「冒険者たち(1967)」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

冒険者たち(1967)の概要:「冒険者たち」(原題:Les Aventuriers)は、1967年のフランス映画。監督は「ふくろうの河」、「美しき人生」のロベール・アンリコ。主演は「太陽がいっぱい」、「地下室のメロディー」などのアラン・ドロン。「モンパルナスの灯」、「女王陛下のダイナマイト」などのリノ・ヴァンチュラ。「パリところどころ」などのジョアンナ・シムカス。

「大人は判ってくれない」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

大人は判ってくれないの概要:「大人は判ってくれない」(原題:Les Quatre Cents Coups)は、1959年のフランス映画。監督は「あこがれ」、「水の話」などの短編映画制作を経て、本作が長編映画デビューとなったフランソワ・トリュフォー。主演は本作がデビュー作となったジャン=ピエール・レオ。共演にはパトリック・オーフェー、アルベール・レミー、クレール・モーリエなど。クレジットにはないが、カメオ出演でジャンヌ・モロー、ジャン=クロード・ブリアリ、ジャック・ドゥミ監督など、ヌーベルバーグ作品の著名人が登場している。

「太陽がいっぱい」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

太陽がいっぱいの概要:「太陽がいっぱい」(原題:Plein soleil)は、1960年のフランス・イタリアの合作映画。原作はアメリカの女流作家パトリシア・ハイスミスの小説より。監督は「禁じられた遊び」、「居酒屋」のルネ・クレマン。主演は「恋ひとすじに」、「お嬢さん、お手やわらかに! 」のアラン・ドロン。共演は「死刑台のエレベーター」、「スパイ戦線」のモーリス・ロネ。本作がデビューとなった女優兼歌手のマリー・ラフォレ。音楽はニーノ・ロータ。

「パンズ・ラビリンス」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

パンズ・ラビリンスの概要:独裁政権が牛耳るスペインは、どこもかしこも争いばかりで、苦痛が蔓延していた。戦争で父を失ったオフェリアは、母親の再婚相手の屋敷で世話になることになった。新しい生活に不安を覚えたオフェリアは屋敷を抜け出し、森に逃げ込む。そこで彼女は自分のことを魔法の国の王女の生まれ変わりだと言うパンという名の怪物と出会った。

「アヒルと鴨のコインロッカー」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

アヒルと鴨のコインロッカーの概要:伊坂幸太郎の人気ミステリー小説を、中村義洋監督が映画化した作品。原作の複雑な伏線やトリックを見事にまとめ上げており、中村監督はこの作品で新藤兼人賞の金賞を受賞した。「アヒルと鴨」は本作に登場する外国人と日本人を比喩した表現。

「グラン・ブルー」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

グラン・ブルーの概要:「グラン・ブルー」(原題:Le Grand Bleu)は、1988年のフランス・イタリア合作映画。監督は「サブウェイ」のリュック・ベッソン。主演は「戦場の小さな天使たち」のジャン=マルク・バール。「アフター・アワーズ」、「800万の死にざま」のロザンナ・アークエット。「サブウェイ」のジャン・レノ。10代からダイビングに親しんできたベッソン監督が、長年の夢だったイルカに魅せられた潜水夫の物語を、実在の天才ダイバー、ジャック・マイヨールの協力を得て映画化した作品。カンヌ映画祭で公開当初は酷評を受けたが、その後フランス国内で徐々に反響を呼び大成功を収めた作品。いくつかのバージョンが存在する作品でもある。

「世にも怪奇な物語」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

「世にも怪奇な物語」(原題:Histoires extraordinaires)は、1967年のフランス映画。エドガー・アラン・ポーの小説による原作で、3部構成からなるオムニバス形式のホラー映画。監督はフランス・イタリア映画界の巨匠3人が務める。第1話「黒馬の哭く館」は、「危険な関係」、「血とバラ」のロジェ・ヴァディム監督。主演は「危険がいっぱい」のジェーン・フォンダ、共演にジェーンの実弟である「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ。第2話「影を殺した男」は、「死刑台のエレベーター」、「地下鉄のザジ」のルイ・マル監督。主演は「太陽がいっぱい」、「地下室のメロディー」のアラン・ドロン、共演に「殿方ご免遊ばせ」、「軽蔑」のブリジット・バルドー。第3話「悪魔の首飾り」は、「道」、「8 1/2」のフェデリコ・フェリーニ監督。主演は「コレクター」、「血と怒りの河」のテレンス・スタンプ。

「天井桟敷の人々」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

天井桟敷の人々の概要:「天井桟敷の人々」(てんじょうさじきの ひとびと、原題:Les enfants du Paradis「天国の子供たち」)は、1945年のフランス映画。監督は「ジェニイの家」、「悪魔が夜来る」のマルセル・カルネ。脚本は同じく「悪魔が夜来る」のジャック・プレヴェール。主演はジャン=ルイ・バロー。共演にはアルレッティ、ピエール・ブラッスール、マルセル・エラン、マリア・カザレス、ルイ・サルー、ピエール・ルノワールなど。

「勝手にしやがれ」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

勝手にしやがれの概要:「勝手にしやがれ」(原題:À bout de souffle)は、1959年のフランス映画。監督・脚本は批評家としてデビュー以来、数編の短編映画の監督や出演を務めながら、本作が長編映画デビュー作となったジャン=リュック・ゴダール。フランソワ・トリュフォーが原案、クロード・シャブロルが監修を務める。本作にてジャン・ヴィゴ賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。主演は1957年にデビュー以来、端役を務めながら本作の主演で一躍脚光を浴びたジャン=ポール・ベルモンド。共演に「聖女ジャンヌ・ダーク」、「悲しみよこんにちは」のジーン・セバーグ。本作はそれまでの映画の既成概念と映画の文法を壊し、映画史に残る名作となった。ゴダール監督は本作でヌーベルバーグの旗手となり、アメリカン・ニューシネマなどに多大な影響を与えた。

「地下室のメロディー」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

地下室のメロディーの概要:「地下室のメロディー」(原題:Mélodie en sous-sol)は、1963年のフランス映画。監督は「ヘッドライト」、「牝牛と兵隊」のアンリ・ヴェルヌイユ。主演は「現金に手を出すな」、「レ・ミゼラブル(1958年)」などのフランス映画の名優ジャン・ギャバン。共演には「太陽がいっぱい」、「太陽はひとりぼっち」のアラン・ドロン。本作の代名詞とも言える、誰もが必ず聴いた事があろう超有名なテーマソングと、劇中の音楽を担当したのはミシェル・マーニュ。

「解夏」あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

解夏の概要:原作、さだまさし。監督、磯村一路。主演、大沢たかお、石田ゆり子。目の視力が徐々に失われてゆく難病・べーチェット病に冒された若い男性教師の苦悩と葛藤、そして新しい一歩を踏み出すまでを描いた感動のヒューマン・ラブストーリー。あたりまえのことだが、目が見える喜び、ありがたさを教えてくれる珠玉の一編。

1 474 475 476 477 478 479 480 542