ドキュメンタリー映画 | MIHOシネマ - Part 2

ドキュメンタリー映画一覧

「わたしはマララ」のネタバレあらすじ結末と感想

わたしはマララの概要:マララ・ユフスザイはイスラム教の家庭に生まれた。故郷パキスタンを追われ、家族とイギリスに暮らしている。女子が教育権利を持たないことに疑問を投じ、その訴えはやがてノーベル平和賞受賞という奇跡に繋がる。一人の少女の半生を綴ったドキュメンタリー。

「ファッションが教えてくれること」のネタバレあらすじ結末と感想

ファッションが教えてくれることの概要:雑誌『ヴォーグ』の編集長であるアナに密着し、9月号が出来上がるまでを追ったドキュメンタリー作品。アナは映画『プラダを着た悪魔』で登場したミランダのモデルになった人物だと言われており、ファッションに対しての熱い思いが垣間見える人物。

「運命を分けたザイル」のネタバレあらすじ結末と感想

運命を分けたザイルの概要:前人未踏の登山へアタックした、若い登山家2人が体験した遭難事故を、再現映像と共に描く。壮絶で過酷な状況の中、絶体絶命に陥り登山家の鉄則に従ったサイモンと、骨折しつつ満身創痍となりながら奇跡の生還を果たしたジョーの真実の物語。

「ボウリング・フォー・コロンバイン」のネタバレあらすじ結末と感想

ボウリング・フォー・コロンバインの概要:1999年4月20日に起きたコロンバイン銃乱射事件。その事件が象徴するのは、アメリカの銃犯罪の多さだ。アメリカよりも銃の所持率が多い国は他にもあり、アメリカよりも歴史上争いが多かった国もある。なのに、どうしてそんな国と比べてもアメリカの銃犯罪は飛び抜けて多いのか。マイケル・ムーアがその理由を探っていく。

「サム・ペキンパー 情熱と美学」のネタバレあらすじ結末と感想

サム・ペキンパー 情熱と美学の概要:過激なバイオレンス描写と独特の手法で自らの映画哲学を貫いた巨匠サム・ペキンパーの生涯を追ったドキュメンタリー映画。彼の作品に出演した俳優や家族や仕事仲間たちが彼との思い出を語り、波乱に満ちた人生を歩んだサム・ペキンパーの人物像に迫る。

「書くことの重さ 作家 佐藤泰志」のネタバレあらすじ結末と感想

書くことの重さ 作家 佐藤泰志の概要:1970年の春、作家を目指して函館から上京し、身を削るようにして書くことの重さと生きた作家・佐藤泰志の半生を追った2013年公開のドキュメンタリー映画。佐藤の小説「そこのみにて光輝く」を2014年に呉美保監督が映画化し、国内外で数多くの賞を受賞した。

「鉄くず拾いの物語」のネタバレあらすじ結末と感想

鉄くず拾いの物語の概要:身重の妻のセナダと二人の娘と共に暮らすムジカは、鉄くずを集めてそれを売り払うことで生計を立てていた。ある日、ムジカが仕事から帰ると妻が倒れていて、腹痛を訴えた。病院へ連れて行くと医師に妻が流産をしていると診断されるが……。

「プレシャス」あらすじネタバレ結末と感想

プレシャスの概要:監督リー・ダニエルズが手掛ける2009年公開のアメリカ映画。小説のプッシュが原作。出演にマライア・キャリー、レニークラヴィッツが出ている。黒人街ハーレムで虐待を受けながら育った女性が父の子を妊娠、過酷な状況から抜け出し、成長していく壮絶な半生を描いたヒューマンドラマ。

1 2 3 4 5