アニー賞の歴代受賞作一覧 | MIHOシネマ

アニー賞の歴代受賞作一覧

アニー賞の概要

アニー賞は国際アニメーション映画協会が1972年に設立した賞で、アニメ作品と関係者に授与される賞である。「アニメのアカデミー賞」という異名を持つ。近年では各映画賞の中にもアニメ部門が併設されるようになったが、アニー賞は歴史が古くアニメ業界では特に名誉ある賞だと言われている。

賞が授与されるのは、映画アニメーションだけに留まらない。コマーシャルやテレビなどで放送されるアニメーションに対しての賞もあり、アニメ業界全体を盛り上げる役割を担っている。

アニメの振興に貢献したとして川本喜八郎、手塚治虫、宮崎駿、大友克洋、高畑勲、押井守の6名がウィンザー・マッケイ賞を授与されている。日本のアニメ業界にとっても、アニー賞は重要な位置づけにあると言える。

アニー賞の歴史・沿革

賞が設立された1970年代には、各映画賞にアニメ部門が存在しなかった。アニメ業界にも賞が必要だと声を上げたのが、『シンデレラ』(1950)のルシファーなどの声を担当している声優のジューン・フォーレイだった。国際アニメーション映画協会のハリウッド支部の社長が彼女の言葉を受け、アニー賞を設立した。ちなみに、アニー賞と名前を付けたのはジューン・フォーレイの夫で、アニメーションから因んで作られた言葉である。

ジューン・フォーレイは長年アニメ業界で活躍してきた人達の貢献に感謝するべきだと感じ、ウィンザー・マッケイ賞を創設した。アニー賞は名声や名誉だけでなく、伝統も重んじる素晴らしい賞へと進化していった。

アニー賞の歴代受賞作一覧

長編作品賞

開催回 開催年度 受賞作品
第46回 2018年 スパイダーマン: スパイダーバース
第45回 2017年 リメンバー・ミー
第44回 2016年 ズートピア
第43回 2015年 インサイド・ヘッド
第42回 2014年 ヒックとドラゴン2
第41回 2013年 アナと雪の女王
第40回 2012年 シュガー・ラッシュ
第39回 2011年 ランゴ
第38回 2010年 ヒックとドラゴン
第37回 2009年 カールじいさんの空飛ぶ家
第36回 2008年 カンフー・パンダ
第35回 2007年 レミーのおいしいレストラン
第34回 2006年 カーズ
第33回 2005年 ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!
第32回 2004年 Mr.インクレディブル
第31回 2003年 ファインディング・ニモ
第30回 2002年 千と千尋の神隠し
第29回 2001年 シュレック
第28回 2000年 トイ・ストーリー2
第27回 1999年 アイアン・ジャイアント
第26回 1998年 ムーラン
第25回 1997年 キャッツ・ドント・ダンス
第24回 1996年 トイ・ストーリー
第23回 1995年 ポカホンタス
第22回 1994年 ライオン・キング
第21回 1993年 アラジン
第20回 1992年 美女と野獣