MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末

「フェノミナン」のネタバレあらすじ結末

フェノミナンの概要:とある田舎、何事にも平凡な男性が誕生日の夜、不思議な光を目にした。彼はその後、思いもよらない天才的な能力を発揮し始め、そのお陰でFBIまでやって来る始末。だが、その頭脳には限りがあった。ジョン・トラボルタ主演の切なくも悲しいラブストーリー。

「人のセックスを笑うな」のネタバレあらすじ結末

人のセックスを笑うなの概要:19歳の朴訥な好青年と、39歳の破天荒な女性が恋に落ちる。しかし、女性は既婚者だった。不倫関係に悩む青年だったが、アーティスでもある女性には、どこか倫理観が薄い。青年へ密かに恋心を寄せている女の子の片恋を交えた、3人の恋模様を描いた作品。

「エアベンダー」のネタバレあらすじ結末

エアベンダーの概要:世界には4つのエレメントを操る者がいる。それがアバターであり、世界の調和を保つ者であった。少年は唯一の存在であるアバターの宿命を受け入れられず、修行から逃げ出してしまう。そのせいで世界の均衡が傾き、戦争が勃発。少年の成長を描いたファンタジー作品。

「インビジブル・ゲスト 悪魔の証明」のネタバレあらすじ結末

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明の概要:密室で女性が殺害され、不倫相手の青年実業家が容疑者として起訴される。弁護を依頼された女性弁護士は、法廷で勝つためだと言って、青年実業家と事件を再検証していくのだが…。先の読めない展開が続く、スペイン発の秀悦なミステリー。

「ローマに消えた男」のネタバレあらすじ結末

ローマに消えた男の概要:精神を病んでいた哲学教授が、瓜二つの双子の兄の替え玉となり、政治家として大活躍するというコミカルなヒューマンドラマ。保守的な政治家と奔放な哲学者という対照的な2人の男を、トニ・セルヴィッロが一人二役で見事に演じ分けており、彼の魅力を堪能できる。

「未来を花束にして」のネタバレあらすじ結末

未来を花束にしての概要:女性がひどい差別を受けていた1912年のイギリスで、女性の参政権を訴え続けた女性たちの闘いの軌跡を描く。キャリー・マリガン、ヘレナ・ボナム=カーター、アンヌ=マリー・ダフ、メリル・ストリープといった実力派の女優陣が、迫真の演技を見せている。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」のネタバレあらすじ結末

わたしは、ダニエル・ブレイクの概要:イギリスの名匠ケン・ローチ監督が、80歳にして2度目のパルムドール(カンヌ国際映画祭最高賞)を受賞したヒューマンドラマ。真面目に納税してきた善良なる市民を、冷酷に切り捨てる国家のあり方を痛烈に非難している。役者の演技もリアリティのある演出も素晴らしい。

1 2 3 4 477