映画『バーバラと心の巨人』のあらすじ・感想・評価(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「バーバラと心の巨人」のあらすじ・感想・評価(ネタバレなし)

いつもウサギの耳をつけている風変わりな少女バーバラは、自分だけに見える恐ろしい巨人から町を守るため、孤独な戦いを続けている。バーバラを襲う巨人の正体とは?多感な少女の悲しみと再生を描いた感動の成長物語。

バーバラと心の巨人の作品情報

バーバラと心の巨人

タイトル
バーバラと心の巨人
原題
I Kill Giants
製作年
2017年
日本公開日
2018年10月12日(金)
上映時間
106分
ジャンル
ファンタジー
ヒューマンドラマ
監督
アンダース・ウォルター
脚本
ジョー・ケリー
製作
クリス・コロンバス
マイケル・バーナサン
ジョー・ケリー
ニック・スパイサー
キム・マグヌッソン
エイドリアン・ポリトウスキー
製作総指揮
マーク・ラドクリフ
ジャスティン・ナッピ
ジョハンナ・ホールデン
ナディア・カムリッチ
ジル・ワテルケン
ジェームズ・ギブ
ゴードン・ピュー
キャスト
マディソン・ウルフ
イモージェン・ブーツ
シドニー・ウェイド
ロリー・ジャクソン
ゾーイ・サルダナ
製作国
アメリカ
配給
REGENTS
パルコ

バーバラと心の巨人の作品概要

自分にだけ見える巨人と戦う、ちょっと風変わりな少女バーバラの苦悩と再生を描いたファンタジックな成長物語。原作は『ベイマックス』(14)のキャラクターデザインを手がけたジョー・ケリーのグラフィックノベル『I KILL GIANTS』。『HELIUM(原題)』(13)で第86回アカデミー賞短編賞を受賞した経歴を持つ実力派のアンダース・ウォルターが、本作で長編監督デビューを果たす。製作には『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)や『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(02)で監督・製作を務めたクリス・コロンバスが参加している。

バーバラと心の巨人の予告動画

バーバラと心の巨人の登場人物(キャスト)

バーバラ(マディソン・ウルフ)
いつも頭にウサギの耳をつけている、ちょっと風変わりなメガネ女子。自称“巨人ハンター”。バーバラだけに見える恐ろしい巨人がいて、1人でその巨人と戦っている。学校では浮いた存在で、兄からもオタク呼ばわりされている。
モル先生(ゾーイ・サルダナ)
バーバラの学校に赴任してきたスクールカウンセラー。バーバラのおかしな行動に気づき、現実を見るよう説得する。
カレン(イモージェン・プーツ)
バーバラの姉。弟と妹の世話や家事を全てこなしているため、バーバラの話をゆっくり聞いてやる余裕がない。
ソフィア(シドニー・ウェイド)
イギリスのリーズからバーバラの町に引っ越してきた転校生。バーバラの行動に興味を持ち、自ら声をかける。

バーバラと心の巨人のあらすじ(ネタバレなし)

頭にウサギの耳をつけたメガネ女子のバーバラは、巨人が町を襲いに来ると信じて、たったひとりで町を守ろうとしている。この町の人は誰も気づいていないが、恐ろしい巨人はすぐそこまで来ており、バーバラの大切なものを奪おうとしていた。しかし、巨人は他の人には見えないので、周囲の人々はバーバラのことを変な子だと思っていた。

そんなある日、転校生のソフィアがバーバラの行動に興味を示し、声をかけてくる。新しく赴任してきたスクールカウンセラーのモル先生も、学校で孤立しているバーバラのことを気にかけ、カウンセリングを受けるよう勧める。しかし、バーバラはソフィアやモル先生の好意を拒絶し、自分の世界から出ようとしない。それでも、ソフィアが根気よく話しかけてくれたので、バーバラも彼女にだけは心を許し、巨人のことを打ち明ける。

一方で、巨人を倒そうとするバーバラの行動はエスカレートしていき、周囲の人たちを困惑させる。モル先生に「巨人なんていない、現実から目を逸らさないで」と忠告されるが、バーバラは強く反発し、嵐の中へ飛び出していく。そんな彼女の目の前に、恐ろしい巨人が迫ってくる。

