MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 387

「狼よさらば」あらすじとネタバレ感想

狼よさらばの概要:「狼よさらば」(原題:Death Wish)は、1974年のアメリカ映画。監督は「メカニック」、「シンジケート」などのマイケル・ウィナー。主演は「荒野の七人」、「ウエスタン」などのチャールズ・ブロンソン。共演には「ポケット一杯の幸福」などのホープ・ラング。「コーザ・ノストラ」などの名脇役ヴィンセント・ガーディニアなど。

「渋谷怪談」あらすじとネタバレ感想

渋谷怪談の概要:水川あさみ主演の都市伝説をテーマにした2004年公開のホラー映画。監督は堀江慶。続編に「渋谷怪談2」がある。コインロッカーベイビーさっちゃんの呪いにかかった女子大生に襲い掛かる、恐怖の連鎖。

「渋谷怪談2」あらすじとネタバレ感想

渋谷怪談2の概要:水川あさみ主演の「渋谷怪談」の続編で、主演は掘北真希、監督は前編と同じく堀江慶。前作でコインロッカーの鍵を受け取った女子高生が、コインロッカーのさっちゃんの呪縛に立ち向かう。

「君が生きた証」あらすじとネタバレ感想

君が生きた証の概要:現在、アメリカで社会問題にもなっている銃問題。コロンバイン高校の乱射事件を皮切りに今も類似事件は絶えない。そんなアメリカが抱える問題を真っ向から描いた衝撃の人間ドラマ。監督には、本作がデビュー作となるハリウッドの名脇役ウィリアム・H・メイシー。脚本と製作総指揮も兼ねている。銃乱射事件という問題から見えてくる私たちが学ぶべきこととは何か?

「はじまりのうた」あらすじとネタバレ感想

はじまりのうたの概要:前作『ONCE ダブリンの街角で』でデビューを飾ったジョン・カーニー監督による長編2作目。大都会ニューヨークで心に傷を負った男女2人の出会いを音楽と共に綴る。主演にマーク・ラファロとキーラ・ナイトレイのトップ・スター。華やかなポップ・ミュージックに彩られた音楽映画の傑作。本作にてMAROON5の看板、アダム・レヴィーンが俳優デビューを果たす。

「メン・イン・ブラック(MIB)」のネタバレあらすじ結末と感想

メン・イン・ブラック(MIB)の概要:地球に住む多数のエイリアン監視する秘密機関、その名もMIB。ジェームズはスカウトされMIBエージェントとしての人生を歩むことになるが、凶暴なエイリアンが地球に降り立とうとしていた……。大ヒットSFアクションコメディ映画の第1弾。

「デモリションマン」あらすじとネタバレ感想

デモリションマンの概要:「デモリションマン」(原題:Demolition Man)は、1993年のアメリカ映画。監督はマルコ・ブランビラ。主演は「ロッキー」シリーズ、「ランボー」シリーズなどのシルヴェスター・スタローン。共演には「メジャーリーグ」、「モ'・ベター・ブルース」のウェズリー・スナイプス。後のオスカー女優、サンドラ・ブロックなど。

「リーサル・ウェポン」あらすじとネタバレ感想

リーサル・ウェポンの概要:「リーサル・ウェポン」(原題:Lethal Weapon)は、1987年のアメリカ映画。監督は「スーパーマン」、「グーニーズ」のリチャード・ドナー。主演は「マッドマックス」シリーズのメル・ギブソン。共演には「刑事ジョン・ブック 目撃者」、「シルバラード」のダニー・グローヴァー。ゲイリー・ビジー、ミッチェル・ライアン、トム・アトキンスなど。

「トリハダ 劇場版」あらすじとネタバレ感想

トリハダ 劇場版の概要:幽霊が出ないホラー「トリハダ」シリーズ初の劇場版。三木康一朗監督、谷村美月主演で2012年に公開された。ドラマ版と同様に、メインのストーリーと、それに接点のあるサイドストーリーの6話からなる作品。

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版」のネタバレあらすじ結末と感想

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版の概要:フェイクドキュメンタリーシリーズ「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」の劇場版。呪われた廃村に向かった取材班が、呪いを解くために過去の因縁と対決する。監督は、カメラマン役としても出演している白石晃士。

「カルト」あらすじとネタバレ感想

カルトの概要:白石晃士監督、脚本の2012年に製作されたフェイクドキュメンタリーのホラー映画。心霊現象に悩む家族の、密着ドキュメンタリー番組に出演する事になった3人のタレントが見た、恐ろしい真実を描いた。

1 384 385 386 387 388 389 390 439