ホラー映画 | MIHOシネマ - Part 2

ホラー映画一覧

「ファンハウス」のネタバレあらすじ結末と感想

ファンハウスの概要:ハロウィンの夜。ステーツビル精神病院のケーン院長は、記者のクインに病院の内部を説明していた。そこは、劣悪な犯罪者達が収監されている病院だった。ケーン院長は気づいていなかったが、実はクインは犯罪者達の仲間だった。

「呪怨2(劇場版)」のネタバレあらすじ結末と感想

呪怨2(劇場版)の概要:ホラー映画『呪怨』シリーズ第2作目となる劇場版。テレビ特番でロケに向かったスタッフや女優がその後、次々と怨念を募らせた伽倻子と俊雄の犠牲になる。ロケ時に妊娠中だった女優の腹を借りて、伽倻子がとうとう現世へと復活する。

「死国」のネタバレあらすじ結末と感想

死国の概要:久々に帰郷した主人公は、かつての幼馴染が若くして亡くなっていたことを知る。もう1人の幼馴染とその死の真相を調べる内に、四国のお遍路の裏に隠された真相を知るのだった。四国のお遍路を題材に、男女の三角関係を描いた坂東眞砂子の小説を映画化。

「スキャナーズ」のネタバレあらすじ結末と感想

スキャナーズの概要:超能力を有するスキャナーが産まれた理由と、その驚異的な能力を描いた作品。当時の技術としては、かなりのリアルさを追求しており、傑作と言われ多方面へと影響を与えたことも頷ける。正念場であるサイキックバトルは必見。

「リアル鬼ごっこ4」のネタバレあらすじ結末と感想

リアル鬼ごっこ4の概要:原作、山田悠介のホラー小説の映画化第4弾。今度のターゲットは「B型」の皆さん。王様から言い渡される無慈悲な殺戮ゲームが、これまでの日常を壊していく。高校生の司は、リアル鬼ごっこの対象とされ、死の3日間を仲間たちと共に助け合いながら必死に走る。

「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」のネタバレあらすじ結末と感想

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイアの概要:前作「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の前日譚となる続編が登場。ロックンロールに魅了された吸血鬼レスタトの歌声が、封印された最凶のヴァンパイア女王、アカーシャを目覚めさせる。吸血鬼レスタトの誕生秘話に迫る、ヴァンパイア・ホラー映画。

「スピーシーズ2」のネタバレあらすじ結末と感想

スピーシーズ2の概要:火星探査に向かった宇宙飛行士らが持ち帰った火星の土。その土の中に潜んでいた生物が人間に感染し、エイリアンの脅威が人知れず広がっていく。前作「スピーシーズ 種の起源」のプレスとローラが、再び地球を侵略するエイリアンとの攻防戦を繰り広げる。

「ブラッドショット ヴァンパイア・エージェント」のネタバレあらすじ結末と感想

ブラッドショット ヴァンパイア・エージェントの概要:CIAのヴァンパイア局局員であるヴァンパイアは、政府の命令で悪党を始末する仕事を行っていた。そのことは誰にも知られることなく、秘密裏に行わなければならなかった。そんなヴァンパイアを執拗に追いかける、1人の刑事がいた。

「甘い鞭」のネタバレあらすじ結末と感想

甘い鞭の概要:17歳の少女奈緒子。彼女は1ヶ月という短くてとてつもなく長い間、暗い地下室へ拉致され暴行される。それから15年後、美人不妊治療医として不妊治療に悩む患者の心に寄り添い活躍する傍ら、奈緒子には男の嗜虐心を駆り立てるSMクラブのM嬢「セリカ」という裏の顔を併せ持っていた。表と裏の二重生活の根源には、いつもあの事件があった。

「バイオハザード ダムネーション」のネタバレあらすじ結末と感想

バイオハザード ダムネーションの概要:1991年、ソビエト連邦が崩壊し東スラブ共和国は独立。しかし、国内では政府側と独立派に別れ戦争が行われる。その中で独立派は、世界的に使用が禁止されているB.O.W.(バイオ・オーガニック・ウェポン)を投入。主人公レオン・S・ケネディはその実態を探るべく東スラブ共和国へ潜入する。

「デッドクリフ」のネタバレあらすじ結末と感想

デッドクリフの概要:バルカン半島のリスニャック山に、ロッククライミングをしに来た5人の若者。リフレッシュ休暇のつもりで意気揚々とやってきた5人は、思いもよらない恐怖に遭遇する。決して踏み入ってはならない山で起こった、サバイバル・ホラー映画。

「寄生体X」のネタバレあらすじ結末と感想

寄生体Xの概要:彗星の襲来と共に謎の寄生体が街を襲う。10年前の彗星飛来時、狂暴化した両親の殺し合いを目撃してしまった主人公は、トラウマを乗り越えつつ寄生体によって化け物と化した人々と対峙する。たった一夜にして街が地獄へと化す様を描いた作品。

1 2 3 4 5 45