ラブストーリー映画 | MIHOシネマ - Part 60

ラブストーリー映画一覧

「奥さまは魔女」あらすじとネタバレ感想

奥さまは魔女の概要:「奥さまは魔女」(原題:Bewitched)は、2005年のアメリカ映画。監督は「めぐり逢えたら」、「ユー・ガット・メール」のノーラ・エフロン。主演には「めぐりあう時間たち」、「コールド マウンテン」のオスカー女優、ニコール・キッドマン。共演には「オースティン・パワーズ」、「俺たちニュースキャスター」のウィル・フェレル。「アパートの鍵貸します」、「愛と追憶の日々」のオスカー女優、シャーリー・マクレーン。「ハンナとその姉妹」、「サイダーハウス・ルール」のオスカー俳優、マイケル・ケインなど。

「眉山」あらすじとネタバレ感想

眉山の概要:80年代に活躍した大監督・伊丹十三の妻として、そして彼の作品のミューズとして数々の伊丹作品で主演をこなし、日本アカデミー賞でも数多くの賞を受賞してきた大女優・宮本信子の10年振りの映画出演作。共演には、娘役の松島菜々子、医者役には大沢たかお等、演技派が多数集結。余命幾ばくのない母と、看病する娘の心温まる交流を描いた感動の母娘のストーリー。

「幸せのレシピ」あらすじとネタバレ感想

幸せのレシピの概要:「幸せのレシピ」(原題:No Reservations)は、2007年のアメリカ映画。2001年のドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のリメイク作品。監督は「シャイン」、「アトランティスのこころ」のスコット・ヒックス。主演は「エントラップメント」、「シカゴ」などのオスカー女優、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。共演に「サンキュー・スモーキング」、「ブラック・ダリア」のアーロン・エッカート。「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。「グリーンマイル」、「オール・ザ・キングスメン」のパトリシア・クラークソンなど。

「きっと、星のせいじゃない。」あらすじとネタバレ感想

きっと、星のせいじゃない。の概要:原作『さよならを待つふたりのために』の映画化。主演にこれからの活躍に期待を持てるシャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴート。前作『ダイバージェント』からの再共演。誰にでも起こりうる難病ガンと闘う10代の男女に焦点を当てながらも、決して暗くなく、ティーンエイジャーは放つ明るさを持ち合わせた異色青春映画。

「はじまりのうた」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

はじまりのうたの概要:前作『ONCE ダブリンの街角で』でデビューを飾ったジョン・カーニー監督による長編2作目。大都会ニューヨークで心に傷を負った男女2人の出会いを音楽と共に綴る。主演にマーク・ラファロとキーラ・ナイトレイのトップ・スター。華やかなポップ・ミュージックに彩られた音楽映画の傑作。本作にてMAROON5の看板、アダム・レヴィーンが俳優デビューを果たす。

「マーサの幸せレシピ」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

マーサの幸せレシピの概要:「マーサの幸せレシピ」(原題:Bella Martha, 英題: Mostly Martha)は、2001年のドイツ映画。監督はザンドラ・ネッテルベック。主演はマルティナ・ゲデック。共演にセルジオ・カステリット、ウルリク・トムセン、マクシメ・フェルステなど。

「フローズン・タイム」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

フローズン・タイムの概要:「フローズン・タイム」(原題:Cashback)は、2006年のイギリス映画。監督はイングランドの写真家、ショーン・エリス。主演は「ハリー・ポッター」シリーズのオリバー・ウッド役で知られる、ショーン・ビガースタッフ。「戦場のピアニスト」のドロタ役を務めた、エミリア・フォックス。

1 57 58 59 60 61 62 63 67