フィルム・ノワール映画 | MIHOシネマ - Part 7

フィルム・ノワール映画一覧

「復讐するは我にあり」あらすじネタバレ結末と感想

復讐するは我にありの概要:実際に起こった「西口彰連続殺人事件」を題材に佐木隆三が書いた同名の長編小説を今村昌平監督が映画化。1979年に公開。主人公の殺人犯を演じた緒形拳をはじめ、キャスト陣の迫真の演技が骨太な今村作品を盛り立てた見応えある一本。

「ロード・トゥ・パーディション」のネタバレあらすじ結末と感想

ロード・トゥ・パーディションの概要:マフィア仲間に最愛の妻と息子を殺された殺し屋は、生き残った息子を守りながら、そのマフィアへの復讐を果たす。非情なマフィアの抗争と、その中で深まっていく親子の情愛が並行して描かれており、見応えのあるヒューマンドラマになっている。

「ノーカントリー」のネタバレあらすじ結末と感想

ノーカントリーの概要:麻薬の密売に関わる大金を手にした男は、最強に冷酷な殺し屋に追われる。しかし男も逃亡を続け、殺し屋の手によって数多くの人が殺害されていく。コーエン兄弟によるかなり強烈なバイオレンス映画。各国で高く評価され、多くの映画賞を受賞した。

「チェイサー(2008)」のネタバレあらすじ結末と感想

チェイサー(2008)の概要:韓国で実際に起きた凄惨な連続殺人事件を基にして作られた衝撃作。この作品で長編映画デビューを果たしたナ・ホンジン監督の名は、一躍世界に知れ渡った。巧みな脚本とキャストの熱演も素晴らしく、壮絶な暴力描写を含めて完成度の高い作品。

「ユージュアル・サスペクツ」のネタバレあらすじ結末と感想

ユージュアル・サスペクツの概要:面通しで集められた常連の容疑者たち(ユージュアル・サスペクツ)は、正体不明の裏社会の大物カイザー・シガーの指令により、麻薬密売船を襲うことになる。しかしそこには予想不可能な展開が待ち受けていた。巧妙な脚本が大絶賛された珠玉のサスペンス。

「パルプ・フィクション」のネタバレあらすじ結末と感想

パルプ・フィクションの概要:クエンティン・タランティーノ監督が原案と脚本も務めた群像劇。巧みなストーリー展開とセリフの面白さが評価され、アカデミー賞脚本賞を受賞した。奇想天外な物語の端々に、クエンティン・タランティーノ監督のマニアックな趣味が垣間見えて楽しい。

「フェイク」のネタバレあらすじ結末と感想

フェイクの概要:FBIの特別捜査官ジョー・ピストーネの実話に基づいて製作されたマフィア映画。ジョニー・デップは特別捜査官の葛藤や心情変化を繊細に演じ、アル・パチーノは人間臭い三枚目のマフィアを豪快に泥臭く演じている。派手さはないが、じわじわくる秀作。

1 4 5 6 7 8