サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 3

サスペンス映画一覧

「隣の家の少女」のネタバレあらすじ結末と感想

隣の家の少女の概要:実際に起きた事件を基に書かれた小説の映画化。とある田舎村で起きた、義母による養女監禁の末に起きた凌辱・暴行を生々しく描いたショッキングすぎる作品。本当の悪は誰なのか、自分が責められているようで恐ろしい問題作。

「丑三つの村」のネタバレあらすじ結末と感想

丑三つの村の概要:戦時中の閉鎖的な村を舞台に、結核を患った青年・犬丸継男の悲劇と復讐劇を描くノンフィクション作品。1938年に岡山県で起きた「津山事件」という殺害事件を題材としている。病気への無理解、排他的な村の因習、性のタブーなど、戦時中の日本の暗い側面がリアルに描かれている。

「哭声 コクソン」のネタバレあらすじ結末と感想

哭声 コクソンの概要:平和な韓国の村、谷城(コクソン)で村人が家族を殺害する事件が立て続いて起こる。幻覚性キノコが原因だと発表されるが、捜査に関わることになったジョングは説明のつかない事実に巻き込まれる。意外な展開が連続するまさに異次元的映画。

「不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼」のネタバレあらすじ結末と感想

不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼の概要:ジャック・アイリッシュは刑事事件専門の弁護士として活躍していたが、元クライアントに妻が殺されたのをきっかけに辞職する。ジャックは借金取りや家具作りを行いながら日々を過ごした。そんな時、元クライアントのダニーから連絡をもらう。

「アイム・ノット・シリアルキラー」のネタバレあらすじ結末と感想

アイム・ノット・シリアルキラーの概要:実家は葬儀屋を営んでおり、ジョンは遺体の防腐処理を手伝っていた。そんなジョンは、周囲が心配するほど死や殺人に関心を持っていた。ある日、平和な町で連続殺人事件が起きる。ジョンは事件の調査を開始した。

「ヒトラーへの285枚の葉書」のネタバレあらすじ結末と感想

ヒトラーへの285枚の葉書の概要:ドイツ・ベルリン。戦争でフランスに勝利し、町はお祝いムードに沸いていた。そんな中、クヴァンゲル夫妻の元に、息子が戦死したと知らせが入る。悲しみに暮れるクヴァンゲル夫妻は、ヒトラー政権の批判をカードに書き、公共の場に置くようになる。

「クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的」のネタバレあらすじ結末と感想

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的の概要:エレナは出会い系サイトで知り合った男性と会うため、街を歩いていた。しかし、友達と通話中電池が切れてしまい、携帯が使えなくなってしまう。エレナは近くにあったバルに立ち寄り充電をさせてもらおうとするが、そこである事件に巻き込まれる。

「恐怖の報酬(オリジナル完全版)」のネタバレあらすじ結末と感想

恐怖の報酬(オリジナル完全版)の概要:『エクソシスト』でお馴染みのウィリアム・フリードキン監督作。77年公開当時、北米以外では30分カットされた短縮版しか観ることのできなかった伝説の映画が4Kデジタル・リマスター・オリジナル完全版として約40年振りに蘇る。

「テルマ」のネタバレあらすじ結末と感想

テルマの概要:『ダンサー・イン・ザ・ダーク』などで知られるラース・フォン・トリアー監督の甥であるヨアキム・トリアー監督作。舞台はノルウェー、厳格なクリスチャンである両親に育てられた少女テルマが同級生の少女と恋に落ちたとき、テルマの秘められたある特殊な力が覚醒する。

「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」のネタバレあらすじ結末と感想

ボーダーライン ソルジャーズ・デイの概要:前作『ボーダーライン』(2015)の続編。監督はステファノ・ソリマ。メキシコとアメリカの国境周辺を舞台に麻薬カルテルとCIAによる壮絶な攻防が描かれる。脚本は前作に引き続き、テイラー・シェリダンが担当。

1 2 3 4 5 6 87