インディペンデント・スピリット賞の歴代受賞作一覧 | MIHOシネマ

インディペンデント・スピリット賞の歴代受賞作一覧

インディペンデント・スピリット賞の概要

インディペンデント・スピリット賞とは、NPO団体「Film Independent」が開催している優れたインディペンデント系映画(自主映画)に与えられる賞のことである。「上映時間が70分以上の作品」、「製作費が2000万ドル以下」、「1週間以上商業公開された映画、もしくは指定の映画祭で公開された作品」が選考対象になっている。

文字通り、インディペンデント系映画に与えられる賞というのが一番の特色と言える。ハリウッドのメジャースタジオで制作された作品とは異なる独自性溢れる作品と、新人監督や新人俳優が発掘されやすいという面白みがある。

インディペンデント・スピリット賞の歴史・沿革

1980年代に独立系映画制作者を育成・支援する目的でNPO団体「Film Independent」が設立され、「インディペンデント・スピリット賞」が誕生した。授賞式は毎年アカデミー賞の前日に開催されており、日本でも映画専門チャンネル「ムービープラス」で公開されている。

1985年に行われた第1回目では、『トラブル・イン・マインド』(1985)で日本人の栗田豊通が撮影賞を受賞している。始めは「作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞、撮影賞」しかなかったが、現在では50万ドル以下の制作費で制作された映画に与えられる「ジョン・カサヴェテス賞」や「新人脚本賞」など多種多様な賞がある。

インディペンデント・スピリット賞の歴代受賞作一覧

作品賞

開催回 開催年度 受賞作品
第34回 2018年 ビール・ストリートの恋人たち
第33回 2017年 ゲット・アウト
第32回 2016年 ムーンライト
第31回 2015年 スポットライト 世紀のスクープ
第30回 2014年 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
第29回 2013年 それでも夜は明ける
第28回 2012年 世界にひとつのプレイブック
第27回 2011年 アーティスト
第26回 2010年 ブラック・スワン
第25回 2009年 プレシャス
第24回 2008年 レスラー
第23回 2007年 JUNO ジュノ
第22回 2006年 リトル・ミス・サンシャイン
第21回 2005年 ブロークバック・マウンテン
第20回 2004年 サイドウェイ
第19回 2003年 ロスト・イン・トランスレーション
第18回 2002年 エデンより彼方に
第17回 2001年 メメント
第16回 2000年 グリーン・デスティニー
第15回 1999年 ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!
第14回 1998年 ゴッド・アンド・モンスター
第13回 1997年 The Apostle
第12回 1996年 ファーゴ
第11回 1995年 リービング・ラスベガス
第10回 1994年 パルプ・フィクション
第9回 1993年 ショート・カッツ
第8回 1992年 ザ・プレイヤー
第7回 1991年 ランブリング・ローズ
第6回 1990年 グリフターズ 詐欺師たち
第5回 1989年 セックスと嘘とビデオテープ
第4回 1988年 落ちこぼれの天使たち
第3回 1987年 リバース・エッジ
第2回 1986年 プラトーン
第1回 1985年 アフター・アワーズ