「地獄少女」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

女子高生の市川美保は学校に馴染むことができず、孤独を抱えていた。ある日、大好きなアーティストのライブ会場で出会った少女・南條遥と意気投合する。しかし、コーラスオーディションを受けたことをきっかけに、2人の関係にヒビが入ってしまう。

地獄少女の作品情報

地獄少女

タイトル
地獄少女
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年11月15日(金)
上映時間
107分
ジャンル
ミステリー
ホラー
監督
白石晃士
脚本
白石晃士
製作
堂山昌司
松下智人
小竹里美
宮田昌広
平田樹彦
山口敏功
内藤和也
製作総指揮
久保忠佳
依田巽
キャスト
玉城ティナ
橋本マナミ
楽駆
麿赤兒
森七菜
仁村紗和
大場美奈
森勇作
製作国
日本
配給
ギャガ

地獄少女の作品概要

2005年にテレビアニメが公開され絶大な人気を誇った作品、『地獄少女』が遂に実写映画化されることになった。主人公の閻魔あいを演じたのは、数々の話題作に出演している女優の玉城ティナ。橋本マナミ、楽駆、麿赤兒がそれぞれ閻魔あいの使い魔を演じている。『貞子VS伽椰子』(16)や『不能犯』(18)を手がけた白石晃士が監督&脚本を務めており、映画オリジナルストーリーが描かれている。女子高生の間で密かに囁かれているウェブサイト「地獄通信」を軸に、人の恨みや地獄の恐ろしさを描いたストーリーになっている。

地獄少女の予告動画

地獄少女の登場人物(キャスト)

閻魔あい(玉城ティナ)
地獄少女として、ウェブサイト「地獄通信」から受けた依頼を遂行する。
骨女(橋本マナミ)
あいの使い魔。遊女の妖怪。身体の一部を白骨化させることができる。変装や男性への誘惑が得意。
一目連(楽駆)
あいの使い魔。刀の化身。特殊な「目」を使い、ターゲットに関する情報収集が主な仕事。
輪入道(麿赤兒)
あいの使い魔。車輪の妖怪。使い魔の中でもリーダー的存在。豊富な人生経験を生かして行動している。
市川美保(森七菜)
高校生。魔鬼というアーティストが好き。高校に馴染むことができず、友達がいない。

地獄少女のあらすじ(ネタバレなし)

午前0時に出現するウェブサイト「地獄通信」。そこに恨みしの者の名前を書き込むと地獄送りにしてくれるという噂が、女子高生達の間で密かに囁かれていた。

女子高生の市川美保は学校に馴染むことができず、孤独を抱えていた。そんなある日、大好きなアーティスト・魔鬼のライブで、南條遥という少女に出会う。美保と遥は意気投合し、親友と呼べるほど仲良くなっていった。

美保と遥は魔鬼のコーラスオーディションを受けるが、受かったのは遥だけだった。しかも、その日から遥の様子がおかしくなり、美保に対して冷たい態度を取るようになる。実は、魔鬼は遥を唆し、「儀式」の生贄にしようとしていた。美保は遥を奪い去ろうとしている魔鬼に恨みを募らせ、「地獄通信」にアクセスした。

地獄少女の感想・評価

大人気アニメの実写映画化!

『地獄少女』は2005年~2017年にかけてテレビアニメが放送されており、中高生を中心に人気を集めた作品である。時代劇『必殺シリーズ』の「法で裁けぬ晴らせぬ怨みを依頼者から引き受け、成敗する」を基本コンセプトとし、憎んでいる相手を地獄へ送る様子が描かれている。また、諺の「人を呪わば穴二つ」が作品に生かされており、憎んでいる相手だけではなく依頼を行った自分自身も代償を受け地獄へ落ちることになる。

テレビアニメ公開に先駆け、2005年から講談社の少女漫画雑誌『なかよし』で漫画が連載された。アニメと合わせて漫画も大きな話題を集め、シリーズ累計発行部数は320万部を突破している。ノベライズ化や舞台化も行われており、今なおファンから愛され続けている作品である。

玉城ティナが演じた閻魔あい

主人公の閻魔あいを演じたのは、ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルとして長年活躍していた玉城ティナ。近年、志尊淳が主演を務めた映画『劇場版 ドルメンX』(18)や藤原竜也が主演を務めた映画『Diner ダイナー』(19)など話題作に多数出演しており、女優として目覚ましい活躍を遂げている。閻魔あい独特の雰囲気が上手く表現されており、映画公開前から玉城の演技に大きな注目が集まっている。

