映画『名探偵ピカチュウ』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「名探偵ピカチュウ」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

ティムの父のハリーは、ポケモンに関する事件を追って家に帰って来なくなった。そんなある日、ハリーの同僚だったヨシダ警部補が訪ねてきて、父の死を知らされる。ティムはライムシティにある父の部屋を訪れ、ポケモンのピカチュウと出会う。

名探偵ピカチュウの作品情報

名探偵ピカチュウ

タイトル
名探偵ピカチュウ
原題
Pokemon Detective Pikachu
製作年
2019年
日本公開日
2019年5月3日(金)
上映時間
不明
ジャンル
サスペンス
アドベンチャー
監督
ロブ・レターマン
脚本
ロブ・レターマン
ニコール・パールマン
製作
不明
製作総指揮
不明
キャスト
ジャスティス・スミス
キャスリン・ニュートン
渡辺謙
ビル・ナイ
リタ・オラ
スキ・ウォーターハウス
ライアン・レイノルズ
製作国
アメリカ
配給
東宝

名探偵ピカチュウの作品概要

ニンテンドー3DSで人気のゲームソフト『名探偵ピカチュウ』を元に制作された作品。『デッドプール シリーズ』で主演を務めたライアン・レイノルズがピカチュウの声を担当し、『ジュラシック・ワールド 炎の王国』で一躍有名になったジャスティス・スミスが主演を務めている。また、日本人俳優の渡辺謙が、主人公の父の元同僚刑事役で出演している。ピカチュウ以外にも、ミュウツーを始めとした様々なポケモンが登場する。ポケモンファン必見の作品となっている。

名探偵ピカチュウの予告動画

名探偵ピカチュウの登場人物(キャスト)

ティム(ジャスティス・スミス)
父のハリーがポケモンに関する事件の捜査の過程で家に帰って来なくなる。そのことをきっかけに、ポケモンと関わらないようになった。ピカチュウが話す言葉を理解できる。
ルーシー(キャスリン・ニュートン)
新米記者。ティムの手助けをする。ライムシティで起きている事件を追っている。
ヨシダ警部補(渡辺謙)
ライムシティの刑事。ハリーの元同僚。ティムのことを気にかけている。ハリーの死をティムに伝えた。
ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)
名探偵。ハリーの相棒。事故によって記憶を失っているが、ハリーがまだ生きていることを確信している。

名探偵ピカチュウのあらすじ(ネタバレなし)

子供の頃のティムの夢は、ポケモントレーナーだった。だが、父のハリーがポケモンに関する事件を追って家に帰って来なくなったことをきっかけに、ポケモンから遠ざかるようになった。月日が流れ、青年になったティムの元に、ハリーの同僚だったヨシダ警部補がやってくる。ヨシダ警部補はハリーが亡くなったことを伝えた。

ティムは父が暮らしていたライムシティに向かった。ライムシティは人間とポケモンが共存している街だった。ティムは父の部屋に行き、ポケモンのピカチュウに出会う。ピカチュウは人間の言葉を話した。ティムは驚くが、ピカチュウの言葉は他の人には通じなかった。

ピカチュウはハリーの相棒だったが、事故によって記憶を失っていた。そんな状況にも関わらず、ハリーがまだ生きていると確信していた。ピカチュウはティムに、ハリーを一緒に探すことを提案した。

名探偵ピカチュウの感想・評価

ニンテンドー3DSで人気のゲーム

『名探偵ピカチュウ』は元々ニンテンドー3DS用に発売されたソフトで、『ポケットモンスターシリーズ』で人気のピカチュウと一緒に謎を解くアドベンチャーゲームとなっている。「中年男性の声で話すピカチュウ」というイメージの元に制作が行われており、ゲーム版では『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング役を担当している大川透が声を担当している。

本作の字幕版ではそんなピカチュウの声を、『デッドプール シリーズ』でお馴染のライアン・レイノルズが担当している。『ポケットモンスター シリーズ』を親しんでいる人にとっては、渋い声に違和感を感じるかもしれない。しかし、『ポケットモンスター シリーズ』では見ることができない表情豊かなピカチュウが描かれているため、ライアン・レイノルズの声がマッチしていることに納得すると思う。渋い表情のピカチュウは公開前からも大きな話題を呼んでおり、新たなピカチュウの魅力を引き出している。

これからの活躍が期待される、若手俳優ジャスティス・スミス主演作

名探偵ピカチュウの相棒でありポケモンに対して複雑な思いを抱く青年・ティムを演じたのは、ジャスティス・スミスである。日本での知名度はまだ低いが、『ジュラシック・ワールド 炎の王国』(18)の出演やNetflixのオリジナルドラマで主演を務めるなど、着実に俳優としてのキャリアを積み重ねている人物である。

