MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 2

「群衆(1941)」のネタバレあらすじ結末

群衆(1941)の概要:マスコミによって架空の男「ジョン・ドー」に仕立て上げられた男が民衆の英雄となっていく様を描く、1941年の名作社会派ドラマ。フランク・キャプラ監督の描くマスコミに翻弄される群衆の姿は、現代にも通ずるものがある。

「この子の七つのお祝いに」のネタバレあらすじ結末

この子の七つのお祝いにの概要:“お父さんは悪い人、きっと仇をとってね”と言い続け、母親は娘の7歳の誕生日に頸動脈を切って自殺を図る。母親の血の記憶は、少女の人生を狂わせていく。優しげに微笑みながら、幼い娘に父親への復讐心を植え付けていく岸田今日子が異様に怖い。

1 2 3 4 5 444