「真実」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

フランスの国民的大女優ファビエンヌが、『真実』というタイトルで自伝本を出版した。家族と共にお祝いに駆けつけた娘のシャルロットは、本に嘘のエピソードが書かれていることに気づく。母娘の間には、秘められた「真実」があった。

真実の作品情報

真実

タイトル
真実
原題
La verite
製作年
2019年
日本公開日
2019年10月11日(金)
上映時間
108分
ジャンル
ヒューマンドラマ
監督
是枝裕和
脚本
是枝裕和
製作
ミュリエル・メルラン
福間美由紀
マチルド・インセルティ
製作総指揮
不明
キャスト
カトリーヌ・ドヌーブ
ジュリエット・ビノシュ
イーサン・ホーク
リュディビーヌ・サニエ
クレモンティーヌ・グルニエ
マノン・クラベル
アラン・リボル
クリスチャン・クラエ
製作国
フランス・日本合作
配給
ギャガ

真実の作品概要

国内外から高い評価を受けている是枝裕和監督の最新作。日本人監督として初めてヴェネチア国際映画祭のオープニング作品に選ばれており、一般公開前から既に大きな期待が寄せられている。フランスの国民的大女優が『真実』という名の自伝本を出版したことをきっかけに明らかになる、母娘の隠された愛憎渦巻く「真実」の物語が描かれている。フランスで活躍する実力派女優、カトリーヌ・ドヌーブ×ジュリエット・ビノシュが母娘を演じた。

真実の予告動画

真実の登場人物(キャスト)

ファビエンヌ・ダンジュヴィル(カトリーヌ・ドヌーブ)
フランスの国民的大女優。『真実』という名の自伝本を出版する。夫とは別れており、現在新しいパートナーがいる。
リュミール(ジュリエット・ビノシュ)
ファビエンヌの娘。海外で活躍する脚本家。夫のハンクはテレビ俳優として活躍している。夫との間にシャルロットという名の娘がいる。

真実のあらすじ(ネタバレなし)

フランスの国民的大女優、ファビエンヌ・ダンジュヴィル。彼女は『真実』という名の自伝本を出版することにした。海外で脚本家として活躍する娘のリミュールは、夫で俳優のハンクと娘のシャルロットを連れてお祝いに駆けつけた。そこには、ファビエンヌの元夫、ファビエンヌの現在のパートナー、秘書の姿もあった。

リミュールは『真実』を読み、「嘘」が書かれていることに気づく。しかも、「真実」のエピソードが自伝本に綴られていなかった。その出来事をきっかけに、リミュールとファビエンヌの間にある、隠されていた確執が浮き彫りになっていく。ファビエンヌはなぜ「嘘」を書いたのか、母娘の間に隠された「真実」とは一体何なのか?『真実』という名の自伝本から始まる母娘の愛憎物語。

真実の感想・評価

是枝裕和監督、最新作

本作は『万引き家族』(18)や『三度目の殺人』(17)など、観客に数々の衝撃を与えてきた是枝裕和監督の最新作。是枝監督はTBS系列で放送されている『日立 世界ふしぎ発見!』などでADを経験した後、ドキュメンタリーディレクターとして活躍していた。江角マキコの映画デビュー作となった『幻の光』(1995)で長編映画監督デビューを果たし、「第52回ヴェネチア映画祭・金オゼッラ賞(撮影賞)」を受賞している。

幻の光』以降も国内に留まらず、海外からも高い評価を受けてきた。柳楽優弥が「第57回カンヌ国際映画祭・最優秀男賞」を史上最年少で受賞したことでも大きな話題を集めた『誰も知らない』(04)は「フランダース国際映画祭・グランプリ」を受賞し、『奇跡』(11)ではイギリスの大手新聞「ガーディアン」が選出した映画ベストテンにランクインしている。

今回、是枝監督は初の国際共同製作を試みた。そして、日本人監督が手掛けた作品として初めてヴェネチア国際映画祭・オープニング作品に選ばれている。一般公開前から大きな関心が寄せられており、世界中から期待されている作品だと言える。

母娘の物語

是枝裕和監督は今まで枠に捕らわれない様々な家族の姿を描いてきた。『そして父になる』(13)では子供の取り違えが発覚した後の2組の家族の姿を描き、『海街diary』(15)では3姉妹と母親の違う異母妹との家族の絆が描かれている。

本作で描かれているのは、母娘の愛憎物語。世界に名が知られている大女優の母が自伝本を出版したことをきっかけに、母娘の間に隠されていた心の影が明らかにされていく。映画と同じく『真実』が自伝本のタイトルになっている。「真実」というキーワードが物語にどう関わっているのか、母娘の間になぜ確執が生まれてしまったのか、非常に気になるストーリーとなっている。是枝監督が描いた全く新しい母娘の物語を楽しんで欲しい。

