カンヌ国際映画祭の歴代受賞作一覧 | MIHOシネマ

カンヌ国際映画祭の歴代受賞作一覧

カンヌ国際映画祭の概要

カンヌ国際映画祭とは世界三大映画祭の1つである。フランスのカンヌで開催されており、国際見本市(マーケット)が併設されている。カンヌ国際映画祭と同じぐらいこのマーケットは有名で、世界三大マーケットの1つとして映画業界で重要な位置にある。

『山田孝之のカンヌ映画祭』(17)や『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』(07)など、カンヌ国際映画祭を舞台にした作品が数多く作られている。世界的に見ても、名が通った映画祭であることは間違いない。

アニメーション専門の国際映画祭「アヌシー国際アニメーション映画祭」があったため、アニメーション作品はノミネートされなかった。だが、アニメ業界が盛んな近年の影響を受け、最近ではノミネートされることもある。

カンヌ国際映画祭の歴史・沿革

イタリアで開催されているヴェネチア国際映画祭に対抗し、フランス政府の介入の元開催された。本当は1939年に開催予定だったが、第二次世界大戦の影響を受け終戦後の1946年に開催されることになった。その後、予算の関係や五月革命の影響を受け、度々開催が中断している。

フランスの映画振興組織(国立映画センター)から融資を受けて運営を行っている。そのため、映画祭に出品できる映画は文化特例制度を遵守しフランス国内での公開を行うなど、様々な制約をクリアした作品のみとなっている。また、賞の対象となるのは、コンペティション部門に出品された作品だけである。

カンヌ国際映画祭の歴代受賞作一覧

パルム・ドール(最優秀作品賞)

開催回 開催年度 受賞作品
第71回 2018年 万引き家族
第71回 2018年 ブラック・クランズマン
第70回 2017年 BPM ビート・パー・ミニット
第70回 2017年 ザ・スクエア 思いやりの聖域
第69回 2016年 たかが世界の終わり
第69回 2016年 わたしは、ダニエル・ブレイク
第68回 2015年 サウルの息子
第68回 2015年 ディーパンの闘い
第67回 2014年 雪の轍
第67回 2014年 夏をゆく人々
第66回 2013年 アデル、ブルーは熱い色
第66回 2013年 インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
第65回 2012年 リアリティー
第65回 2012年 愛、アムール
第64回 2011年 ツリー・オブ・ライフ
第64回 2011年 少年と自転車
第64回 2011年 昔々、アナトリアで
第63回 2010年 ブンミおじさんの森
第63回 2010年 神々と男たち
第62回 2009年 白いリボン
第62回 2009年 預言者(2009)
第61回 2008年 ゴモラ
第61回 2008年 パリ20区、僕たちのクラス
第60回 2007年 殯の森
第60回 2007年 4ヶ月、3週と2日
第59回 2006年 麦の穂をゆらす風
第59回 2006年 フランドル
第58回 2005年 ブロークン・フラワーズ
第58回 2005年 ある子供
第57回 2004年 華氏911
第57回 2004年 オールド・ボーイ
第56回 2003年 エレファント
第56回 2003年 冬の街
第55回 2002年 戦場のピアニスト
第55回 2002年 過去のない男
第54回 2001年 ピアニスト
第54回 2001年 息子の部屋
第53回 2000年 ダンサー・イン・ザ・ダーク
第53回 2000年 鬼が来た!
第52回 1999年 ロゼッタ
第52回 1999年 ユマニテ
第51回 1998年 永遠と一日
第51回 1998年 ライフ・イズ・ビューティフル
第50回 1997年 桜桃の味
第50回 1997年 スウィート ヒアアフター
第50回 1997年 うなぎ
第49回 1996年 秘密と嘘
第49回 1996年 奇跡の海
第48回 1995年 ユリシーズの瞳
第48回 1995年 アンダーグラウンド(1995)
第47回 1994年 パルプ・フィクション
第46回 1993年 さらば、わが愛 覇王別姫
第46回 1993年 ピアノ・レッスン
第45回 1992年 愛の風景
第44回 1991年 美しき諍い女
第44回 1991年 バートン・フィンク
第43回 1990年
第43回 1990年 ワイルド・アット・ハート
第43回 1990年 死の棘
第42回 1989年 セックスと嘘とビデオテープ
第41回 1988年 ペレ
第40回 1987年 悪魔の陽の下に
第39回 1986年 ミッション
第38回 1985年 パパは、出張中!
第37回 1984年 パリ、テキサス
第36回 1983年 楢山節考
第35回 1982年 路(みち)
第35回 1982年 ミッシング(1982)
第34回 1981年 鉄の男
第33回 1980年 オール・ザット・ジャズ
第33回 1980年 影武者
第32回 1979年 地獄の黙示録
第32回 1979年 ブリキの太鼓
第31回 1978年 木靴の樹
第30回 1977年 父 パードレ・パドローネ
第29回 1976年 タクシードライバー
第28回 1975年 小さな火の歴史
第27回 1974年 カンバセーション…盗聴…
第26回 1973年 スケアクロウ
第26回 1973年 雇い人
第25回 1972年 黒い砂漠
第25回 1972年 労働者階級は天国に入る
第24回 1971年 恋(1971)
第23回 1970年 M★A★S★H マッシュ
第22回 1969年 if もしも
第21回 1968年 なし(五月革命のため中止)
第20回 1967年 欲望(1966)
第19回 1966年 男と女
第19回 1966年 蜜がいっぱい
第18回 1965年 ナック
第17回 1964年 シェルブールの雨傘
第16回 1963年 山猫
第15回 1962年 サンタ・バルバラの誓い
第14回 1961年 かくも長き不在
第14回 1961年 ビリディアナ
第13回 1960年 甘い生活
第12回 1959年 黒いオルフェ
第11回 1958年 鶴は翔んでゆく
第10回 1957年 友情ある説得
第9回 1956年 沈黙の世界
第8回 1955年 マーティ
第7回 1954年 地獄門
第6回 1953年 恐怖の報酬
第5回 1952年 オーソン・ウェルズのオセロ
第5回 1952年 2ペンスの希望
第4回 1951年 ミラノの奇蹟
第4回 1951年 令嬢ジュリー
第3回 1949年 第三の男
第2回 1947年 なし
第1回 1946年 逢びき
第1回 1946年 失われた週末
第1回 1946年 田園交響楽(1946)
第1回 1946年 無防備都市
第1回 1946年 最後のチャンス
第1回 1946年 マリア・カンデラリア
第1回 1946年 翼のない男たち
第1回 1946年 下層都市
第1回 1946年 地球は赤くなる
第1回 1946年 偉大な転換
第1回 1946年 もだえ