サスペンス映画 | MIHOシネマ - Part 85

サスペンス映画一覧

「メトロ42」あらすじとネタバレ感想

メトロ42の概要:ロシア当局も協力の元、ロシア映画史上、巨額の制作費用を投じて制作されたロシア発地下鉄パニック映画。監督、役者、スタッフ共にロシア人だからか、日本には馴染みがまったくない。2014年の映画祭カリテ・シネマ・コレクションの中で上映された1本。ハリウッドのパニック物にも引けを取らないパニックシーンに誰もが息を呑むこと間違いなしの完成度。

「欲望」あらすじとネタバレ感想

欲望の概要:「欲望」(原題:Blowup)は、1967年のイギリス・イタリア合作映画。監督は「情事」、「太陽はひとりぼっち」のミケランジェロ・アントニオーニ。主演は「聖女ジャンヌ・ダーク」、「いつわれる微笑」などのデヴィッド・ヘミングス。共演はデビュー間もない「モーガン」、「わが命つきるとも」のヴァネッサ・レッドグレイヴ。シンガーであり女優のジェーン・バーキン。「素晴らしきヒコーキ野郎」などのサラ・マイルズ。スーパーギタリストのジェフ・ベックとジミー・ペイジが同時参加していた当時の、ブリティッシュロックの伝説的グループ「ヤードバーズ」がゲスト出演している。音楽はジャズ・ピアニスト、アレンジャーのハービー・ハンコックが担当。

「第三の男」あらすじとネタバレ感想

第三の男の概要:「第三の男」(原題:The Third Man)は、1949年のイギリス映画。監督は「邪魔者は殺せ」、「落ちた偶像」のキャロル・リード。脚本はイギリスの小説家であるグレアム・グリーン。音楽はアントーン・カラス。主演は「市民ケーン」、「ガス燈」などのジョゼフ・コットン。共演に「市民ケーン」でのアカデミー賞脚本賞受賞、「上海から来た女」などの映画監督・脚本家としても有名なオーソン・ウェルズ。「パラダイン夫人の恋」のアリダ・ヴァリなど。1949年アカデミー賞で撮影賞を受賞。

「ファイト・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ファイト・クラブの概要:爆弾が仕かけられたビルの最上階で、タイラーはぼくに銃を突きつけている。タイラーは人々を経済市場から解放しようとしていた。ぼくは死を予感しながら考えた。全てはマーラ・シンガーと出会ったことがきっかけだ。

1 82 83 84 85 86 87 88 109