アクション映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 95

アクション映画一覧

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」のネタバレあらすじ結末と感想

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の概要:ダース・ベイダーの若い頃を描く、『スター・ウォーズ』新3部作の第3弾。今作では帝国軍による共和国とジェダイの崩壊、そしてダース・ベイダーの誕生が描かれ、旧3部作へと繋がっていく。

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のネタバレあらすじ結末と感想

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の概要:ダース・ベイダーの若いころを描く、伝説的SF『スター・ウォーズ』序章3部作の第2弾。ジェダイの卵として成長したアナキンとアミダラ女王との恋、そして銀河共和国全体を巻き込むクローン戦争の始まりが描かれる。

「あるいは裏切りという名の犬」あらすじ&ネタバレ感想

「あるいは裏切りという名の犬」(36 Quai des Orfèvres)は、2004年のフランス映画。1980年代に起きた実話を基にしている。原題の「36 Quai des Orfèvres」は「オルフェーヴル河岸36番地」の意味でパリ警視庁の所在地。主演のレオ・ヴリンクス役はダニエル・オートゥイユ。監督は元警察官のオリヴィエ・マルシャル。

「バトルクリーク・ブロー」あらすじ&ネタバレ感想

「バトルクリーク・ブロー」(原題: The Big Brawl, 香港公開題: 殺手壕)は、1980年の香港・アメリカ合作映画。監督はロバート・クローズ。主演はジャッキー・チェン。制作総指揮にはブルース・リーやジャッキー・チェンなど多くの香港映画に携わったレイモンド・チョウ。ジャッキー・チェンのアメリカ映画初主演作品(製作は香港のゴールデン・ハーヴェスト)。

「ダーティハリー5」あらすじ&ネタバレ感想

「ダーティハリー5」(原題 The Dead Pool)は、1988年のアメリカ映画。主役のハリー・キャラハン刑事にクリント・イーストウッド。監督は1980年のイーストウッド主演映画「ダーティファイター 燃えよ鉄拳」のバディ・ヴァン・ホーン。ダーティハリーシリーズ最後の作品となる。蛇足ではあるが、ロックシンガーのジョニー役には、売れっ子になる前のジム・キャリーがキャスティングされ、得意なクレイジーさを披露している。

「ダーティハリー4」あらすじ&ネタバレ感想

「ダーティハリー4」(原題 Sudden Impact)は、1983年のアメリカ映画。主役のハリー・キャラハン刑事にクリント・イーストウッド。監督・制作も同じくクリント・イーストウッド。前作より7年の時を置き、満を持してイーストウッド本人がメガホンを取った作品。共演は「ガントレット」での出演以来、愛人関係にあったソンドラ・ロック。

「ダーティハリー3」あらすじ&ネタバレ感想

「ダーティハリー3」(原題 The Enforcer)は、1976年のアメリカ映画。主役のハリーキャラハン刑事にクリント・イーストウッド。ハリーの相棒に抜擢された女性刑事”ケイト”役にタイン・デイリー。監督はこの作品が出世作となった新人のジェームス・ファーゴ。

1 92 93 94 95 96 97 98 106