閻魔あいの使い魔である輪入道を麿赤兒、一目連を楽駆、骨女を橋本マナミがそれぞれ演じている。高い演技力もあり見た目の雰囲気もキャラクターとピッタリと合っているため、『地獄少女』作品のファンも納得のキャスティングだと言える。

映画オリジナルのストーリー

本作は監督&脚本を手がけた白石晃士による、映画オリジナルストーリーが描かれている。『地獄少女』の核となる「晴らせぬ恨み」や「恨みを晴らした後の苦味」はそのままに、実写映画ならではの恐怖や依頼主の葛藤などが感じられるストーリーになっている。

エピソードは1つではなく、複雑に絡み合った複数のエピソードによってストーリーが作られている。アーティストに洗脳された親友を取り戻そうと奮闘する少女、ある悲劇に見舞われ復讐を果たそうとするアイドル、母の体験から「地獄少女」に興味を持つフリーのルポライター。彼らがどんな結末を迎えるのか、ハラハラする展開が待っている。人の内面にある怖さや地獄の恐ろしさを体感して欲しい。

地獄少女の公開前に見ておきたい映画

映画『地獄少女』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『地獄少女』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

劇場版 ドルメンX

玉城ティナの代表作。高木ユーナ原作の漫画を元に制作された作品。2018年にはドラマ化も行われており、日本テレビ系列でオリジナルストーリーが放送された。宇宙人達が平和的に地球を侵略しようと奮闘する様子が描かれている。玉城は志尊淳、浅香航大、小越勇輝、堀井新太と共に宇宙人を演じている。

宇宙人の隊長、イチイ、ニイ、サイは、地球人と戦うことなく地球を侵略しようとしていた。隊長達は仲間のヨイに誘われ、男性アイドルグループのライブ会場に足を運ぶ。彼らの放つオーラに衝撃を受けた隊長達は、アイドルになって地球を侵略することを思いつく。雑誌のコンテストに応募するが、予想よりも過酷な戦いが待ち受けていた。果たして、隊長達は無事にアイドルになり、地球を侵略することができるのだろうか!?

詳細 劇場版 ドルメンX

過ちスクランブル

橋本マナミの代表作。同僚の空山信介に思いを寄せている主人公・理沙が、妄想を拗らせて右往左往する様子が描かれているラブコメディー映画。橋本は信介と不倫しているかもしれない(?)大人な女性・相沢祥子を演じた。俳優の水谷豊と女優の伊藤蘭を両親に持つ趣里が主演を務めている。

インテリアコーディネート会社で働く君島理沙は、同僚の空山信介に密かに思いを寄せていた。ある日、大人の色気を漂わせた女性が現れる。その女性はクライアントの不動産会社社長・相沢洋二郎の妻である祥子だった。理沙は祥子と信介がこっそり会っていることを知ってしまう。不倫を疑った理沙は妄想を爆発させ、2人の仲を引き裂こうと奮闘した。理沙の恋の行方とは!?

詳細 過ちスクランブル

不能犯

白石晃士監督の代表作で、脚本も担当している。宮月新・原作、神崎裕也・作画による青年漫画を元に制作された作品。「立証不可能犯罪」を描いたサスペンス映画。松坂桃李がダークヒーローに挑戦し、マインドコントロールでターゲットを始末する男・宇相吹正を演じた。沢尻エリカが宇相を追う女刑事・多田友子を演じている。

東京では「電話ボックスの男」という都市伝説が存在していた。ある公園の公衆電話ボックスに殺したい相手の名前などを明記してメモを残しておくと、願いが叶えられるというものだった。杉並北警察署の刑事・多田友子は、新人の刑事・百々瀬麻雄と木島ファイナンスのある事件を調査していた。そんな中、木島社長が遺体となって発見される。監視カメラを確認すると、不審な若い男の姿が写っていた。

詳細 不能犯

地獄少女の評判・口コミ・レビュー

地獄少女のまとめ

ウェブサイト「地獄通信」を通じて依頼を受けた閻魔あいが、使い魔と共に標的を地獄へ送る様子が描かれている。標的だけでなく、代償として依頼主自身も地獄に落ちるのが作品の大きな特徴と言える。2005年からテレビアニメが放送され、現在もなおファンに愛され続けている。今回、満を持しての実写映画化となった。次世代ガールズバンドとして大きな注目を集めているGIRLFRIEND が書き下ろした楽曲『Figure』が主題歌に起用されている。作品と合わせて、ぜひ注目して欲しい。

この記事をシェアする