サスペンス映画 | MIHOシネマ - Part 4

サスペンス映画一覧

「今そこにある危機」のネタバレあらすじ結末と感想

今そこにある危機の概要:CIAエージェントのジャック・ライアンは、とあるアメリカ人親子が殺された事件から麻薬密売の調査を命じられる。ところがFBI長官の暗殺を機に、ジャックは政治家と麻薬組織の思惑が渦巻いていることに気付いていく。国家のために戦う人々を救うため、ジャックは政治家たちの陰謀を暴いていく。

「甘い鞭」のネタバレあらすじ結末と感想

甘い鞭の概要:17歳の少女奈緒子。彼女は1ヶ月という短くてとてつもなく長い間、暗い地下室へ拉致され暴行される。それから15年後、美人不妊治療医として不妊治療に悩む患者の心に寄り添い活躍する傍ら、奈緒子には男の嗜虐心を駆り立てるSMクラブのM嬢「セリカ」という裏の顔を併せ持っていた。表と裏の二重生活の根源には、いつもあの事件があった。

「追跡(1962)」のネタバレあらすじ結末と感想

追跡(1962)の概要:『ティファニーで朝食を』(61)や『ピンク・パンサー』シリーズなど、ラブストーリーやコメディに定評のあるブレイク・エドワード監督が作った珍しいサスペンス映画。知る人ぞ知る隠れた名作。後半まで犯人の正体が明かされないので、鑑賞後にあらすじを読むことをお勧めしたい。

「フェア・ゲーム(2010)」のネタバレあらすじ結末と感想

フェア・ゲーム(2010)の概要:主人公のヴァレリー・プレイムは優秀なCIAのエージェントだったが、夫で元外交官のジョー・ウィルソンがイラク戦争の裏に隠された真実を世に訴えようとしたため、政府の激しい報復を受け、家族ともども窮地に立たされることに…。アメリカで実際に起きた「プレイム事件」を元に作られたサスペンス。

「悪魔は誰だ」のネタバレあらすじ結末と感想

悪魔は誰だの概要:15年前の誘拐殺人事件が時効を迎えた。しかし、その後にすぐ同じ手口で誘拐事件が発生。当時の担当だった刑事は時効を迎えた日に警官を辞職していたが、事件をよく知る協力者として捜査へと参加することになる。明らかになった事件の真相に考えさせられる。

「シュアリー・サムデイ」のネタバレあらすじ結末と感想

シュアリー・サムデイの概要:高校3年。幼馴染でもある5人の少年は文化祭復活を唱え、学校を占拠し誤って爆破してしまう。3年後、バラバラになった仲間達は1人の女性を追うために再び集結。彼女が関わる重大な事件へと巻き込まれていく。小栗旬初監督作品。

1 2 3 4 5 6 7 78