ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の歴代受賞作一覧 | MIHOシネマ

ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の歴代受賞作一覧

ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の概要

ゴールデンラズベリー賞とはアメリカの映画賞のことで、その年の最低の映画に贈られる賞である。毎年アカデミー賞授賞式の前夜に行われ、ラズベリーの実を模したトロフィーが贈られる。正式な賞名は「Razzie Award」で、ラジー賞とも呼ばれている。

賞が創設された頃はB級映画作品が選ばれやすかったが、近年では一般受けしない作品に対しても賞が贈られている。また、純粋につまらない作品や演技が酷い俳優に対しても賞が贈られることがあり、授賞式に参加する人はほとんどいない。ジョークが好きなアメリカ人ならではの賞だと言える。

ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の歴史・沿革

映画の宣伝やコピーライターの仕事を行っていたジョン・J・B・ウィルソンが、1981年にゴールデンラズベリー賞を創設した。授賞式はアカデミー賞の授賞式を模しており、わざと低予算で作られている。第1回目の授賞式には36人の出席者しかいなかったが、それが徐々に増えてテレビ中継まで行われるようになった。

2014年には名誉挽回賞が新設された。それは、ラジー賞受賞の常連俳優や監督達が、他の映画賞にノミネートされるなどの功績を挙げたときに贈られる賞のことである。新設されたときは、『ゴーン・ガール』(14)で主演を務めた俳優のベン・アフレックが受賞した。

ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の歴代受賞作一覧

最低作品賞

開催回 開催年度 受賞作品
第39回 2018年 Holmes & Watson
第38回 2017年 絵文字の国のジーン
第37回 2016年 ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史
第36回 2015年 フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
第36回 2015年 ファンタスティック・フォー
第35回 2014年 Saving Christmas
第34回 2013年 ムービー43
第33回 2012年 トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2
第32回 2011年 ジャックとジル
第31回 2010年 エアベンダー
第30回 2009年 トランスフォーマー リベンジ
第29回 2008年 愛の伝道師 ラブ・グル
第28回 2007年 I Know Who Killed Me
第27回 2006年 氷の微笑2
第26回 2005年 Dirty Love
第25回 2004年 キャットウーマン
第24回 2003年 ジーリ
第23回 2002年 スウェプト・アウェイ
第22回 2001年 フレディのワイセツな関係
第21回 2000年 バトルフィールド・アース
第20回 1999年 ワイルド・ワイルド・ウエスト
第19回 1998年 アラン・スミシー・フィルム
第18回 1997年 ポストマン
第17回 1996年 素顔のままで
第16回 1995年 ショーガール
第15回 1994年 薔薇の素顔
第14回 1993年 幸福の条件
第13回 1992年 嵐の中で輝いて
第12回 1991年 ハドソン・ホーク
第11回 1990年 ゴースト・ラブ
第11回 1990年 フォード・フェアレーンの冒険
第10回 1989年 スター・トレック5 新たなる未知へ
第9回 1988年 カクテル
第8回 1987年 ビル・コスビーのそれ行けレオナルド
第7回 1986年 ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀
第7回 1986年 プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン
第6回 1985年 ランボー 怒りの脱出
第5回 1984年 ボレロ 愛欲の日々
第4回 1983年 The Lonely Lady
第3回 1982年 インチョン!
第2回 1981年 愛と憎しみの伝説
第1回 1980年 ミュージック・ミュージック