バーバラと心の巨人の感想・評価

「心の巨人」とは一体何か

バーバラは繊細な心を持つ空想力豊かな少女で、自らを“巨人ハンター”と位置づけ、彼女だけに見える巨人と戦っている。『バーバラと心の巨人』というタイトルからもわかるように、巨人はバーバラの心の中だけに存在する空想の産物だ。バーバラの中では、その巨人がいつか町を襲い、自分の大切なものを奪っていくのだというストーリーができていて、そうさせないために、彼女は独自の方法で巨人対策をしている。バーバラは“恐ろしい巨人がいる”と思い込むことで、受け入れがたい現実から逃避している。それでは、彼女がどうしても受け入れたくない現実とは何を指すのか?それがこの物語の鍵となる。

オフィシャルサイトのストーリーには「ソフィアは、決してバーバラが上がろうとしない2階のある部屋で、バーバラが避けてきたものを目撃してしまう」とある。どうやらバーバラは、自宅の2階の部屋にある現実を封印するために、巨人が襲撃してくるという妄想の中に逃げ込んでいるようだ。その現実が何かを記すことはできないが、「心の巨人」とは、バーバラの自己防衛本能が生み出した彼女の守護神なのかもしれない。

悲しいだけの物語ではない

過酷な現実に直面した少女が、空想世界に救いを求めるという世界観は、ギレルモ・デル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』(06)を彷彿とさせる。ただ、本作は『パンズ・ラビリンス』まで重い内容ではなく、倫理区分も「G」(ちなみに『パンズ・ラビリンス』は小学生には助言・指導が必要な「PG12」)なので、小さい子供も安心して見られる。

子供時代、様々なことを空想して、飽きることなく遊んだ記憶は誰にでもあるはず。いわゆる“ごっこ遊び”をする時、ジャングルジムは大海を漂う船に早変わりして、海となった地面には、恐ろしいサメがウヨウヨしていた。地面に落ちたらサメに食べられてしまうと思うと、心臓がバクバクしたものだ。バーバラも豊かな空想力を駆使して、大真面目に“巨人ハンターごっこ”をしているのだと思って欲しい。そういう見方をすると、自分の決めたルールを守り、巨人ハンターとして頑張っているバーバラの奮闘もどこか微笑ましい。そして何より、この物語にはちゃんと救いがある。大人でも子供でも、生きていれば避けようのない悲しい現実に直面する時が必ず来る。その試練を乗り越えることで人は成長し、思いやりや慈しみの心を育てていくのだ。本作はバーバラという多感な少女の成長を通して、大切なことを私たちに教えてくれる。

スタッフとキャストには実力派が勢ぞろい

そんな本作をプロデュースするのは、スティーブン・スピルバーグに脚本家としての才能を見出され、『グレムリン』(84)や『グーニーズ』(85)などの脚本を手がけたクリス・コロンバス。彼は監督としても『ホーム・アローン』(90)や『ミセス・ダウト』(93)といった大ヒット作を生み出している。さらに、『ハリー・ポッター』シリーズにも監督や製作として関わっているのだからすごい。

本作の脚本を手がけたのは、原作者でもあるジョー・ケリーで、彼も『ベイマックス』(14)や『デッドプール』シリーズなどの大ヒット作に貢献してきた経歴の持ち主。本作で長編初監督を務めるアンダース・ウォルター監督は、短編監督作品ではアカデミー賞を受賞している実力派で、脚本の魅力を最大限に引き出す演出に成功している。

主人公のバーバラを演じるのは、『死霊館 エンフィールド事件』(16)で迫真の演技を見せたマディソン・ウルフで、今後の活躍が大いに期待されている注目株。バーバラを支えるスクールカウンセラーのモル先生には、世界興行収入歴代1位を記録した『アバター』(09)でヒロイン・ネイティリを演じたゾーイ・サルダナがキャスティングされている。まさにスタッフもキャストも最強の布陣であり、本作への期待は高まる。

バーバラと心の巨人の公開前に見ておきたい映画

映画『バーバラと心の巨人』の公開前に見ておきたい映画をピックアップしています。『バーバラと心の巨人』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

パンズ・ラビリンス

1944年、内戦後のスペイン。少女オフェリア(イバナ・バケロ)の父親は内戦で亡くなり、母親はスペイン独裁政権の陸軍大尉ヴィダルと再婚して、オフェリアの弟を妊娠する。出産を前に、母娘は森の中にある砦に移動し、ヴィダルの側で暮らし始める。冷酷なヴィダルにも砦での暮らしにも馴染めないオフェリアは、幻想の世界へ逃げ込み、迷宮の番人“パン”と出会う。パンに「あなたは地平の王国の姫君だ」と告げられたオフェリアは、3つの試練を果たして、病気も苦しみもない地底の王国へ行こうとするのだが…。