名女優&名俳優の共演

主演を務めたのはフランス出身の名女優、カトリーヌ・ドヌーブ。主演映画『インドシナ』(1992)で「アカデミー賞・主演女優賞」にノミネートされたことをきっかけに、世界に名が知られるようになった。美しい美貌と高い演技力を兼ね備えており、70歳を超えた現在も第一線で活躍し続けている。本作では自伝本を出版する大女優、ファビエンヌを演じた。

ファビエンヌの娘リュミールを演じたのは、世界三大映画祭の全ての女優賞を受賞したことがあり高い演技力を持つジュリエット・ビノシュ。日本では映画『ショコラ』(00)の主演を務めたことで有名な女優である。母との間に確執を抱えるリュミールをどう表現したのか、彼女の演技に注目して欲しい。

物語の重要な役割を担うリュミールの夫のハント役で出演しているのは、アメリカ出身の俳優イーサン・ホーク。『6才のボクが、大人になるまで。』(14)で主人公の父親を演じ、「アカデミー賞・助演男優賞」にノミネートされている。高い演技力を持つ俳優達が出演しているため、とても期待できる作品だと言える。

真実の公開前に見ておきたい映画

映画『真実』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『真実』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

万引き家族

是枝裕和監督の代表作で、「第71回カンヌ国際映画祭・パルムドール」を受賞した作品。「第91回アカデミー賞・外国語映画賞」にもノミネートされており、日本だけに留まらず海外からも高い評価を受けた。「家族を超えた絆」をテーマに作品が制作されており、ある秘密を抱える家族の様子が描かれている。リリー・フランキー、樹木希林、安藤サクラなど、演技力が高い実力派俳優が多数出演している。

父の治は息子の祥太と連携してスーパーで万引きを行った。家に帰ろうとしていると、団地の廊下で寒さに震えながら立っている少女の姿が目に入った。少女は親から虐待を受けている様子で、家に入ることができずにいた。治は少女を家に連れて帰り、妻の信代に世話を任せた。治の家には他に、母の初枝と信代の妹の亜紀が一緒に暮らしていた。信代は迷惑そうにしながらも少女に食事を与え、家に置いておくことにした。

詳細 万引き家族

ルージュの手紙

カトリーヌ・ドヌーブの近年の代表作。血の繋がらない母娘の30年ぶりの対面を描いた作品。カトリーヌ・ドヌーブは自由奔放な母・ベアトリスを演じた。真面目な娘・クレールを演じたのは、『偉大なるマルグリット』(15)で「セザール賞・主演女優賞」を受賞したカトリーヌ・フロ。対照的な性格の母娘が印象的な作品である。

クレールは助産師として働き、シングルマザーとして息子を育て上げた。そんなある日、義母のベアトリスから連絡がある。ベアトリスが家を出て以来、2人は30年間連絡を取り合っていなかった。クレールは自由奔放なベアトリスに不快感を示し、ベアトリスは頭が固く周囲を受け入れようとはしないクレールに難色を示した。歪な関係の2人だったが、一緒に過ごすうちに親子として次第に距離を縮めていく。

詳細 ルージュの手紙

ショコラ(2000)

ジュリエット・ビノシュの代表作。ジョアン・ハリス原作の小説を元に制作された作品。1959年のフランスの小さな村が物語となっており、宗教に絡んだ人間模様が描かれている。ジュリエット・ビノシュはチョコレートの効能を広めるために旅をしている主人公のヴィアンヌを演じた。ジョニー・デップがヴィアンヌと思いを通わせる青年・ルー役で出演しており、大きな話題を集めた。

小さな村に美しいヴィアンヌという女性と娘のアヌークという少女がやって来た。2人は老女から家を借り、チョコレート店を開いた。村人達はヴィアンヌの店に足を運び、女性を中心にチョコレートと朗らかな人柄のヴィアンヌの虜になっていった。しかし、村を支配するレノ伯爵や一部の村人達は、ヴィアンヌの存在を受け入れることができなかった。チョコレート店の出入りを禁止し、ヴィアンヌへの反発を強めた。そんなある日、ジプシーの一団が村にやって来る。

詳細 ショコラ(2000)

真実の評判・口コミ・レビュー

真実のまとめ

今まで様々な家族を描いていきた是枝裕和監督が今回新たに挑戦したのは、秘められた「真実」を抱える母娘の物語。是枝監督が初めて国際共同製作で手掛けた作品で、フランスが物語の舞台となっている。出演しているのは、フランスやアメリカの映画界の第一線で活躍している素晴らしい俳優達ばかりである。母娘を中心にした複雑な人間模様と共に、日本とはまた一味違うフランスならではの美しい街並みやアレクセイ・アイギが手掛けた温かな音楽にも注目して欲しい。

この記事をシェアする