SF映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 41

SF映画一覧

「海底二万哩(マイル)」あらすじとネタバレ感想

海底二万哩(マイル)の概要:『海底二万哩』(かいていにまんマイル、原題:20000 Leagues Under the Sea)は、1954年のアメリカ映画。ジュール・ヴェルヌのSF小説『海底二万里』を、ウォルト・ディズニーが映画化した作品である。日本におけるDVDタイトルは、『海底2万マイル』。監督はこの作品が監督デビューとなった、リチャード・フライシャー。主な出演者は、銛撃ちのネッド役に、カーク・ダグラス。潜水艦ノーチラス号のネモ船長役に、ジェームズ・メイソン。アロナクス教授役に、ポール・ルーカス。教授の助手コンセイユ役に、ピーター・ローレ。

「X-ファイル ザ・ムービー」あらすじとネタバレ感想

X-ファイル ザ・ムービーの概要:「Xファイル ザ・ムービー」(原題: The X-Files)は、1998年のアメリカ映画。監督はTVシリーズと同じロブ・ボウマン。主な出演者もTVシリーズに準じ、モルダー捜査官役にデイヴィッド・ドゥカブニー。スカリー捜査官役にジリアン・アンダーソン。

「スペース・カウボーイ」あらすじとネタバレ感想

スペース・カウボーイの概要:「スペース・カウボーイ」(原題:Space Cowboys)は、2000年のアメリカ映画。主演・監督・製作はクリント・イーストウッド。同乗の宇宙飛行士ホーク役に「メン・イン・ブラック」のトミー・リー・ジョーンズ。ジェリー役に名優ドナルド・サザーランド。タンク役に実力派ジェームズ・ガーナー。

「復活の日」あらすじとネタバレ感想

復活の日の概要:「復活の日」は1980年の日本映画。小松左京原作のSF小説を角川春樹事務所とTBSが映画化。監督は深作欣二。主演は草刈正雄。ヒロイン役に「ロミオとジュリエット」のオリビア・ハッセー。グレン・フォード、ジョージ・ケネディ、ロバート・ヴォーンなどのハリウッドスターも出演し話題を呼んだ。音楽プロデューサーは、ジャズトランペッター、マイルス・デイビスのプロデューサーでもあったテオ・マセロ。

「2001年宇宙の旅」のネタバレあらすじ結末と感想

2001年宇宙の旅の概要:スタンリー・キューブリック監督が1968年に公開した、SF映画の金字塔。月で発見された石板の謎を解明する為木星へ出発した、探査チームの旅を描く。50年近くの時を経ても「映画史上最高の作品」の一つとして評価される名作。

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」のネタバレあらすじ結末と感想

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の概要:ダース・ベイダーの若い頃を描く、『スター・ウォーズ』新3部作の第3弾。今作では帝国軍による共和国とジェダイの崩壊、そしてダース・ベイダーの誕生が描かれ、旧3部作へと繋がっていく。

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のネタバレあらすじ結末と感想

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の概要:ダース・ベイダーの若いころを描く、伝説的SF『スター・ウォーズ』序章3部作の第2弾。ジェダイの卵として成長したアナキンとアミダラ女王との恋、そして銀河共和国全体を巻き込むクローン戦争の始まりが描かれる。

「続・猿の惑星」あらすじとネタバレ感想

続・猿の惑星の概要:『続・猿の惑星』(ぞく・さるのわくせい、Beneath the Planet of the Apes)は、1970年のアメリカ合衆国の映画。ピエール・ブールによるSF小説『猿の惑星』を原作とする『猿の惑星』シリーズ全5作の第2作。監督は一作目と変わり「奴らを高く吊せ」のテッド・ポスト。主演は前作に引き続きチャールトン・ヘストンが務める。

「猿の惑星」のネタバレあらすじ結末と感想

猿の惑星の概要:1968年に公開され、その斬新な設定と衝撃的なラストから多くの続編・リメイク作品が制作された、SF映画の草分け的存在。遠い宇宙での任務から地球への帰途に着いたクルーがたどり着いたのは、猿が人間を支配する未知の惑星だった…。

1 38 39 40 41 42 43 44 46