戦争映画 | MIHOシネマ - Part 2

戦争映画一覧

「戦争のない20日間」のネタバレあらすじ結末

戦争のない20日間の概要:従軍記者として、最前線を取材し続けてきたロパーチンは、与えられた二十日間の休暇を通して、前妻に会いに行くことになった。戦場で死んだ兵士の遺族に遺品を届け、兵器の増産に精を出す工場を訪れ、ロパーチンは戦場の後方でどんなことが繰り広げられているのかを目の当たりにする。

「マレーナ」のネタバレあらすじ結末

マレーナの概要:第二次世界大戦中のシチリア島で、美しい人妻に恋をした12歳の少年は、密かに彼女を追い続けることで、人間の残酷性や生きることの厳しさを知っていく。「ニュー・シネマ・パラダイス」で知られるジュゼッペ・トルナトーレ監督による青春映画。主演女優モニカ・ベルッチの美しさは神がかり的。

「ある愛へと続く旅」のネタバレあらすじ結末

ある愛へと続く旅の概要:ボスニア紛争の最中、愛する夫の子供を熱望するジェンマは、皮肉にも真実の愛を見失ってしまう。しかし16年の時を経て、過酷な現実と真実の愛を知ることになる。ペネロペ・クルスが、不妊や戦争に翻弄される女性を熱演している。

「アンネの追憶」のネタバレあらすじ結末

アンネの追憶の概要:「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクの壮絶な人生について、彼女の親友ハネリへのインタビューを基に書き起こした『もうひとつの「アンネの日記」』を映像化。歴史的事実と関係者の想像を豊かに織り交ぜながら、戦争の悲惨さを訴えかける。

「レイルウェイ 運命の旅路」のネタバレあらすじ結末

レイルウェイ 運命の旅路の概要:1980年の英国。退役軍人で、鉄道が好きなエリックは列車の中でパトリシアと出会い、結婚する。二人は幸せな日々を過ごすが、実はエリックには戦時中に日本軍の拷問によって負った心の傷があった。実話を基に描かれた戦争ドラマ。

「パリよ、永遠に」のネタバレあらすじ結末

パリよ、永遠にの概要:第二次世界大戦中、パリの破壊を命じられたナチス・ドイツの将軍コルティッツは爆破計画を実行しようとしていた。そこへ、スウェーデン総領事のノルドリンクが現れ、パリを破壊しないようコルティッツを説得しようとする。

「ビルマの竪琴(1956)」のネタバレあらすじ結末

ビルマの竪琴(1956)の概要:終戦を迎えたビルマで、数多くの日本兵の屍を目にした水島上等兵は、彼らを置き去りにすることができず、この地で僧侶となって彼らを埋葬する決意をする。「埴生の宿」「仰げば尊し」といった美しい音楽が効果的に使われており、水島の切ない心情がひしひしと伝わってくる。市川崑監督の名作。

1 2 3 4 5 9