「名探偵コナン 紺青の拳」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

大人気アニメシリーズ『名探偵コナン』の劇場最新作が、ついに2019年4月スクリーンに登場。コナンの宿敵、月下の奇術師・怪盗キッドと、劇場版23作品目にして初登場となる世界最強の男・空手家の京極真の攻防が見逃せない。

名探偵コナン 紺青の拳の作品情報

名探偵コナン 紺青の拳

タイトル
名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年4月12日(金)
上映時間
不明
ジャンル
サスペンス、青春、アニメ
監督
長岡友佳
脚本
大倉崇裕
製作
近藤秀峰
米倉功人
石山桂一
製作総指揮
不明
キャスト
高山みなみ
山崎和佳奈
小山力也
山口勝平
緒方賢一
岩居由希子
高木渉
大谷育江
製作国
日本
配給
東宝

名探偵コナン 紺青の拳の作品概要

世界中で大ヒットを記録するアニメ『名探偵コナン』シリーズの23作品目となる劇場最新作がついに登場。今回は、劇場版シリーズで初めて日本を飛び出しシンガポールへと向かう。海外で繰り広げられるコナンとコナンの宿敵、「月下の奇術師」怪盗キッドとの攻防が見逃せない。そして更に、劇場版初登場となる世界最強の空手家・京極真のド派手なアクションも追加され、真実VS奇術VS蹴撃の三つ巴の戦いを前に、つい拳を握ってしまう。

名探偵コナン 紺青の拳の予告動画

名探偵コナン 紺青の拳の登場人物(キャスト)

江戸川コナン(高山みなみ)
毛利家に居候している小学生の少年。だが、本当の姿は「東の高校生探偵」として世間を賑わせていた高校生の工藤新一。「黒の組織」の毒薬の副作用で、体が縮んでしまっている。
毛利蘭(山崎和佳奈)
工藤新一の幼馴染で、彼女。関東大会で優勝するほどの空手の腕前を持つ。父親の小五郎と居候のコナンと暮らしている。
怪盗キッド(山口勝平)
コナンの宿敵である神出鬼没の大怪盗、通称「月下の奇術師」。シンガポールにあるという幻のお宝「ブルーサファイア」を探している。
鈴木園子(松井菜桜子)
蘭と新一の幼馴染であり、同級生であり、蘭とは親友でもある。鈴木財閥のご令嬢。京極真とはある事件をきっかけに知り合い、健全なお付き合いを続けている。
毛利小五郎(小山力也)
蘭の父親で、「眠りの小五郎」の異名で知られている日本でも有名な私立探偵。コナンの保護者として、家に置いている。
京極真(桧山修之)
園子の彼氏で、杯戸高校空手部主将。天然なところがあり、園子に一途に思いを寄せる。強さに固執しているところもあり、世界中を武者修行して回る。
阿笠博士(緒方賢一)
工藤新一の家の隣に住んでいる発明家。江戸川コナンの正体が工藤新一だと知る数少ない人物の1人。体が小さくなった江戸川コナンを、発明品でバックアップする。
灰原哀(林原めぐみ)
元黒の組織の技術者で、新一が飲まされた毒薬の開発者でもある。黒の組織から追われており、現在は新一と同じく毒薬の副作用によって体が縮んだことで、事なきを得ている。

名探偵コナン 紺青の拳のあらすじ(ネタバレなし)

19世紀末、世界中の富豪を虜にした世界最大のブルーサファイア「紺青の拳」。しかし、その宝石は時の海賊に奪われ、そして海賊船ごとシンガポール近海深くに沈んだとされている。

21世紀になり、シンガポールの富豪が幸運にも紺青の拳の回収に成功し、サファイアは再び日の目を浴びることとなった。だがその直後、シンガポール最大の観光ホテル・マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が勃発する。現場には、世界中で話題を掻っ攫う月下の奇術師・怪盗キッドの血に塗れた予告状が残されていた。

怪盗キッドの話題が世界を揺るがせている頃、日本から蘭と園子がシンガポールの空手大会に出場する園子の彼氏、京極真を応援するべく海を渡る。パスポートを持っていないため、日本から出られないコナンは、日本で蘭の帰りを待つつもりであった。

