ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ - Part 3

ヒューマンドラマ映画一覧

「寝ずの番」のネタバレあらすじ結末

寝ずの番の概要:落語好きだった中島らもの同名短編小説を原作とした大人のための人情コメディ映画。ベテラン俳優の津川雅彦が、マキノ雅彦の名で初監督を務めており、キャスト陣も錚々たる顔ぶれ。R15指定になっているが、いやらしいというより粋な作品であり、芸達者な俳優たちの名演技を堪能できる。

「瀬戸内少年野球団」のネタバレあらすじ結末

瀬戸内少年野球団の概要:兵庫県の淡路島を舞台に、国民学校の女性教師と生徒たちの交流を通して、敗戦直後の日本でたくましく生きる人々の姿を描く。原作は作詞家として有名な阿久悠の自伝的小説。女性教師役の夏目雅子が眩しいくらいに美しく、島の少年を演じた子役たちの自然な表情もいい。

「スプリング・ブレイカーズ」のネタバレあらすじ結末

スプリング・ブレイカーズの概要:代わり映えのない毎日に嫌気がさした女子大生4人組は“スプリング・ブレイク”(春休み)を利用しフロリダへ旅行に行き、パーティーを満喫していた。しかし、麻薬ディーラーの男との出会いをきっかけに状況は一変する。

「愛情物語(1956)」のネタバレあらすじ結末

愛情物語(1956)の概要:1930~40年代にかけて活躍したアメリカの天才ピアニスト、エディ・デューチンの半生を描いた作品。正式な音楽教育を受けていないにも関わらず、幸運にも恵まれ、スターの座を獲得したエディ。しかし、その絶頂のさなか、予期せぬ悲劇が彼を待ち受けていた。

「居酒屋兆治(1983)」のネタバレあらすじ結末

居酒屋兆治(1983)の概要:山口瞳の原作を、高倉健主演、降旗康男監督で描いた人間ドラマ。函館で居酒屋「兆治」を営む藤野英治。不器用ながら、真っ直ぐな人生を歩もうとすればするほど、かつての恋人や学校の先輩、昔の職場の上司、幼馴染が何故か不幸な目に遭ってしまう。そんな人生に苦悩しながら、それでも英治は前向きに生きていこうとしていた。

「ミルカ」のネタバレあらすじ結末

ミルカの概要:インド陸上界の英雄、ミルカ・シンの波乱万丈な人生を描いた人間ドラマ。ミルカ役のファルハーン・アクタルは、陸上選手の肉体を作るために体脂肪率を5%まで絞ったと言われる。インドのアカデミー賞に当たる国際インド映画アカデミー賞で、作品賞、監督賞など計14部門を獲得。

「母べえ」のネタバレあらすじ結末

母べえの概要:昭和15年東京、野上家の家族はお互いに「べえ」を付けて呼び合い、慎ましく幸せな日々を送っていた。しかし、突然父が逮捕され、取り残された母と娘2人は周囲の人々に支えられながら懸命に生きていく。山田洋二監督による家族の愛に心動かされるヒューマンドラマ。

「ブタがいた教室」のネタバレあらすじ結末

ブタがいた教室の概要:新人教師の星は、担任となった6年2組でブタを飼い、最終的にそのブタ食べることを提案する。大阪の小学校で実際に行われた実践教育を基にした映画である。子供たちは台詞を与えられず、自分の気持ちを自分の言葉で表現している。

1 2 3 4 5 6 118