヴ。共演には「若者のすべて」などのニーノ・カステルヌオーヴォ 。音楽は本作で世界的な評価を受けて以降、数多くの名画に音楽を提供した作曲家・アレンジャー兼ジャズ・ピアニストのミシェル・ルグラン。

1 2 3 4 5 6