だが、そんなコナンの前の前に現れたのは、かの有名な大怪盗の怪盗キッドであった。キッドはコナンをさらい、無理やりシンガポールへ連れて行く。そして、従わなければ日本に帰れないコナンは、仕方なく変装し、何も知らない蘭や園子たちと対面するのであった。

名探偵コナン 紺青の拳の感想・評価

劇場版初の海外進出、舞台はシンガポール

現在、アジアの金融の中心地とも言われているマレーシアの最南端の街、シンガポール。上半身はライオンで、下半身は魚、口から水を吐いているマーライオンが有名な国である。最近では、巨大な3つのビルと、そのビルの頭頂部を跨って架けられた船が特徴のリゾートホテル・マリーナベイ・サンズとセットで映っている写真を見たことのある人もいるだろう。

今回は、そんな日本から遥か5,000Km以上も離れた地で、名探偵の江戸川コナンと、月下の大泥棒怪盗キッドの戦いが始まろうとしている。予告のポスターでは、美しいシンガポールの夜の姿が描かれており、ライトアップされたマーライオンやマリーナベイ・サンズなどが見られる。

予告動画では、ヒロインの蘭と新一がマリーナベイ・サンズの人気スポットである野外屋上プールで、美しいシンガポールの夜景を見ながら寄り添う姿も描かれる。原作で、ついに幼馴染の関係から脱却し、彼氏と彼女になったばかりの新一と蘭のやり取りは、観客も楽しみにしているポイントの1つである。

アジアの中心地・シンガポールで巻き起こる、スケールの大きな事件に加え、コナン・キッド・京極真との3つ巴の戦いから目が離せない。

対決再び

鈴木園子の恋人である京極真と怪盗キッドは、以前一度だけ対決したことがある。鈴木財閥の秘宝を狙うキッドに対して、京極は鈴木家から信頼を得ようと、自分が防犯装置になることを承諾したのだ。犯行日当夜、怪盗キッドは鈴木園子に変装し京極に近づいたが、京極がその変装を見破り、宝石を何とか守り抜く。

この結果から伺うと、京極真に怪盗キッドは手も足も出なかったように感じるが、実は京極もかなり怪盗キッドに苦戦している上に、宝石は怪盗キッドから返してもらったようなもの。対決はドローと判断できる結果であった。

それ故、再びこの2人が対決するとあって劇場公開前からファンは大盛り上がりである。ビッグジュエリーが保管されている邸宅の地下に侵入しようとする怪盗キッドに、蹴撃の貴公子・京極真が立ちはだかる。キッドの鮮やかな手際で宝石を見事盗み出して欲しいが、400戦無敗の京極に守り抜いて欲しい気持ちも捨てられない。

その名に込められた意味は?

怪盗キッドの敵は、京極真だけではない。天才的な頭脳で、何度もキッドを追い込んでいる江戸川コナンもその1人である。だが、今回ばかりはいつものようなキッドとコナンの関係ではないようである。

それは、シンガポールで起きた1つの殺人事件が関係する。その事件が、やがてジュエリーだけでなくシンガポール、果ては世界をも巻き込む事態に発展していくのである。その謎を解き明かすために、キッドにはコナンの力が必要であった。

そして、キッドが密入国させたコナンを現地人に変装させるのだが、その名が「アーサー・ヒライ」という。この名前には、ある意味が込められているとのことなので、その謎もぜひ劇場で解き明かして欲しい。

普段は追う者と追われる者の関係から一変して、共闘するキッドとコナンの姿も、ファンにとっては嬉しい絵面である。更に、キッドにしては珍しく流血するシーンや余裕のなさそうな表情、苦しむ姿なども見られ、そんなキッドをアーサー・ヒライとなったコナンがどう助けるのか期待が高まる。

名探偵コナン 紺青の拳の公開前に見ておきたい映画

映画『名探偵コナン 紺青の拳』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『名探偵コナン 紺青の拳』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