本作で監督を務めたのは、『モンスターVSエイリアン』(09)などのアニメーション作品の監督・脚本を担当していることで有名なロブ・レターマンである。彼は『ガリバー旅行記』(11)などの実写作品なども手掛けるようになり、満を持して本作の監督を担当することになった。本作は実写とCGを上手く組み合わせて作られているため、アニメーションと実写の両方を手がけたことがあるロブ・レターマンにとってぴったりの作品と言える。

『ポケットモンスターシリーズ』で人気のキャラクターが多数出演

本作品に登場する『ポケットモンスター シリーズ』のキャラクターは、ピカチュウだけではない。リザードン、コダック、イーブイなどなど、人気のキャラクターが多数出演している。戦闘シーンもあり、アニメやゲームとはまた一味違った迫力ある作品になっている。リザードン達がどのような形で物語に関わって来るのか、ぜひ注目してもらいたい。

日本人俳優の渡辺謙が、ヨシダ警部補役で出演している。ヨシダ警部補は主人公ティムの父の元同僚で、ティムのことを気にかける男性として物語に関わってくる。渡辺は舞台『王様と私』で「トニー賞・ミュージカル部門主演男優賞」にノミネートされるなど、高い演技力に定評がある俳優である。本作での渡辺の演技にもぜひ期待してもらいたい。

名探偵ピカチュウの公開前に見ておきたい映画

映画『名探偵ピカチュウ』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『名探偵ピカチュウ』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ガリバー旅行記

ロブ・レターマン監督の代表作。ジョナサン・スウィフト原作の風刺小説を元に制作されている。主演を務めたのは、数々のコメディ作品に出演してきたアメリカ出身の俳優ジャック・ブラック。『シュレック』(01)の脚本を担当したジョー・スティルマンと『コウノトリ大作戦!』(16)の監督・脚本・制作を担当したニコラス・ストーラーが、脚本を共同執筆している。

ガリバーはニューヨークの新聞社で郵便係として働いていた。彼は記者になりたいという大きな夢を持っていたが、努力をしないちっぽけな人間だった。ある日、盗作をして記事を書いたガリバーは、思い人のダーシーに見せた。すると、バミューダ・トライアングルの取材を依頼される。ガリバーは記事を書くため、旅立った。バミューダ・トライアングルには異次元の入り口が隠されているという伝説があった。

詳細 ガリバー旅行記

ジュラシック・ワールド 炎の王国

2015年に公開された『ジュラシック・ワールド』の続編となる作品。ジャスティス・スミスは主要人物の1人であり、恐竜保護グループに所属しているフランクリン・ウェブを演じている。フランクリンの日本語吹き替えを担当したのは、俳優の満島真之介。前作とは監督が変わっており、スペイン出身のJ・A・バヨナが担当している。

イスラ・ヌブラル島にある火山が噴火し、島で暮らす恐竜達が危機に晒される。恐竜保護グループ「GDP」は恐竜達を救うため、旧ジュラシック・パークを建設したジョン・ハモンドの旧友であり仕事のパートナーだったベンジャミン・ロックウッドに協力を求めた。さらに、ヴェロキラプトルのブルーを捕獲するため、ジュラシック・ワールドの恐竜監視員だったオーウェン・グレイディも捜索隊に加わることになった。だが、島で予想外の事態が起こる。

詳細 ジュラシック・ワールド 炎の王国

デッドプール

ライアン・レイノルズの代表作。作品の主演を担当している他に、制作にも携わっている。漫画出版社「マーベル・コミック」から発売されている『X-MEN』を元に制作されているスピンオフ作品。2018年には続編となる『デッドプール2』が公開されており、シリーズを通して大ヒットを記録した。

傭兵のウェイド・ウィルソンは、末期癌を患っていた。そんなある日、バーで出会った男に癌の治療を提案される。その治療とは人体実験で、酷い苦痛を伴うものだった。ウェイドは愛する恋人を守るため、実験に耐えた。そして、驚異的な治癒能力を手に入れる。だがその代わり、皮膚は焼け爛れたようにボロボロになってしまう。ウェイドは恋人の元に戻ることを諦め、盲目の老婆の家に身を寄せた。

詳細 デッドプール

名探偵ピカチュウの評判・口コミ・レビュー

名探偵ピカチュウのまとめ

子供に大人気のポケットモンスターのピカチュウだが、本作は子供だけではなく大人も楽しめる作品に仕上がっている。主人公のティムにとってはピカチュウが渋い声で話しているように聞こえるが、他の人には「ピカピカ」といつもの可愛らしい声で話すように聞こえている。そして、アニメ版のピカチュウとは一味違い、くしゃっとした顔や眉間に皺を寄せた表情など人間味溢れるピカチュウが楽しめる。今までのピカチュウのイメージを覆すような、衝撃的なギャップが魅力的な作品となっている。

この記事をシェアする