日本アカデミー賞の歴代受賞作一覧 | MIHOシネマ

日本アカデミー賞の歴代受賞作一覧

日本アカデミー賞の概要

日本アカデミー賞とは映画芸術、技術、科学の向上発展のために作られた賞で、優れた作品や関係者達の功績を称えて贈られる賞である。アメリカのアカデミー賞を模しており、映画芸術科学アカデミーの正式な承諾を得て1978年に創設された。日本アカデミー賞協会が運営を行い、会員の投票によって選考が行われている。

授賞式の前年(前々年の12月初から前年の11月末)の間に東京都内で公開された映画が選考対象になっている。国内にある他の映画賞とは違い、技術部門賞を設けているのが大きな特徴と言える。認知度の高い作品や大衆的な支持を集めている作品が賞を受賞しやすい傾向にある。

日本アカデミー賞の歴史・沿革

映画評論家の水野晴郎の発案によりアカデミー賞が創設されることになった。映画芸術科学アカデミーの正式な承諾を得てアカデミー賞を開催しているのは、日本とイギリスの2ヵ国のみである。文化庁初代長官の今日出海氏が日本アカデミー賞協会の名誉会長に就任し、松竹社長の大谷隆三が初代会長を務めた。

第1回日本アカデミー賞授賞式は1978年4月6日に開催され、帝国劇場が会場となった。授賞式の様子は日本テレビで放送され、国民達を大いに楽しませた。そして、第4回目からは賞金・表彰状・ブロンズ像が贈られることになった。アメリカのアカデミー賞でアニメ部門が設立したことに合わせ、日本アカデミー賞でもアニメーション作品賞が作られた。

日本アカデミー賞の歴代受賞作一覧

最優秀作品賞

開催回 開催年度 受賞作品
第42回 2018年 万引き家族
第41回 2017年 三度目の殺人
第40回 2016年 シン・ゴジラ
第39回 2015年 海街diary
第38回 2014年 永遠の0
第37回 2013年 舟を編む
第36回 2012年 桐島、部活やめるってよ
第35回 2011年 八日目の蝉
第34回 2010年 告白
第33回 2009年 沈まぬ太陽
第32回 2008年 おくりびと
第31回 2007年 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
第30回 2006年 フラガール
第29回 2005年 ALWAYS 三丁目の夕日
第28回 2004年 半落ち
第27回 2003年 壬生義士伝
第26回 2002年 たそがれ清兵衛
第25回 2001年 千と千尋の神隠し
第24回 2000年 雨あがる
第23回 1999年 鉄道員(ぽっぽや)
第22回 1998年 愛を乞うひと
第21回 1997年 もののけ姫
第20回 1996年 Shall We ダンス?
第19回 1995年 午後の遺言状
第18回 1994年 忠臣蔵外伝 四谷怪談
第17回 1993年 学校
第16回 1992年 シコふんじゃった。
第15回 1991年 息子
第14回 1990年 少年時代(1990)
第13回 1989年 黒い雨
第12回 1988年 敦煌
第11回 1987年 マルサの女
第10回 1986年 火宅の人
第9回 1985年 花いちもんめ。
第8回 1984年 お葬式
第7回 1983年 楢山節考
第6回 1982年 蒲田行進曲
第5回 1981年 駅 STATION
第4回 1980年 ツィゴイネルワイゼン
第3回 1979年 復讐するは我にあり
第2回 1978年 事件
第1回 1977年 幸福の黄色いハンカチ