名探偵コナン 業火の向日葵

怪盗キッドが登場する映画は、劇場版3作品目『世紀末の魔術師』、8作品目『銀翼の奇術師』、10作品目『探偵たちの鎮魂歌』、14作品目『天空の難破船』の4つで、『業火の向日葵』で5作品目となる。

この映画では、初めてミステリーの要素に芸術的(アート)観点を加え、キッドも「お前は解けるか、この芸術が!」と言葉を残している。また、怪盗キッドの助手として原作やアニメには登場していた寺井黄之助が、劇場初登場する。

これまで怪盗キッドが登場した映画は多くあったが、キッドがメインになっている映画は今作が初めてと言っても過言ではない。世界中で愛されるゴッホの名画『ひまわり』が物語の重要な位置づけとなっており、それを盗み出そうとするキッドと、阻止するために奔走するコナンたちの姿が描かれる。

キッドは宝石専門の泥棒であるが、今回はどうして絵画を盗むことになったのか、キッドの心情にも寄り添いながら見届けたい映画である。

詳細 名探偵コナン 業火の向日葵

名探偵コナン 紺碧の棺

劇場版『名探偵コナン』シリーズの第11作品目で、2007年に公開され、第31回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞に輝いた作品である。

『名探偵コナン』のヒロインである毛利蘭と、蘭の幼馴染であり親友の鈴木園子との友情が今作のテーマとなっている。劇場版に多く登場している鈴木園子であるが、彼女が映画のメインとなったのは、今回が初めてのことである。

物語は、近年、海底から発見された古代遺跡や海底宮殿で話題を呼んでいる神海島を舞台に、300年前に存在したと言われている2人の女海賊の残した財宝を巡って、トレジャーハンターとコナンが対峙する。物語進行中、蘭と園子がトレジャーハンターたちに攫われてしまい、蘭の得意の空手で危機を潜り抜けるシーンもあるものの、2人を襲う困難に、手に汗を握ってしまう。また、勇敢にも1人で海底神殿へ蘭と園子を助けに向かうコナンの活躍も、女海賊たちが残した財宝の謎と共に、見逃せない。

詳細 名探偵コナン 紺碧の棺

名探偵コナン から紅の恋歌

4月12日の『紺青の拳』で、鈴木園子の恋人である京極真が、実質映画初登場となるが、実は2017年に公開された『名探偵コナン から紅の恋歌』にも登場している。ただし、この回での京極真は、プレストーリーに関りこそあったが、園子の回想シーンでのみの登場となっていた。

『から紅の恋歌』では、色鉛筆画風のタッチで描かれたポスターが印象的で、大阪や京都などの関西を舞台に、百人一首を巡る事件を追う。そのため、西の高校生探偵服部平次と、その幼馴染である遠藤和葉がメインキャラクターとして据えられている。また、京極だけでなく平次の母親である服部静華も今作が映画初登場となっている。

シリーズ21作品目にして、興行収入はおよそ69億円にも上り、更に、2017年の方が興行収入ランキング1位を獲得するなど、爆発的な人気を見せた。と言うのも、ただの幼馴染だと思っていた和葉のことを意識し出していた平次に、「許嫁」だと宣言する女性が現れ、和葉と対峙するからである。

日本の伝統的な文化である百人一首を目の前に、和葉と自称許嫁の大岡紅葉の戦いが、静かに幕を上げる。

詳細 名探偵コナン から紅の恋歌

名探偵コナン 紺青の拳の評判・口コミ・レビュー

名探偵コナン 紺青の拳のまとめ

今回の映画にゲスト出演するのは、“シンガポールの名探偵”こと犯罪心理学者のレオン・ローと、その助手で美人秘書のレイチェル・チェオングの2人。この2人を、『夏休みのような1ヵ月』の山崎育三郎と、『空の境界』の河北麻友子が担当する。レオンとレイチェルのセリフは大半が英語のため、高校生時に留学経験のある山崎と、16歳までニューヨークで育ったと言う河北が抜擢されたのは、納得の配役である。ミュージカル界のプリンスとの定評があり、世界で活躍する演技力を見せる山崎と、英語が堪能な美しき女性河北が演じるゲストキャラクターの活躍も、見逃せない。

この記事をシェアする