トロント国際映画祭の歴代受賞作一覧 | MIHOシネマ

トロント国際映画祭の歴代受賞作一覧

トロント国際映画祭の概要

トロント国際映画祭はカナダの最大都市トロントで開催されている映画祭で、北米最大規模を誇る。毎年300以上の作品が上映されており、公開後の映画の興行収入が左右されるほど重要な位置にある映画祭である。ハリウッドスターも多数来場しており、注目度が高い。

トロント国際映画祭はコンペティション部門が存在しておらず、ピープルズ・チョイス・アウォード(観客賞)が最高賞となっている。フランスやアルゼンチン、アメリカなど様々な国で制作された作品が観客賞を受賞する中、日本の作品も2003年に受賞している。受賞した作品は、北野武監督『座頭市』(03)である。

トロント国際映画祭の歴史・沿革

1976年に世界中で制作された優れた作品を上映するために開催された。The Festival of Festivals(映画祭の中の映画祭)と呼ばれ、他の映画祭とは一線を画す。映画業界の発展に大いに貢献しており、2016年のときには世界83か国から集められた397本の作品が上映された。毎年40万人以上の人が来場しており、世界三大映画祭(ヴェネチア国際映画祭カンヌ国際映画祭ベルリン国際映画祭)に引けを取らない規模の映画祭にまで発展している。

トロント国際映画祭で賞を受賞した作品とアカデミー賞を受賞した作品が同一の場合が多く、アカデミー賞を予測する上で注目している人も多い。

トロント国際映画祭の歴代受賞作一覧

観客賞(ピープルズ・チョイス・アウォード)

開催回 開催年度 受賞作品
第43回 2018年 グリーンブック
第42回 2017年 スリー・ビルボード
第41回 2016年 ラ・ラ・ランド
第40回 2015年 ルーム
第39回 2014年 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
第38回 2013年 それでも夜は明ける
第37回 2012年 世界にひとつのプレイブック
第36回 2011年 Et maintenant, on va où?
第35回 2010年 英国王のスピーチ
第34回 2009年 プレシャス
第33回 2008年 スラムドッグ$ミリオネア
第32回 2007年 イースタン・プロミス
第31回 2006年 Bella
第30回 2005年 ツォツィ
第29回 2004年 ホテル・ルワンダ
第28回 2003年 座頭市
第27回 2002年 クジラの島の少女
第26回 2001年 アメリ
第25回 2000年 グリーン・デスティニー
第24回 1999年 アメリカン・ビューティー
第23回 1998年 ライフ・イズ・ビューティフル
第22回 1997年 The Hanging Garden
第21回 1996年 シャイン
第20回 1995年 アントニアの食卓
第19回 1994年 司祭
第18回 1993年 スナッパー
第17回 1992年 ダンシング・ヒーロー
第16回 1991年 フィッシャー・キング
第15回 1990年 シラノ・ド・ベルジュラック
第14回 1989年 ロジャー&ミー
第13回 1988年 神経衰弱ぎりぎりの女たち
第12回 1987年 プリンセス・ブライド・ストーリー
第11回 1986年 アメリカ帝国の滅亡
第10回 1985年 オフィシャル・ストーリー
第9回 1984年 プレイス・イン・ザ・ハート
第8回 1983年 再会の時
第7回 1982年 テンペスト(1982)
第6回 1981年 炎のランナー
第5回 1980年 ジェラシー(1979)
第4回 1979年 Best Boy
第3回 1978年 ガールフレンド(1978)