ジブリ映画 | MIHOシネマ

ジブリ映画一覧

「メアリと魔女の花」のネタバレあらすじ結末と感想

メアリと魔女の花の概要:スタジオジブリで映画作りを学んだ米林宏昌監督と西村義明プロデューサーが、新たに設立したスタジオポノックで初めて製作した長編アニメーション。ジブリ作品の影響を強く感じる仕上がりになっており、エンドロールでも「感謝 高畑勲 宮崎駿 鈴木敏夫」というクレジットが流れる。

「風の谷のナウシカ」のネタバレあらすじ結末と感想

風の谷のナウシカの概要:スタジオジブリの前身となるトップクラフトで原作・脚本・監督を宮崎駿、製作を高畑勲が務めて作られた長編アニメ映画。スタジオジブリの代表取締役であり名物プロデューサーとしても有名な鈴木敏夫も製作委員会側でこの作品を支えている。テレビ放送されるたびに高視聴率を記録する名作中の名作。

「崖の上のポニョ」のネタバレあらすじ結末と感想

崖の上のポニョの概要:「ポーニョポニョポニョさかなの子〜」という可愛い主題歌が大ヒットしたが、作品そのものは複雑な世界観を抱えた不気味さを秘めている。ストーリーとキャラクター設定に謎が多く都市伝説的な解釈も横行しているが、その真意は宮崎駿監督にしかわからない。

「紅の豚」のネタバレあらすじ結末と感想

紅の豚の概要:第一次世界大戦でイタリア空軍のエースパイロットだったポルコ。しかしその後のファシスト政党に嫌気が指した彼は自分の姿を魔法で豚に変えて賞金稼ぎとしてアドリア海で暴れまわる空賊連合を相手にしていた。そんな時、空賊はポルコ対策に助人としてカーチスを雇う。

「となりのトトロ」のネタバレあらすじ結末と感想

となりのトトロの概要:田舎へ引っ越して来たサツキとメイの元気な姉妹は「トトロ」という不思議な生き物と出会う。トトロやネコバスといった宮崎駿監督らしい個性的なキャラクターが子供たちに愛され、トトロ関連のキャラクターグッズは大人気となる。トトロの横顔はスタジオジブリのシンボルマークにもなっている。

「魔女の宅急便」のネタバレあらすじ結末と感想

魔女の宅急便の概要:魔女修行に出た13歳のキキは、挫折を経験しながら少しずつ成長していく。角野栄子の同名児童文学を原作としたスタジオジブリの長編アニメーション。宮崎駿監督は、魔女のキキを誰にでも共感しやすい普通の少女として描いており、その狙いが的中して映画は大ヒットした。

1 2