ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ - Part 4

ヒューマンドラマ映画一覧

「ラリー・フリント」のネタバレあらすじ結末

ラリー・フリントの概要:ポルノ雑誌として有名な『ハスラー』。その生みの親であるラリー・フリントの半生を描いた作品。表現の自由と彼が関わる裁判を中心に描かれている。出版社への弾圧を退けるため、逮捕されても尚、諦めずに立ち向かう様が深い感動を誘う。

「きみにしか聞こえない」のネタバレあらすじ結末

きみにしか聞こえないの概要:過去のトラウマから他者との接触に酷く怯え、友人の1人も作れず自信が全くないヒロイン。彼女はある日、おもちゃの携帯をきっかけに1人の青年と通じ合うようになる。会話を続ける内に会おうという話になるが、そこへ悲劇が訪れるのだった。

「シュアリー・サムデイ」のネタバレあらすじ結末

シュアリー・サムデイの概要:高校3年。幼馴染でもある5人の少年は文化祭復活を唱え、学校を占拠し誤って爆破してしまう。3年後、バラバラになった仲間達は1人の女性を追うために再び集結。彼女が関わる重大な事件へと巻き込まれていく。小栗旬初監督作品。

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」のネタバレあらすじ結末

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の概要:自分達が置かれた境遇から抜け出せずに足掻く、若者たちを描いたロードムービー。全てを壊した先に未来があると考え壊そうとする青年と、彼を指針にして常に共に在ろうとする青年。そして、愛を求める女性の3人が行き着く先とは。

「相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」のネタバレあらすじ結末

相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜の概要:警視庁特命係の神戸は、エレベーターで拳銃を持っている男に出くわす。神戸は男が連れていた女性職員を助け、エレベーター内に逃げ込んだ。その後、男は警視庁内で、幹部達を人質に取った立て籠もり事件を起こす。

「ハッピー・ゴー・ラッキー」のネタバレあらすじ結末

ハッピー・ゴー・ラッキーの概要:小学校の教師をしているポピーは、笑顔の絶えない明るい女性だった。人から冷めた目で見られても自転車を盗まれても、落ち込まなかった。ポピーは自転車が無くなって移動手段に困ったため、自動車免許の取得を目指すことにした。

「ライトアップ! イルミネーション大戦争」のネタバレあらすじ結末

ライトアップ! イルミネーション大戦争の概要:バディはインターネットの空から写真が見えるサイトを利用して自宅を探すが、小さすぎて見つけることができなかった。そのことに不満を抱いたバディは、家に電飾を施して明るくすることを思いつく。だが、明るすぎたせいで、隣人とトラブルになってしまう。

「海賊じいちゃんの贈りもの」のネタバレあらすじ結末

海賊じいちゃんの贈りものの概要:アビー夫妻は夫婦関係が冷え切っていて、口論が絶えない状況だった。そんな時、癌で闘病中の夫の父の誕生日を、家族皆で祝いに行くことになる。アビー夫妻は夫の父に心配をかけないため、別居中であることは秘密にしていることにした。

「ケンとメリー 雨あがりの夜空に」のネタバレあらすじ結末

ケンとメリー 雨あがりの夜空にの概要:片倉健は娘の結婚式を阻止するため、マレーシアに向かった。だが、飛行機がハリケーンに遭遇してしまい、目的地とは別の空港で降ろされる。健が言葉の通じない場所で途方に暮れていると、中国人の男性に声を掛けられる。

「ミスター・ノーバディ」のネタバレあらすじ結末

ミスター・ノーバディの概要:2092年の世界では科学が発達し、人は不死となった。ニモ・ノーバディは“人類最後の死ぬ人間”として、人々の注目を集めた。だが、118歳のニモは記憶が混乱し、過去を思い出すことができなかった。果たしてニモは、どんな人生を歩んできたのだろうか?

1 2 3 4 5 6 7 118