西部劇映画 | MIHOシネマ - Part 2

西部劇映画一覧

「シェーン」のネタバレあらすじ結末

シェーンの概要:強欲な牧場主に苦しめられている入植者の家族と出会った流れ者のシェーンは、慎ましく暮らす一家の幸せを守るため、自ら殺し屋に立ち向かう。“シェーン!カムバーック!”と少年が叫ぶラストシーンは、あまりにも有名。勧善懲悪が貫かれた西部劇の名作。

「明日に向って撃て!」のネタバレあらすじ結末

明日に向って撃て!の概要:実在のお尋ね者ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの実話を描いた西部劇。ウィリアム・ゴールドマンの秀悦な脚本とジョージ・ロイ・ヒル監督の斬新な演出が高く評価され、映画史に残る傑作のひとつとなった。ブッチとサンダンスを演じたポール・ニューマンとロバート・レッドフォードも最高にかっこいい。

「復讐のダラス(怒りの用心棒)」のネタバレあらすじ結末

復讐のダラス(怒りの用心棒)の概要:奴隷解放のため、各地を遊説して回る合衆国大統領。彼は危険を顧みず反奴隷解放が根強い町、テキサスのダラスを目指した。合衆国大統領の命を狙う南部軍の残党や、利権の獲得を狙った州知事に銀行家。それぞれの思惑がダラスで渦巻いた。

「荒野の七人」のネタバレあらすじ結末

荒野の七人の概要:黒澤明監督の「七人の侍」をジョン・スタージェス監督が西部劇としてリメイクした作品。7人の屈強なガンマンが盗賊に泣かされている貧しい農村を救う。銃を手にした男たちの信念と悲哀がかっこよく描かれており、後にシリーズ化されて第4作まで作られた。

「三人の名付親」のネタバレあらすじ結末

三人の名付親の概要:ならず者の三人が砂漠に取り残された赤ちゃんの名付け親となり、“立派に成長するまでこの子を育てる”という母親との約束を守るため、過酷な砂漠地帯を進んで行く。命がけで小さな命を守ろうとする男たちの姿が感動的な西部劇。1948年公開のアメリカ映画。

「ハチェット無頼」のネタバレあらすじ結末

ハチェット無頼の概要:賞金稼ぎのマンナーヤは、かつて父から土地と命を奪い、自分の村を失意に陥れた男、マッゴーワンを捜していた。マッゴーワンの治める村に着いたマンナーヤは、そこで自分の村のように荒れ果てた光景を目にした。

1 2 3