戦争映画 | MIHOシネマ - Part 2

戦争映画一覧

「ラスト・オブ・モヒカン」のネタバレあらすじ結末

ラスト・オブ・モヒカンの概要:1757年、北アメリカの領有権を巡って、イギリスとフランスの間で戦争が起っていた。その戦いは、ハドソン川西岸の辺境まで迫っていた。モヒカン族のホークアイは、イギリス人のコーラ達を助けたことにより、戦争に巻き込まれてしまう。

「サウルの息子」のネタバレあらすじ結末

サウルの息子の概要:ナチス政権下、強制収容所で働かされているゾンダーコマンド(特殊部隊)の視点から描く心理サスペンス。主人公の顔にフォーカスし、周囲をぼかすことで、よりリアルで凄惨な戦争の真実を観る者に訴えかけている。第68回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。

「戦場のメリークリスマス」のネタバレあらすじ結末

戦場のメリークリスマスの概要:第二次世界大戦中の日本軍俘虜収容所を舞台に、日本兵と英国人俘虜の衝突と友情を描く。戦争映画ではあるが戦闘シーンは一切ない。大島渚監督が、デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけしという個性的なキャストを起用し、独特の余韻が残るヒューマンドラマに仕上げている。

「ソフィーの選択」のネタバレあらすじ結末

ソフィーの選択の概要:ナチスの強制収容所に入れられた経験を持つポーランド人女性のソフィーは、アメリカへ渡って恋人のネイサンと新しい生活を始めていた。2人と出会った作家志望の青年は、ソフィーが隠し続けてきた衝撃の事実を知ることになる。メリル・ストリープが悲劇的な過去を持つソフィーを熱演し、オスカーを受賞した。

「兵隊やくざ」のネタバレあらすじ結末

兵隊やくざの概要:満州の駐屯地に入隊してきた大宮貴三郎は、筋金入りのやくざ者。そんな大宮と世話係の有田上等兵は、厳しい軍隊の中で友情を深めていく。男同士の固い絆と軍隊の不条理さを同時に描いたユニークな作品。勝新太郎が、これでもかというぐらい大暴れする。

「ボローニャの夕暮れ」のネタバレあらすじ結末

ボローニャの夕暮れの概要:繊細で情緒不安定な17歳のジョヴァンナは、あることがきっかけで友人を殺してしまう。父親のミケーレは「何があってもお前の味方だ」と娘に誓い、その約束を守り通す。父親役のシルヴィオ・オルランドと、娘役のアルバ・ロルヴァケルの演技が素晴らしい。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」のネタバレあらすじ結末

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の概要:ドローンを使用した新しい戦争の在り方。自爆テロに踏み切ろうとするテロリストと、なんの罪もない少女の姿を捉えるカメラ。優先すべきは犯人の抹殺か少女の命か。そして、それを決めるのは誰なのか。

1 2 3 4 5 10