映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

太古の巨大生物「ゴジラ」と巨大生物「ムートー」との戦いから5年の月日が流れた。ある日、神話時代の怪獣達が復活し、世界は新たな危機に晒される。未確認生物特務機関「モナーク」は人類を救うため、動き始めた。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの作品情報

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

タイトル
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
原題
Godzilla: King of the Monsters
製作年
2019年
日本公開日
2019年5月31日(金)
上映時間
132分
ジャンル
SF
アクション
監督
マイケル・ドハティ
脚本
マイケル・ドハティ
ザック・シールズ
製作
メアリー・ペアレント
アレックス・ガルシア
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
ブライアン・ロジャース
製作総指揮
バリー・H・ウォルドマン
ザック・シールズ
松岡宏泰
大田圭二
ダン・リン
ロイ・リー
坂野義光
奥平謙二
キャスト
カイル・チャンドラー
ベラ・ファーミガ
ミリー・ボビー・ブラウン
ブラッドリー・ウィットフォード
サリー・ホーキンスヴィ
チャールズ・ダンス
トーマス・ミドルディッチ
オシェア・ジャクソン・Jr.
製作国
アメリカ
配給
東宝

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの作品概要

今年は『ゴジラ』生誕65周年を迎える記念すべき年である。本作はハリウッドで制作されており、2014年に公開された『GODZILLA ゴジラ』の続編に当たる。長年原案や脚本家として映画業界を牽引していたマイケル・ドハティが監督を務めた。前作に引き続き、生物学者の芹沢猪四郎役で渡辺謙が出演している。前作から5年後の世界が物語の舞台となっており、キングギドラなどの神話時代の怪獣達とゴジラとの戦い、そして彼らの戦いに翻弄され危機に陥る人類の様子が描かれている。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの予告動画

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの登場人物(キャスト)

マーク・ラッセル(カイル・チャンドラー)
エマの元夫。動物学者。コロラドで生活を送っている。家族と人類を守るため、奔走する。
エマ・ラッセル(ベラ・ファーミガ)
未確認生物特務機関「モナーク」の元幹部。優秀な純古生物学者。マディソンの母親。
マディソン・ラッセル(ミリー・ボビー・ブラウン)
大人びた少女。母が行っている研究に興味を抱いており、ゴジラと交流を深めようとする。
芹沢猪四郎(渡辺謙)
未確認生物特務機関「モナーク」に所属する生物学者。父を広島の原爆の投下によって亡くしており、核ミサイルに対してあまり良い感情を持っていない。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズのあらすじ(ネタバレなし)

太古の巨大生物「ゴジラ」と巨大生物「ムートー」との戦いから、5年の月日が流れた。モスラ、ラドン、キングギドラなどの神話時代の怪獣達が復活し、世界は新たな危機に晒されようとしていた。人々は自分よりも巨大な生物に恐怖を抱き、逃げ惑った。議員達は対応に追われるが、これと言った解決策は見つからなかった。

たくさんの怪獣が出現する中、どの怪獣が人間の味方でどの怪獣が敵なのか見極めなければならなかった。ゴジラも再び姿を現し、世界の覇権を懸けての怪獣達の争いが繰り広げられることになった。未確認生物特務機関「モナーク」は、世界の破滅を食い止めるため活動を開始した。果たして、人類は生き残ることができるのだろうか!?

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの感想・評価

怪獣 ゴジラ

1954年に『ゴジラシリーズ』の第一作目として『ゴジラ』が公開された。『ゴジラ』では、ジュラ紀から存在していた怪獣「ゴジラ」が水爆実験によって住処を追われ、東京に出現する様子が描かれている。それから、『ゴジラVSメカゴジラ』(1974)や『シン・ゴジラ』(16)など、数々の『ゴジラシリーズ』作品が生み出された。

ゴジラシリーズ』は日本国内に留まらず、全世界の人を魅了する作品へと進化していった。今年は生誕65周年を記念する年でもあり、『ゴジラシリーズ』ファンにとっては大切な年となっている。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ではゴジラだけではなく、モスラを始めとした17体の怪獣が登場する。迫力ある怪獣達の戦いは必見である。

ハリウッドが制作した『GODZILLA ゴジラ』シリーズ第2作目

本作は2014年に公開された『GODZILLA ゴジラ』の続編に当たる作品である。前作に引き続き芹沢猪四郎博士役で渡辺謙が出演している他、カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、チャン・ツィイーなどハリウッドで活躍している俳優達が共演している。

