ラブストーリー映画 | MIHOシネマ - Part 3

ラブストーリー映画一覧

「ベッカムに恋して」のネタバレあらすじ結末と感想

ベッカムに恋しての概要:ロンドン郊外に住む18歳の少女ジェスは、厳格なインド系シク教徒の家族に反対されながらも、大好きなサッカーで選手になる夢を追いかける。自分のルーツである親の文化と宗教と、育った環境であるイギリス社会の間で板挟みになる移民の子供たちのストーリーを語る。

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」のネタバレあらすじ結末と感想

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期の概要:独身アラフォー女性・ブリジット・ジョーンズが妊娠をするが、父親の可能性のある男が二人いる。どっちが父親なのか、悩めるブリジットの姿を描くラブコメディ。「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズ3作目。

「ルビー・スパークス」のネタバレあらすじ結末と感想

ルビー・スパークスの概要:スランプに苦しむ小説家のカルヴィンの目の前に、自分の文章で作り出した女性「ルビー・スパークス」が本物になって現れる。理想の女性である彼女との幸せな日々を送るカルヴィン。しかし、彼が再びルビーを書き加えていくことで、二人の関係性は不自然なものになっていく。

「死にゆく妻との旅路」のネタバレあらすじ結末と感想

死にゆく妻との旅路の概要:52歳無職の清水久典。多額の借金と末期がんの妻を抱え、なけなしの50万円を持ってワゴン車で日本中を旅する。絶望的な日々の中でも、幸せな毎日を送っていた2人だったが、久典は保護責任者遺棄致死罪で逮捕されることに。実際に逮捕された男性の手記を元に映画化された、夫婦の純愛の物語。

「時代屋の女房(1983)」のネタバレあらすじ結末と感想

時代屋の女房(1983)の概要:「男と女は軽いのがいい」と考えてきた骨董屋「時代屋」の主人の安さんは、真弓というミステリアスな女と暮らし始め、彼女の不可解な行動に翻弄される。原作は直木賞を受賞した村松友視の同名小説。謎に包まれたヒロインを夏目雅子が好演している。

「恋するマドリ」のネタバレあらすじ結末と感想

恋するマドリの概要:突然結婚すると言い始めた姉と喧嘩をしたユイは、初めての1人暮らしをすることになった。引っ越しをきっかけに、ユイを取り巻く環境は変わっていく。偶然の出会いが作り出す、不思議な三角関係を描いたラブストーリー。新垣結衣初主演作品。

「ニシノユキヒコの恋と冒険」のネタバレあらすじ結末と感想

ニシノユキヒコの恋と冒険の概要:ニシノユキヒコはどんな女性も虜にしてしまうモテ男だが、いつも振られてしまう。ユキヒコがかつて付き合っていた夏美の娘であるみなみは、ユキヒコの葬式で出会ったサユリからユキヒコの恋愛遍歴を聞くことになる。

「愛情物語(1956)」のネタバレあらすじ結末と感想

愛情物語(1956)の概要:1930~40年代にかけて活躍したアメリカの天才ピアニスト、エディ・デューチンの半生を描いた作品。正式な音楽教育を受けていないにも関わらず、幸運にも恵まれ、スターの座を獲得したエディ。しかし、その絶頂のさなか、予期せぬ悲劇が彼を待ち受けていた。

「居酒屋兆治(1983)」のネタバレあらすじ結末と感想

居酒屋兆治(1983)の概要:山口瞳の原作を、高倉健主演、降旗康男監督で描いた人間ドラマ。函館で居酒屋「兆治」を営む藤野英治。不器用ながら、真っ直ぐな人生を歩もうとすればするほど、かつての恋人や学校の先輩、昔の職場の上司、幼馴染が何故か不幸な目に遭ってしまう。そんな人生に苦悩しながら、それでも英治は前向きに生きていこうとしていた。

1 2 3 4 5 6 68