メキシコ出身のギレルモ・デル・トロが監督・脚本を手がけたダーク・ファンタジーで、スペイン内戦を描いた戦争映画にもなっている。おとぎ話などの本が大好きなオフェリアは、過酷な現実の中で、妖精や迷宮の番人パンといった幻想を見るようになる。とてもファンタジックな話に思えるが、ダグ・ジョーンズの演じるパンは薄気味悪いし、幻想世界のキャラクター全般がグロテスクで、そこはかとない恐怖を感じる。さらに、現実世界での暴力描写も強烈なので、子供が見るには少々ハードルが高い。その分、大人には見応えのある内容になっており、デル・トロ監督の描き出す映像世界も恐ろしくて美しい。

詳細 パンズ・ラビリンス

ネバーエンディング・ストーリー

バスチアン(バレット・オリバー)は、母親を亡くしてから何もやる気が起きず、本ばかり読んでいる。ある日、バスチアンは、いじめっ子に追いかけられて逃げ込んだ本屋で、「ネバーエンディング・ストーリー」という本を手に入れる。その本を読み始めたバスチアンは、物語の主人公“勇者アトレーユ”(ノア・ハサウェイ)と共に、ファンタージェンと呼ばれる不思議な世界を冒険することになるのだが…。

ミヒャエル・エンデの小説『はてしない物語』を実写映画化した作品で、大人から子供まで楽しめるファンタジー・アドベンチャー。物語の舞台となる“ファンタージェン”は、“無”と呼ばれる正体不明の何かに侵食され、崩壊の危機に瀕している。勇者アトレーユは、ファンタージェンを救うための旅に出て、様々な困難に直面する。そして、バスチアンは本を読み進めていくうちに、自分がこの物語と深く関わっていることに気づいていく。誰の心の中にもファンタージェンが存在していて、夢や希望を失わない限り、はてしない物語は続いていくのだというストーリーは、普遍的な冒険物語になっている。

詳細 ネバーエンディング・ストーリー

アリス・イン・ワンダーランド

かつて不思議の国を冒険したアリス・キングレー(ミワ・ワシコウスカ)は19歳になり、金持ちの婚約者からプロポーズされる。しかし、アリスは結婚する気になれず、婚約パーティーの場から逃げ出す。その直後、服を着たウサギを追いかけて穴に落下したアリスは、13年ぶりに不思議の国へ迷い込む。マッドハッター(ジョニー・デップ)たち不思議の国の住人は、この国を邪悪な赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)から救ってくれる救世主アリスの帰還を喜ぶ。しかし、アリスは昔の記憶を失っており、かつての勇敢な少女とは別人のような臆病者になっていた…。

不朽の名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』(ルイス・キャロル著)の後日談を描いた新しい物語を、ティム・バートン監督が実写映画化した作品。19歳になったアリスが、13年ぶりに訪れた不思議の国で、赤の女王と白の女王の戦いに巻き込まれていく。ディズニーの長編アニメーション『ふしぎの国のアリス』(51)と違って、アリスが年頃の娘に成長しているので、彼女の心の葛藤が物語の鍵となる。マッドハッター、赤の女王、芋虫のアブソレムなど、不思議の国のキャラクターたちの造形も面白く、ティム・バートン監督らしい映像世界が楽しめる。

詳細 アリス・イン・ワンダーランド

バーバラと心の巨人のレビュー・評判・口コミ

随時更新予定

バーバラと心の巨人のまとめ

空想の中だけで生きることは危険だが、豊かな空想力は時に現実の過酷さを和らげ、人生の救いになってくれる。現実と空想の境目を見極め、両方の世界をバランス良く持ち続けることができたら、人はとても強くなれるはずだ。バーバラはまだそれができなくて、空想の世界で迷子になってしまうが、そんな経験は誰にでもある。バーバラが必死で心の巨人と向き合い、人生の試練を克服していく姿に、私たちは自分の過去や未来を重ね、心を揺さぶられることだろう。少女バーバラの成長を、ぜひ劇場で見守ってあげて欲しい。

この記事をシェアする