前作では、太古の巨大生物「ゴジラ」と巨大生物「ムートー」の戦いと、その戦いに巻き込まれる人類の様子が描かれていた。アメリカでの興行収入は約1億9000万ドル、日本での興行収入は32億円にも上り、多くの人を魅了した。アメリカ出身の映画監督ジョー・ダンテは『GODZILLA ゴジラ』を絶賛し、「1954年版以来最高のゴジラ映画だ」というコメントを残している。観客だけではなく、多くの批評家からも支持を集めた。

『スーパーマン リターンズ』の原案と脚本を担当した、マイケル・ドハティの監督作品

前作で監督を務めたのは、『モンスターズ 地球外生命体』(10)で「英国インディペンデント映画賞・監督賞」など多数の賞を受賞したギャレス・エドワーズだった。本作は監督が変更されており、マイケル・ドハティが担当している。

マイケル・ドハティは『スーパーマン リターンズ』(06)の原案と脚本を、『X-MEN アポカリプス』(16)の原案を担当したことで有名な人物である。マイケル・ドハティは本作で監督の他に、ザック・シールズと共に脚本を担当している。ゴジラと復活したモスラなどの神話時代の怪獣達がどのような戦いを繰り広げるのか、人類は平穏な日々を取り戻すことができるのか、手に汗握る展開が楽しめる作品となっている。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの公開前に見ておきたい映画

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

GODZILLA ゴジラ

第1作目に当たる作品。全世界で興行収入530億を記録した大ヒット作。2004年に公開された『ゴジラ FINAL WARS』から10年ぶりに制作された『ゴジラシリーズ』作品。「第38回日本アカデミー賞・優秀外国映画賞」を受賞している。M9拳銃やストライカー装甲車など、様々な兵器が登場する。

地震が発生し、原子力発電所で働いていたサンドラが亡くなってしまう。サンドラの同僚であり夫のジョーは、深い悲しみに包まれた。15年後、フォードは父のジョーが逮捕されたとの知らせを受け、日本を訪れることになった。そこで、父が原子力発電所の真の事故原因を調査していたことを知る。フォードは父に頼まれ、調査を手伝うことになった。

詳細 GODZILLA ゴジラ

SUPER 8 スーパーエイト

カイル・チャンドラーの代表作。カイル・チャンドラーは主人公ジョーの父親であるジャクソン・ラムを演じた。ヒットメーカーとしてお馴染のJ・J・エイブラムスが監督・脚本を担当しており、スティーヴン・スピルバーグがプロデューサーとして参加している。1970年代~80年代にスティーヴン・スピルバーグが手掛けたSF作品のオマージュ作品として制作された。

少年であるジョーは深夜に家を抜け出し、友人達とスーパー8mmフィルムで映画を撮っていた。そんな時、貨物列車と車の事故を目撃する。列車は脱線して、爆発・炎上した。その日を境に、人や犬が失踪したり、町が荒らされる事件が度々発生するようになる。ジョー達がフィルムを確認すると、謎の生物が映っていた。

詳細 SUPER 8 スーパーエイト

シン・ゴジラ

ゴジラシリーズ』の中でも話題を集めた作品。『ヱヴァンゲリヲンシリーズ』でお馴染の庵野秀明が総監督を務めている。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾などなど、日本のドラマ・映画業界を牽引している人気俳優達が多数出演している。狂言師の野村萬斎が、ゴジラのモーションキャプチャーを担当した。

東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生し、政府は海底火山の噴火による事故だと見解を示した。内閣官房副長官の矢口蘭堂は現場で巨大生物のようなものを目撃しており、政府の意見に疑問を呈した。だが、矢口の意見を聞いてくれる者はどこにもいなかった。そんな中、巨大生物が町に出現する。多数の死傷者が出てしまい、政府は対応に追われた。

詳細 シン・ゴジラ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

ゴジラ キング・オブ・モンスターズのまとめ

全世界で530億という興行収入を記録し、批評家からも高い支持を受けた『GODZILLA ゴジラ』の続編に当たる作品。ゴジラだけではなく、モスラ、ラドン、キングギドラなど『ゴジラシリーズ』ではお馴染の怪獣達も登場するのが見所の1つとなっている。ゴジラと怪獣達との戦いは迫力があり、大きなスクリーンで見れば圧倒されるはずである。日本語吹き替え版では、主人公のマークを俳優の田中圭が、元妻のエマを女優の木村佳乃が、エマの娘のマディソンを芦田愛菜がそれぞれ担当している。

この記事をシェアする