アクション映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 78

アクション映画一覧

「レッドライン」のネタバレあらすじ結末と感想

レッドラインの概要:類稀な歌声と、天才的なドライビングテクニックを持つ美少女、ナターシャ。レース事故で父親を亡くした過去を持ち、レーサーになることを自身で禁じていたが、とあるきっかけで賭博レースへドライバーとして参加することに。ナターシャの美しさと、うねりを上げ走る超ド派手な高級車のカーレースから目が離せない。

「狼たちの午後」あらすじとネタバレ感想

狼たちの午後の概要:「狼たちの午後」(原題:Dog Day Afternoon)は、1975年のアメリカ映画。監督は1957年の「十二人の怒れる男」で監督デビューし、後にアカデミー賞名誉賞を受賞したシドニー・ルメット。主演は「ゴッド・ファーザー」のアル・パチーノ。共演に「ゴッド・ファーザー」のフレド役を演じたジョン・カザール。本作は1975年度アカデミー賞脚本賞を受賞。アル・パチーノは英国アカデミー賞で主演男優賞を受賞した。

「サンダーボルト(1974)」あらすじとネタバレ感想

サンダーボルト(1974)の概要:「サンダーボルト」(原題:Thunderbolt and Lightfoot)は、1974年のアメリカ映画。監督は本作が映画デビューとなった後のオスカー監督、マイケル・チミノ。主演は「夕陽のガンマン」、「ダーティ・ハリー」のクリント・イーストウッド。共演は「ラスト・ショー」のジェフ・ブリッジス、「特攻大作戦」のジョージ・ケネディ。

「パルプ・フィクション」のネタバレあらすじ結末と感想

パルプ・フィクションの概要:クエンティン・タランティーノ監督が原案と脚本も務めた群像劇。巧みなストーリー展開とセリフの面白さが評価され、アカデミー賞脚本賞を受賞した。奇想天外な物語の端々に、クエンティン・タランティーノ監督のマニアックな趣味が垣間見えて楽しい。

「ピンク・キャデラック」あらすじとネタバレ感想

ピンク・キャデラックの概要:「ピンク・キャデラック」(原題:Singin' in the Rain)は、1989年のアメリカ映画。監督はバディ・バン・ホーン。主演は「ダーティハリー」のクリント・イーストウッド。共演のルーを演じる女優に「アニー」などの舞台で有名なバーナデット・ピーターズ。

「俺たちに明日はない」あらすじとネタバレ感想

俺たちに明日はないの概要:「俺たちに明日はない」(原題:Bonnie and Clyde)は、1967年のアメリカ映画。監督は「奇跡の人」のアーサー・ペン。クライド役は「ローマの哀愁」のウォーレン・ベイティが制作も兼任する。ボニー役に本作が出世作となったオスカー女優のフェイ・ダナウェイ。本作は1930年代にアメリカ各地で強盗を繰り返した、クライド・バロウとボニー・パーカーの実話を元に描かれている。1992年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

「史上最大の作戦」あらすじとネタバレ感想

史上最大の作戦の概要:「史上最大の作戦」(原題:The Longest Day)は、1962年のアメリカ映画。監督はイギリス関連シーンがケン・アナキン。ドイツ関連シーンがベルンハルト・ヴィッキ。アメリカ関連シーンがアンドリュー・マートンの三人の監督の制作による作品。 制作はダリル・F・ザナック。出演者はジョン・ウェイン。ロバート・ミッチャム。ヘンリー・フォンダ。アルバート・リチャード。リチャード・バートン。ロバート・ワグナー。ショーン・コネリーなど、豪華キャストが勢揃いした、第二次世界大戦における連合国軍のノルマンディー上陸作戦のストーリー。

「タクシードライバー」あらすじとネタバレ感想

タクシードライバーの概要:「タクシードライバー」(原題:Taxi Driver)は、1976年のアメリカ映画。監督はマーティン・スコセッシ。主役はロバート・デ・ニーロ。共演はハーヴェイ・カイテル。スコセッシ監督作「ミーン・ストリート」のキャストが中心となる。共演女優として「ラスト・ショー」のシビル・シェパード。「ダウンタウン物語」のジョディ・フォスター。

1 75 76 77 78 79 80 81 91