ラブストーリー映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 2

ラブストーリー映画一覧

「おとなのワケあり恋愛講座」のネタバレあらすじ結末と感想

おとなのワケあり恋愛講座の概要:イギリスで大学教授として働くリチャードは、教え子のケイトと関係を持っていた。ある日、ケイトの妊娠が発覚する。しかも、ケイトは就職先の関係で、ロサンゼルスに引っ越すことを決めていた。リチャードはケイトと結婚することを決める。

「エレジー(2008)」のネタバレあらすじ結末と感想

エレジー(2008)の概要:大学教授であるデヴィッド・ケペシュは、教え子のコンスエラ・カスティーリョに目を奪われる。デヴィッドはコンスエラを観劇に誘い、一夜を共にした。気軽な付き合いをしていると思っていたが、本気でコンスエラのことを愛するようになる。

「偽りの忠誠 ナチスが愛した女」のネタバレあらすじ結末と感想

偽りの忠誠 ナチスが愛した女の概要:1940年ドイツの前皇帝ヴィルヘルム2世は、オランダに亡命していた。しかし、依然として国民に対しての大きな影響力を持っていた。皇帝護衛隊の指揮を命じられたブラント大尉は、皇帝の動向を見張ることになる。

「天使のいる図書館」のネタバレあらすじ結末と感想

天使のいる図書館の概要:吉井さくらは図書館の中で、レファレンスサービスの仕事に就いていた。真面目な性格で豊富な知識も持っていたが、人の気持ちを理解することが苦手だった。ある日、古い写真を持った老婦人と出会う。吉井はその出会いを通して、少しずつ変わり始める。

「パーティで女の子に話しかけるには」のネタバレあらすじ結末と感想

パーティで女の子に話しかけるにはの概要:あるパーティで知り合った女の子は宇宙人だった。パンクに夢中になる少年が体験する、摩訶不思議な恋の物語。エル・ファニングのキュートさも良いが、パンクなニコール・キッドマンが見られるのは珍しいし、この役にぴったりだ。

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のネタバレあらすじ結末と感想

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの概要:奥田民生のような男になることを目指す編集者の主人公はある日、取材先で魅力的な女性と出会い、彼女と付き合うことになる。仕事と恋で奔走する主人公だったが、実は彼女は魔性の女だった。全編に奥田民生の楽曲を使用し、狂わせガールを水原希子が演じている。

「リングサイド・ストーリー」のネタバレあらすじ結末と感想

リングサイド・ストーリーの概要:売れない俳優を支え続けるヒロインが、ひょんなきっかけでプロレス事務所へ就職。格闘技の面白さを知って仕事を楽しみ始める。そんな恋人に焦った俳優は、嫉妬と僻み根性から仕事の邪魔をしてしまい、プロのK-1選手と戦うことになる。格闘技への愛を感じる作品。

「アンドロメディア」のネタバレあらすじ結末と感想

アンドロメディアの概要:当時のアイドルグループSPEEDとDA PUMPが共演した、三池崇史監督によるSF映画。娘、人見舞を事故で亡くした人見俊彦は、彼女をパソコンの中のAIプログラムとして再生させる。しかし、そのプログラムは、企業から狙いをつけられるのだった。

「スターダスト(2007)」のネタバレあらすじ結末と感想

スターダスト(2007)の概要:壁に囲まれているウォール村の外には、別世界が広がっているという言い伝えがあった。住民は壁の外に出ることはできなかったが、ダンスタン青年は掟を破って出て行ってしまう。ダンスタンは壁の外の街で、美しい女性と出会う。

1 2 3 4 5 72