ヒューマンドラマ映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 144

ヒューマンドラマ映画一覧

「スパルタカス」あらすじとネタバレ感想

スパルタカスの概要:「スパルタカス」(原題:Spartacus)は、1960年のアメリカ映画。監督は「現金に体を張れ」、「突撃 」のスタンリー・キューブリック。主演は前作「OK牧場の決斗」、キューブリック監督の「突撃 」に出演したカーク・ダグラス。尚、カーク・ダグラスは本作で制作総指揮も務めている。共演者に「ハムレット」、「リチャード三世」のオスカー俳優、ローレンス・オリヴィエ。「野郎どもと女たち」の女優ジーン・シモンズ。「ヘンリー八世の私生活」でオスカーに輝いたチャールズ・ロートン。本作でアカデミー賞助演男優賞に輝いたピーター・ユスティノフ。「お熱いのがお好き」のトニー・カーティスなど。

「インビクタス 負けざる者たち」のネタバレあらすじ結末と感想

インビクタス 負けざる者たちの概要:反体制派として刑務所に収監されていたネルソン・マンデラが解放され、大統領に就任した南アフリカ共和国。権利の拡大を期待した黒人はマンデラを歓迎し、社会から追いやられることを危惧した白人は事態を悲観する。しかし、マンデラが真に望んでいたのはそのどちらでもなく、人種を超えた調和だった。

「おじいちゃんの里帰り」あらすじとネタバレ感想

おじいちゃんの里帰りの概要:トルコからドイツに移民した、あるトルコ人家族の半世紀にも及ぶ感動の家族ドラマ。監督は、トルコ系ドイツ人女性、ヤセミン・サムデレリ。主演の祖父を演じるのは、ヴェダット・エリンチン。脚本は実妹スネリンと共同執筆。馴染みない異国の歴史と家族の苦悩をおとぎ話のように語る手法が胸に染み入る。

「チョコレートドーナツ」あらすじとネタバレ感想

チョコレートドーナツの概要:全米の映画祭が絶賛!!日本での公開後も、ミニシアターでありながら口コミでヒット。ゲイカップルとダウン症と言うシビアな題材ながら、魂を揺さぶる感動作。『トーチソング・トリロジー』と並ぶゲイ映画史上の傑作。

「フェイク」のネタバレあらすじ結末と感想

フェイクの概要:FBIの特別捜査官ジョー・ピストーネの実話に基づいて製作されたマフィア映画。ジョニー・デップは特別捜査官の葛藤や心情変化を繊細に演じ、アル・パチーノは人間臭い三枚目のマフィアを豪快に泥臭く演じている。派手さはないが、じわじわくる秀作。

「風と共に去りぬ」あらすじとネタバレ感想

風と共に去りぬの概要:「風と共に去りぬ」(原題:Gone with the Wind)は、1939年のアメリカ映画。アメリカの小説家マーガレット・ミッチェルの同タイトルの原作を映画化した作品。監督は「宝島」「オズの魔法使」のヴィクター・フレミング。主演のスカーレット・オハラ役に、本作でオスカーに輝いたヴィヴィアン・リー。レット・バトラー役にクラーク・ゲーブル。1939年の第12回アカデミー賞で13部門にノミネートされ、8つのオスカーに輝いている。222分

「単騎、千里を走る。」あらすじとネタバレ感想

スコーピオン・キングの概要:「単騎、千里を走る」(中国語題:千里走単騎)は、2006年の中国・日本合作映画。監督は中国スタッフが「LOVERS」の 張芸謀(チャン・イーモウ) 。日本スタッフは「鉄道員(ぽっぽや)」、「ホタル」などで多くの高倉健作品を手がけた降旗康男(ふるはた・やすお)。主演は高倉健。共演者に中国側から邱林(チュー・リン)、李加民(リー・ジャーミン)楊楊 (ヤンヤン)。日本側からは寺島しのぶ。中井貴一 (声のみ出演)。

「オール・アバウト・マイ・マザー」あらすじとネタバレ感想

オール・アバウト・マイ・マザーの概要:「オール・アバウト・マイ・マザー」(英題: All About My Mother)は、1999年のスペイン映画。監督は「神経衰弱ぎりぎりの女たち」のペドロ・アルモドバル。主演は「バチ当たり修道院の最期」のセシリア・ロス。共演はマリサ・パレデス、ペネロペ・クルス。

1 141 142 143 144 145 146 147 152