MIHOシネマ | 映画のネタバレあらすじと感想 - Part 417

「ライセンス・トゥ・ウェディング」あらすじとネタバレ感想

ライセンス・トゥ・ウェディングの概要:「ライセンス・トゥ・ウェディング」(原題:License to Wed)は、2007年のアメリカ映画。監督は「旅するジーンズと16歳の夏」のケン・クワピス。主演は「ミセス・ダウト」、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」などの名優ロビン・ウィリアムズ。共演は歌手としても知られるマンディ・ムーア。他にジョン・クラシンスキー、クリスティン・テイラー、ピーター・ストラウス、ジョシュ・フリッターなど。

「キルショット」あらすじとネタバレ感想

キルショットの概要:「キルショット」(原題:Killshot )は、2009年のアメリカ映画。監督は「恋におちたシェイクスピア」、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のジョン・マッデン。主演は「ナインハーフ」、「エンゼル・ハート」のミッキー・ローク。「ホワイトハウスの陰謀」、「陽だまりのグラウンド」などのダイアン・レイン。共演に「ミスト」のトーマス・ジェーン、「恋のからさわぎ」のジョゼフ・ゴードン=レヴィットなど。

「横道世之介」のネタバレあらすじ結末と感想

横道世之介の概要:どこにでもいそうな普通の大学生・横道世之介は、とても素直なお人好し。世之介と知り合った人たちは、彼のことを思い出すとなぜか笑顔になってしまう。吉田修一の同名小説を、人間描写のうまい沖田修一監督が映画化した。ほのぼのとしたハートフル・コメディの秀作で、多くの映画賞を受賞した。

「女王陛下の007」あらすじとネタバレ感想

女王陛下の007の概要:「女王陛下の007」(原題:007 On Her Majesty’s Secret Service)は、1969年のイギリス映画。原作はイギリスの冒険小説家イアン・フレミング。007シリーズの6作目にあたる作品。監督は本作が初メガホンとなるピーター・R・ハント。主演はオーディションでジェームズ・ボンド役に大抜擢されたオーストラリア人の、ジョージ・レーゼンビー。共演のボンド・ガール「トレーシー」役に駆け出し女優だったダイアナ・リグ。

1 414 415 416 417 418 419 420 465