ヴェネチア国際映画祭の歴代受賞作一覧 | MIHOシネマ

ヴェネチア国際映画祭の歴代受賞作一覧

ヴェネチア国際映画祭の概要

ヴェネチア国際映画祭とはイタリアのヴェネチアで開催されている映画祭で、世界三大映画祭の1つである。世界最古の歴史を持っており、2006年時点では約174000人の来場者数があった。イタリアだけではなく、世界中から注目を集めている映画祭である。

マーケットを持たず、芸術的な側面が強い映画祭だった。だが、2002年にマーケットが併設されるようになり、商業的な意味合いの比重が高まってきている。日本とも浅からず縁があり、北野武監督の『監督・ばんざい!』(07)に因んで2007年から監督・ばんざい!賞が新設されている。(監督・ばんざい!賞は将来に渡って活躍が期待される監督に贈られる賞である)

ヴェネチア国際映画祭の歴史・沿革

1895年から現代美術の国際美術展覧会として「ヴェネツィア・ビエンナーレ」が開催されている。ビエンナーレとはイタリア語で「二年に一度」という意味で、「美術のオリンピック」という異名を持っている。「ヴェネツィア・ビエンナーレ」には美術部門や建築部門などがあり、国同士の威信をかけて賞レースを行っている。

1932年8月6日第18回目の「ヴェネツィア・ビエンナーレ」で映画部門が新設された。それがヴェネチア国際映画祭の始まりだと言われている。途中、戦争で開催を中断せねばならないときが出てくるが、廃れることなく今日まで映画産業を盛り上げる一端を担っている。

ヴェネチア国際映画祭の歴代受賞作一覧

金獅子賞(最優秀作品賞)

開催回 開催年度 受賞作品
第75回 2018年 ROMA/ローマ
第74回 2017年 シェイプ・オブ・ウォーター
第73回 2016年 立ち去った女
第72回 2015年 彼方から
第71回 2014年 さよなら、人類
第70回 2013年 ローマ環状線、めぐりゆく人生たち
第69回 2012年 嘆きのピエタ
第68回 2011年 ファウスト(2011)
第67回 2010年 SOMEWHERE
第66回 2009年 レバノン
第65回 2008年 レスラー
第64回 2007年 ラスト、コーション
第63回 2006年 長江哀歌(エレジー)
第62回 2005年 ブロークバック・マウンテン
第61回 2004年 ヴェラ・ドレイク
第60回 2003年 父、帰る
第59回 2002年 マグダレンの祈り
第58回 2001年 モンスーン・ウェディング
第57回 2000年 チャドルと生きる
第56回 1999年 あの子を探して
第55回 1998年 いつか来た道(1998)
第54回 1997年 HANA-BI
第53回 1996年 マイケル・コリンズ
第52回 1995年 シクロ
第51回 1994年 愛情萬歳
第51回 1994年 ビフォア・ザ・レイン
第50回 1993年 ショート・カッツ
第50回 1993年 トリコロール 青の愛
第49回 1992年 秋菊の物語
第48回 1991年 ウルガ
第47回 1990年 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ
第46回 1989年 悲情城市
第45回 1988年 聖なる酔っぱらいの伝説
第44回 1987年 さよなら子供たち
第43回 1986年 緑の光線
第42回 1985年 冬の旅
第41回 1984年 太陽の年
第40回 1983年 カルメンという名の女
第39回 1982年 ことの次第
第38回 1981年 鉛の時代
第37回 1980年 アトランティック・シティ
第37回 1980年 グロリア
第36回 1979年 受賞作品の選出はなし
第35回 1976年 正式授賞なし
第34回 1975年 正式授賞なし
第33回 1972年 授賞作の選考なし
第32回 1971年 授賞作の選考なし
第30回 1969年 授賞作の選考なし
第29回 1968年 サーカス小屋の芸人たち 処置なし
第28回 1967年 昼顔(1967)
第27回 1966年 アルジェの戦い
第26回 1965年 熊座の淡き星影
第25回 1964年 赤い砂漠
第24回 1963年 都会を動かす手
第23回 1962年 家族日誌
第23回 1962年 僕の村は戦場だった
第22回 1961年 去年マリエンバートで
第21回 1960年 ラインの仮橋
第20回 1959年 戦争・はだかの兵隊
第20回 1959年 ロベレ将軍
第19回 1958年 無法松の一生(1958)
第18回 1957年 大河のうた
第17回 1956年 該当なし
第16回 1955年 奇跡(1954)
第15回 1954年 ロミオとジュリエット(1954)
第14回 1953年 該当なし
第13回 1952年 禁じられた遊び
第12回 1951年 羅生門
第11回 1950年 裁きは終りぬ
第10回 1949年 情婦マノン
第9回 1948年 ハムレット(1948)
第8回 1947年 Sirena
非公式 1946年 南部の人
非公式 1942年 偉大なる王者
非公式 1942年 Bengasi
非公式 1941年 世界に告ぐ
非公式 1941年 LA CORONA DI FERRO
非公式 1940年 白夜の果てに
非公式 1940年 L’assedio dell’Alcazar
第7回 1939年 Abuna Messias
第6回 1938年 空征かば
第6回 1938年 美の祭典
第6回 1938年 民族の祭典
第5回 1937年 シピオネ
第5回 1937年 舞踏会の手帖
第4回 1936年 リビヤ白騎隊
第4回 1936年 Der Kaiser von Kalifornien
第3回 1935年 アンナ・カレニナ(1935)
第3回 1935年 おもかげ
第2回 1934年 アラン
第2回 1934年 ドン・ファン(1934)
第2回 1934年 Teresa Confalonieri
第1回 1932年 自由を我等に