MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 4

「燃えよ!ピンポン」のネタバレあらすじ結末

燃えよ!ピンポンの概要:天才卓球少年だった男と、元中国代表選手だった中国マフィアのボスが戦うという、すごい設定のスポーツ・アクション・コメディ。中国マフィアのボスには、なぜかクリストファー・ウォーケンがキャスティングされており、怪しいチャイナ服を着て、怪演を見せている。

「ブーベの恋人」のネタバレあらすじ結末

ブーベの恋人の概要:1944年のイタリア中部トスカーナ州を舞台に、反ファシストの活動を続ける青年ブーベと、その恋人マーラの恋愛模様を描く。原作は、実際に起こった事件を基にした社会派の同名恋愛小説。無知な田舎娘が大人の女性へと成長していく姿をクラウディア・カルディナーレが好演している。

「スネーキーモンキー 蛇拳」のネタバレあらすじ結末

スネーキーモンキー 蛇拳の概要:ライバルの蛇拳一派を壊滅させようと目論む鷹牙拳一派は、蛇拳の達人の行方を追っていた。何も知らずに達人を助けたチェン・フーは、そのお礼に必殺の蛇拳を伝授してもらう。ジャッキー・チェンの出世作となった親しみやすいカンフー映画で、随所に笑いの要素が組み込まれている。

「永い言い訳」のネタバレあらすじ結末

永い言い訳の概要:20年も連れ添った妻を突然の事故で亡くした作家は、妻の死を悲しめない自分に戸惑い、罪滅ぼしをするように、妻の友人家族の面倒を見始める。妻の死に対照的な反応を示す2人の夫を、本木雅弘と竹原ピストルが熱演している。西川美和監督作品。

「グッドモーニングショー」のネタバレあらすじ結末

グッドモーニングショーの概要:朝のワイドショーのメインキャスター・澄田真吾は、立てこもり事件の犯人に現場へ来ることを要求され、銃を持った犯人と対峙する。テレビの裏側を熟知する君塚良一が監督と脚本を務めており、ワイドショーの舞台裏が、リアルに再現されている。

「マグニフィセント・セブン」のネタバレあらすじ結末

マグニフィセント・セブンの概要:アントワーン・フークワ監督が、黒澤明監督の「七人の侍」(54)と、そのリメイク版であるジョン・スタージェス監督の「荒野の七人」(60)へのリスペクトを込めて製作した西部劇。リーダー役に黒人のデンゼル・ワシントンを起用し、他のメンバーも様々な人種で構成されている。迫力あるアクションシーンは見応え十分。

「ダーティ・グランパ」のネタバレあらすじ結末

ダーティ・グランパの概要:元特殊工作員の破天荒な祖父と、真面目な弁護士の孫が繰り広げるロード・ムービー。下ネタてんこ盛りのどこまでもくだらない話で、あまりのくだらなさに思わず笑ってしまうという作品。ロバート・デ・ニーロが、心底ふざけたじいさんを、楽しそうに演じている。

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」のネタバレあらすじ結末

マダム・フローレンス! 夢見るふたりの概要:究極の音痴でありながら、由緒あるカーネギーホールでコンサートをし、伝説の歌姫となったフローレンス・フォスター・ジェンキンスの実話を映画化した作品。メリル・ストリープが音痴に歌う訓練をして、フローレンス役を熱演。夫役のヒュー・グラントと伴奏者役のサイモン・ヘルバーグの存在も光っている。

「ブロークン 過去に囚われた男」のネタバレあらすじ結末

ブロークン 過去に囚われた男の概要:過去に愛した女性の幻影に囚われ、前に進めなくなった男が、囚われていた過去と決別し、新しい人生を歩み始めるまでを描いたヒューマンドラマ。主人公を演じたアル・パチーノの独壇場とも言える作品で、アル・パチーノが登場しないシーンがほとんどない。

「ミス・シェパードをお手本に」のネタバレあらすじ結末

ミス・シェパードをお手本にの概要:イギリスの著名な劇作家のアラン・ベネットが、自分の経験をもとに書き上げたほぼ実話の物語。「ハリー・ポッター」シリーズのマクゴナガル先生役でおなじみのマギー・スミスが、気高いホームレの“ミス・シェパード”になりきって、素晴らしい演技を見せている。

1 2 3 4 5 6 7 445